« 狂気の1ヶ月がオワリ | トップページ | 最近巷をお騒がせしているアレ »

2014年8月29日 (金)

チェーンジ!ゲッターゥワンッ!

「監督交代」ですね。
あくまでも。
「解任」ではないんですね。

まあプロとしてこの成績だと仕方がないという面もあるわけですが、そもそも論として昨年の就任時の考えとして監督も育てようというものが(主に財政面の問題から)あったわけで、その辺りでまだプロ監督として2年目の財前さんにクラブとして積極的なバックアップ(これに現場介入と言う意味は含まれない)をしていたのかどうか、と言う疑問があるわけです。社長もあんな人ですし、その上の影(になってないけど)の実力者もあんな人ですし、実際問題として財前さんはどの程度自分の意見を出せていたのだろうかと。
財前さんは監督としては贔屓目に見ても決して良い監督とは言えませんでしたが、クラブが打ち出す何かと華々しい派手な演出に目を奪われてそう言った根幹部分が見えてこない、そんな感じも受けてます。

どちらにしてもこの時期に監督を代えるのは相当リスキーです。賭けなんてもんじゃありません。何しろこの後修正したくても実質無理なんですから。
9、10、11月の3ヶ月でバルバリッチ監督がどの程度立て直せるのか、立て直せなかったらどうするのか、判断を誤ってしまった場合は社長や強化部を含めたフロントはどう対応するのか。
札幌の過去の実績では監督をシーズン中に代えた場合には立て直せずに成績が下降していく、そもそも監督交代直後の試合では勝ちが無いと言うデータが残っています。
前回は11年前、2003年の事でしたが、今回はどう転ぶのでしょうか。
何にせよ次の熊本戦は本当に大事なゲームになってしまいました。
恐らく名塚コーチが暫定の代行指揮を執ると思います。
バルバリッチ監督を良い雰囲気で迎えられるかどうか、気になるところです。

|

« 狂気の1ヶ月がオワリ | トップページ | 最近巷をお騒がせしているアレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/60225163

この記事へのトラックバック一覧です: チェーンジ!ゲッターゥワンッ!:

« 狂気の1ヶ月がオワリ | トップページ | 最近巷をお騒がせしているアレ »