« 2016年12月 | トップページ

2017年2月26日 (日)

寒い時期にとうほぐ

201701
負けましたね。
全体的に見て、やはりと言うか仙台が長期間J1にいるのは(宮城だけに)伊達じゃないってのが判る試合内容でした。
それでも1失点で抑えてるのは去年と同じ水際防御が何とか成功してたからと、微妙なシュート精度の差で助かっていた面が大きかったかと。

試合的には所謂3ボランチの戦い方で、恐らくこれが今期のスタンダードになりそうな感じです。
ただ今節見ていても感じましたが、2トップとの間隔が閉じているときは大丈夫でも、後ろが押し込まれてラインが全体的に下げられた場合に2トップの片方が守備に下がってくるため前線のターゲットが誰か(おおむね都倉選手)だけになってしまい、そこでキープできないと後ろの方にも余裕がなくなってきて何もできなくなる、と言う悪循環に嵌りやすい戦い方になってしまうってのが今の札幌の状況です。
そしてここ2年間見た限り都倉選手は案外懐が深くないので決してポストプレーが上手い選手ではなく、ジュリーニョ選手もその場でキープするよりは自分で仕掛ける事が得意な選手。J2ではそこそこ機能したとしても仙台相手では単独ではほぼ機能できませんでした。
これは個々の能力差もありますが、押し上げてくる札幌選手の上がるコースを戻りながら限定させてくる仙台の巧みな守備にも大きく影響を受けています。
あと試合途中で都倉選手を前に残した形に修正してきましたが、あの形にするのであればDFとの駆け引きも上手く、足元も裏のスペースも狙える内村選手の方が適任だったかと。
高さは余りありませんが、どうせ高さで勝ってもセカンドボールを拾える位置に味方選手はいませんし、それならば最初から単独でDF振り切れる選手を使うのも手だったのではないかと思うわけです。
(高さとスピードを使える上原選手と言う手もあります)
また今は怪我をしていますが、ボールをキープ或いはワンタッチで的確に捌けるヘイス選手、またはボールをしっかりキープできるらしい金園選手が入っていれば別の結果が出たかもしれません。

とにかく前の方で時間をつくれない状況をどうにかして打開しないと頑張って耐えている守備も何れ崩壊する訳で、時間をつくる手段はまだ幾つかあるよって事で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ