« 2013年10月 | トップページ | 2014年3月 »

2013年12月31日 (火)

腐って底が抜けた先には浄化された空間があ

何やかんや言いつつも2013年も終わるわけですが、皆様年の瀬はいかがお過ごしでしょうか。
本年は各方面においてお世話になったりお世話したり致しましたが、年間通じて片手で数えるほどしか更新していないこのブログも、黴臭いので掃除代わりの更新となりました。

2013シーズンのコンサドーレは開幕前はJ2復帰と予算削減のあおりで選手の流出、選手層の低年齢化、監督経験未知数の財前さんの就任など、否応なしに厳しいシーズンを迎える物と予感させる報道ばかりで、希望と言えば野々村さんの社長就任と将来性抜群のユース育ち選手が増えたと言った、未知の部分に掛けるくらいしか無かった様に思います。

シーズン当初は予想通り成績は低迷しましたが、それでも夏以降に選手間の動きが合ってくると昇格プレーオフに絡める順位まで成績は上がり、惜しくもプレーオフには手が届きませんでしたが、開幕前は降格も覚悟したチームだった事を考えると望外な結果が残せたのではないでしょうか。
(まあ、野々村社長はPO出場を目標にしていたので、目標は達成できなかったわけではありますが)

あと今年のコンサドーレの話題で外せないのは、やはりレ・コン・ビン選手の獲得でしょう。
元々東南アジアの国との交流はアルビレックス新潟がアルビレックスシンガポールを作っていたり、札幌を含めた数チームが提携チームを作ったりするレベルではありましたが、今回のように優良な選手を獲得しつつもビジネス的に有効な手段をとったのは札幌が初めてだと思われます。
Jリーグの東南アジア進出と言う戦略にある程度乗った上での行動ではありますが、それ故にスポーツ番組だけではなく、ビジネスニュース系の報道でも注目を浴び、コンサドーレ札幌の知名度も確実に上がりました。
札幌としてはこの流れを維持できるようにして行きたいですね。
(ビン選手の契約更新云々についてはなるようにしかならないでしょうけどね)

さて、小野選手獲得とか色々噂話が巻き起こった年末ですが、来期の陣容はほぼ決まり、契約更改も外国人勢と宮澤・古田亮選手のみとなりました。
懸案だったGKも金山選手を補強でき、怪我人が2人も出た中盤を補強する菊岡選手も加入します。更にはユース好きには朗報の石井選手の復帰。
大きな伸びは無いにしろ、大幅な低下も無いようです。怪我人が復帰したり噂の大物選手が加入するのならその分上乗せできますので、昨年末ほど悪い状況ではなさそうですね。

さて来期はジュビロと戦うことになります。湘南もいますし、札幌の鬼門四国勢には讃岐が加入しました(徳島はいなくなりましたが)。岐阜はパトロンが付いて大幅補強(?)するようですし、2014年はどのようなJ2になるのか…楽しみですね。

それでは皆様良いお年を…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2014年3月 »