« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年8月14日 (水)

赤地に黄色い星

レ・コン・ビン選手(以下ビン選手)見たかったっすね。

今節の2点はいずれも流れの中からの得点でした。
フェホ選手の得点は圧巻でしたね。
ロングボールに反応して走り出す前に一度DFを押してるんですね。体格差のせいでちょっとバランスが崩れて追いかけるのが遅くなってました。そしてDFが入っているのにその外側から長い脚を活かしてシュート。
身体的な特長を活かしきったゴールでした。
終了間際の三上選手のゴール。
その前に何度かもっと簡単に決められるシーンがあったのに、なぜあんなゴールを決めるのか…(笑)
そもそも半分以上榊選手のゴールみたいなものですが、あそこに突っ込んでいた嗅覚、更にライン上で転んだお陰で目の前にボールが落ちてくると言う幸運も、三上選手が(主に前田選手に)愛されているお陰なのかなと。
しかし前田選手は三上選手を可愛がりすぎです。
3人に囲まれてるのに他の選手を使わず「三上選手の上がりを待つ」ってのは、流石にどうかと思いますが…なにが前田選手をあそこまで駆り立てているのでしょうか?
三上選手が得点したときに真っ先に抱きつきに行ったのが前田選手で、倒れないように堀米選手が前田選手を支え、2人が離れた後に控えめに飛びつく榊選手とか、なかなかほのぼのとした光景でした。
そう言えばフェホ選手の得点のとき堀米選手が抱きついていたのですが、まるで父親におんぶされてる子供のような形で、あれも和みましたね。

試合展開的に後半中ぐらいで2点差か3点差つけて勝っていればビン選手も見られたのでしょうが、流石に今節は難しい展開でしたね。ホームでのお披露目は愛媛戦以降に持ち越しになりそうです。
しかしガンバ戦に出せるような状況になるのだろうか。
何しろデビュー戦は大事ですからね。
鮮烈なデビュー戦を飾って欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »