« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月16日 (日)

結局どこが悪かったのか

4バック相手に相性が悪いとか、こっちが3バックだからとか関係ないと思うんですよね。
選手がバランスとってポジションを変えればDF3人にも4人にもできるのがウチのスタメンだと思うんですよ。
攻め込まれたら我慢できずに両ワイドが同時に下がっちゃうから中盤が薄くなってセカンドボール拾われたり、ボール奪取してもパスを出す先が無くてロストして波状攻撃受けるだけで。
普通に片方だけ下がって選手がスライドしたら相手と同じバランスに出来るんですけどね。
結局、その辺りの修正が上手くできないのが今の限界って事でしょうね。

総括してみると、毎年繰り返してるような気がしますが、やはり最初に来るのが主力の怪我での離脱がちょっと多すぎる事でしょうか。
そういう選手が多い事もあると思うんですけど、一番の問題は完治してない状態で無理に出場して再発してるとか、無理して怪我を庇って別の部分まで傷めてるとか、そう言うのが多いような気がします。

他にはエースに続くゴールゲッターの不在、ってのがあります。
シーズン途中から入って徐々に慣れてきてからの都倉選手は完全にエースでしたが、その他の選手で彼に続くほど得点に絡める選手がいなかった。
期待されていた内村選手は上にある怪我人の中に入っていましたし、年代別代表にも選ばれた荒野選手も思ったほど得点できませんでした。
前田選手も中々ゴール前で仕事する状況が作れていませんでしたし、復帰して期待された石井選手も波が激しく、今期スタメンに定着し始めた中原選手は決定機に絡むもののここまで無得点。
砂川選手、小野選手は怪我。
原因は色々あると思いますが、得点機に思い切って仕掛けられる選手の少なさ、シュートを撃てるときは遠目からでも、多少無理な体勢からでも撃つという判断、この辺りの欠乏が大きいんじゃないかと。
ボールが集まるのもありますが、逆にこれが出来る都倉選手が得点量産するのは至極当然のことなんでしょう。

守備に関しては、今期は完全に崩壊していたという試合はほぼ無かったと思います。
完全にやられた試合(前期の湘南戦、千葉戦など)はチーム全体として何も出来なかった力負けの感じだったため守備の崩壊とも言い切れませんでしたし、DF陣の判断ミスやGKのミスが原因での失点が割と多く、戦術的に負けたというより選手個々の判断力で負けたという試合のほうが多く見受けられました。

とりあえず終戦直後ということでネガってみましたが、やはり結果だけ見ると伸び白が見えなくなっていた前期終盤に監督の交代などの判断が出来ていれば多少は変わったのかな、と思えます。
が、当時はそんな事怖くて考える事も出来なかったのともう少し財前さんに頑張ってもらいたかったわけで、当時から監督交代を叫んでいた人達が優秀かと言えばそうでもなく、もし後半戦最初からバルバリッチさんが監督をしていたとしても、交代後の試合内容などを見る限り選手が大幅に変わらないと恐らくは現状とそれ程変化が無かったのかなとも思うわけです。

まあ、最終戦が終わった後でまた感想が変わるかもしれません。
今の気分はこんな感じと言う事で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »