« 2013年12月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年3月 5日 (水)

酷いインターネッツですね

先程代表戦を見終わったわけですが、まあ、うん。

まあほぼブログ放置してる奴には言われたくないでしょうな。
(だから言わないw)

さていよいよ2014年のJリーグが開幕しました。
我らがコンサドーレは怪我人が相変わらずではございますが、いきなり難敵のジュビロ磐田と対戦してしまうと言う酷い仕打ちを受けたわけです。
しかしながら、私が個人的に好きな櫛引選手と本来はサイドバックをやる小山内選手がともにセンターを組み、ルーキーの上原(拓)選手が真ん中に入ると言う緊急事態的な状況で、何とか蜂の一撃ならぬ梟の一撃(これは痛そう)を顔色の悪いマスコットがいるチームに喰らわせる事が出来ました。
それもこれも、すっかりレジェンドと化した砂川選手のベテランならではの働きと、今期長崎から強奪移籍してきた金山選手がキレッキレだったお陰です。
特に砂川選手のFKは、壁の作り方がちょっとアレだったとは言えかなりの難度でした。蹴る直前まで中の選手のほうを見ていて、蹴る瞬間も殆どノールックで壁の外を巻いてGKの前でバウンドするボールを蹴るなんざ、中々出来ません。
なお相手GKはガンバから移籍した藤ヶ谷選手。嘗て札幌で共に戦ったことのある選手です。当然悪いGKではありません。各所でネタにされてますけど、正直反応に関しては未だに相当なレベルです。そんな選手の裏を完全にかいて決めたゴールだから価値がありました。

今期新加入した選手ですが、金山選手に関しては最早何も言わなくていいのではないかと。こんなに安心してバックパスやフィードを見れたのは久し振りでした。
菊岡選手は相手が磐田と言う事で押し込まれ気味だったためあまり攻撃面で目立ちませんでしたが、それでもボールが入った際には巧みに散らしたりパスを供給したりという部分が少し見られました。
石井選手に関しては前線からの献身的なチェイシングなどの守備面でもかなり活躍していましたが、やはり前線で動きを出す事で得られたファウルが砂川選手の得点に繋がったと言う事で存在感を出せていました。
上原(拓)選手は、思い切りプレーしていた感じがして非常にいい印象があります。また運動量を含め守備面で良く磐田の中盤に自由にプレーさせないよう頑張っていたように思います。

全体的に見てゲームを支配していたのは磐田でしたが、コントロールしていたのは札幌だったように思えます。後手後手に回った部分はありましたが、自分達の想定したような試合運びができた以上は札幌がコントロールしていたと言っても良いのではないでしょうか。
なんにせよ、初戦で一番の強敵を破った事は今後のはずみになります。
今期目標は自動昇格ですから、この勝ち点3が最後に物を言うのではないかと思わずにいられません。

さて第2節はHOME開幕戦。
一昨年まで札幌で指揮を執っていた石さんこと石崎信弘監督が率いる山形との対戦です。
しかしながら、今の札幌は昨年を経て、石崎監督が率いていた頃とは違うチームに成長しています。向うの想定しないような試合運びを見せて勝ちたいものです。

そうそう。
忘れ物には気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年7月 »