« 2013年8月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年10月 7日 (月)

奇策は上策にあらず

練習でも上手く行ってなかったらしい構成を何で本番で試すかなぁ
審判以前にやってることおかしいと思いますわ…
交代からして変更したスタメンを元のメンツに戻すような交代だったし、河合選手は出場5分で退場しちゃうし…
唯一の収穫は、日高選手のセントラルはサイドの推進力が殺されるので止めた方がいいよ、と言うことぐらいですか。あそこが上手く機能しないので、全体に影響が出て左サイドも前に出て行けなくなってましたし。
まあそもそもが砂川選手や内村選手やレコンビン選手とのポジションチェンジを前提とした布陣だったのかなと思うわけですが、それをする前に守備連携不足などから開始早々に失点して、攻めようにもサイドが押し上げられないから焦って長いボール入れるだけになって攻撃のリズム崩したり、完全に群馬に走り負けてるわ良い所が全くない試合でした。
その中でも前半は何とか打開しようとレコンビン選手が右サイドで孤軍奮闘してましたが、前述の通り後ろのソンジン選手が群馬の早いプレスもあり前に出て行けず、日高選手も宮澤選手も内村選手も上手に距離感を保てず、結局レコンビン選手が孤立してボールを奪われるといったシーンが、それはもう嫌と言うほど見せられました。
後半は流石に前田選手が入って攻撃のリズムが少々変わりましたが、それでもサイドで起点が作れず、結局はパウロン選手が下がって日高選手がサイドに回って漸くバランスが良くなりました。
何故に中盤に専門の選手(堀米選手とか)がいるのにサイドが本職の日高選手を真ん中で使ったのか…日高選手のほうがマシだから使ったわけじゃないと信じたい。
きっとパウロン選手と日高選手を両方起用したいが故のスタメンだったのだと思いますが…納得行かないですね。

正直、昨日の試合はプロの興行としては最低の内容に近い物がありました。
本当にこんな試合は昨日の試合だけにして欲しい。
こんな試合をしてるようではPOとか昇格とか、夢のまた夢ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年12月 »