« 2012年9月 | トップページ | 2013年3月 »

2012年11月25日 (日)

4年間の集大成

飽くまでも私見ですので事実とは必ずしも一致しないという事で、「ああ、馬鹿が何か言ってるな」程度に聞き流していただいて結構です。

ゴール裏やその他のエリアで野次飛ばしていた人は少し冷静に自分のやってることを見つめ直してください。
特にセレモニーで罵声を浴びせる行為がとても恥ずかしい事だと思ってください。
あなた方のやってることは、結婚式や葬儀の最中に罵声浴びせてる事と同じなのです。
只でさえ多忙な社長や強化部長が時間を割いて作ったサポーターズミーティングが何のためにあったのか、良く考えて欲しい。それに参加せずに野次を飛ばすだけと言うのは、非常にアンフェアな行為です。
何故ならば、セレモニーでは罵倒されている本人が反論する事ができない。セレモニーは式典であって議場や講義ではないのです。
あと「この4年間がなんだった」のか、その評価は個々で違うはずです。
私自身は石崎監督になってからの4年間は非常に濃密な4年間だったと感じています。
確かにこの1年だけを切り取ればそれは酷い結果に見えるのでしょうが、この4年の間にJ1への昇格を成し遂げています。
昨年の昇格については、それまでの昇格の時と違いスーパー外国人選手が存在しませんでした。選手個々の力や想い、サポーターなどの想いが「昇格」と言う1点に纏まって得られた、ある意味気持ちで勝ち取った昇格だったと思っています。
その環境を創ったのは石崎監督や岡山選手のようなモチベーターの存在で、我々サポーターも上手く乗せられてあの状況が生まれたのだと。
あと、その前の2年間に積み上げた物がなければ昇格まで手が届かなかったのも間違いないわけで、そこに関しては予算の都合もあるでしょうが結果の出ない監督を切らなかったフロントもある程度長期的視野で考えていたと言うことですから、昇格と言う一つの結果を出した事で大きく責められる所以はないのかなと。
ただ今年に限っては何もかもが上手く行かない状況で、恐らく石崎監督の指向するサッカーを実現するには、言葉は悪いのですが札幌と言う器では無理があったのかなと思うわけです。
今期は怪我人の多さや選手の能力不足を降格の理由に挙げる人が多いと勝手に思っておりますが、それは正解の一つだと考えています。最大の問題は、定着するだけの準備が出来ないクラブの体制そのものではないかと。
何度かの昇格と降格を繰り返してそう思うようになりました。
これは社長を含めたスタッフの問題と言うよりも、その成り立ちの根本的なものが影響を与えてるのかなと。その縛りがきつすぎて、相当なやり手が入らないと難しいのではないかと思うわけで。
最大の問題はやはり収入面の問題でしょう。間違いなく創設時の諸問題やその後の高年俸選手・監督獲得での浪費による借金問題が尾を引いています。また減資問題もやはり対処療法にしか過ぎず、結局は債務超過を消化するための増資を行わなければなりませんでした。結果コンサドーレ札幌と言う存在そのものが北海道の経済界において信用を失ってしまいました。現時点でコンサドーレと言うクラブは自治体などの経済支援を受けられない状態です。また業績も考慮すると大きな借り入れも無理です。
本来ならこの責任のかなりの部分が嘗てクラブを実質的に動かしていた製菓会社の人に還る訳ですが、現在「表立って」関与していない以上は追求するのは難しいでしょう。
何とか健全な状況にするには上記の旧弊からの脱却や経済界からの支援を受けるしか手がないわけですが、結局は直近の経済的事情や政治的な事情によりそれが許されないのではないかと。
と言うのが低学歴低脳な私の頭で導き出した見解です。

前置きが長くなりました(前置きだったのかと言う突っ込みはなしで)。
今期はあと1試合残っていますが、ホームのみの観戦者としては昨日が実質上の最終戦でした。
河合選手や大島選手にとって古巣対戦となるFマリノスが相手です。
ホーム最終節ですし少しは見応えのある試合になるものと勝手に思っていましたが、正に今期を象徴する試合となってしまいました。
それこそ知っている熱狂的なサポの一人が試合終了前に帰ってしまったくらいの目も当てられない内容で…
詳細はレポートや他の人の日記にお任せするとして、思ったことや試合後に仲間と話したことなどを記憶の範囲で箇条書きしたいと思います。

1.こっちのやりたかったハイプレスを逆に仕掛けられて選手が分断された
2.中盤と最終ラインのパス精度が低く簡単にボールを失ってしまった
3.上記1、2の結果前線にボールが収まらず、セカンドボールも拾う余力を失っていた
4.上記1の結果ボールの出しどころが消されてサイドに押し込まれ囲まれる展開が多発した
5.完全に選手の個人能力で力負けしていた
6.ボールを貰ってからプレーを選択する場面が非常に多かった
7.余裕がないのか前線で良い抜け出しやサイドがオーバーラップをしてもそこにボールが出ない
8.結果的に個人で突破するなど無理をするしか無くなり、1、5の事情で潰されてしまう

敗戦の大きな原因と言うか、負け試合の大半が上記の理由による物が大きいと思われます。
良い所が非常に少なかったので上げていませんが、それも致し方がないと言うほどの差がありました。
時折カウンターから鋭い攻撃を出せましたが、どちらかと言うと意図的なカウンターではなく、偶然からマイボールになって仕掛けられた部分が大きかったように思えます。
最大のチャンスは前半に2回後半に1回あったように記憶していますが、それ以外では話になりませんでした。
ただし今年に限って言えばスタメンの変動が非常に大きすぎてチーム戦術の浸透が最後まで上手く行かなかったのかなと。
特にDFラインは最後まで固定化できませんでした。それこそ宮澤選手を最終ラインに入れなければならない程に選手の離脱が多く、監督としては最もきつい部分だったと思われます(まあ宮澤選手のCBは昨年か一昨年にやってたんですけど)。
FWについては、ネット上でプレー内容に批判の多い大島選手を出さざるを得ない状況だったと言うのがどう言う事か、冷静になれば判りますよね?現時点で大島選手以上にポストプレーが出来る選手がいないと言うことです。
そして大島選手はボールを納めるプレーが特別得意と言うわけではありません。昨年千葉にいたときを見れば並の選手以上にはやれる筈ですけど、あの時の深井選手みたいな動きが出来る選手が札幌にはいなかったわけで。と言うより、そんな動きを出させて貰えなかったと言うのが正解なのかも知れませんけど。
本当は身体さえ普通に動ければ中山選手が一番適任だったんでしょうけどね。それがいい事なのかどうかは置いておいて。
いつも通り話が横道に逸れましたが、Fマリノスがハイプレス仕掛けるチームカラーだったか記憶に無いのですが、スカウティングの結果だとしたらまあ当然の流れだったのかなと。
あと失点シーン。1点目はマークのずれと選手がボールウォッチャーになってしまい齋藤選手を誰も見て居なかった。2失点目はその前のフィードミスで相手にボールを渡したのが基点。シュートそのものは齋藤選手のファインゴール。と言うことで矢張りミスが失点の原因でした。
今期の札幌は結局最後までこのミスの多さを克服できませんでした。

鳥栖戦の後にtwitterで呟いたのですが、昇格組の鳥栖と札幌の大きな差は、鳥栖にはここ一番でやるべき戦い方が浸透していて、札幌にはそれが無かったというところに尽きます。鳥栖のそれが良いことなのかは別として、チームが窮地に陥った時に意思統一できるかどうか、鳥栖はそこのところはっきりしていて徹底していました。それが出来るように選手を揃えています。隣の庭は…ではありませんが、ここで大きな差が付いたのだと感じています。
札幌の指向する戦い方は現在トレンドになっている物ですが、冒頭に書いているように今のクラブの器では些か荷が勝ちすぎたような気がしてなりません。しかしながら方向性が間違っているわけではなく、ワンパターンでも良いのでオートマチックな戦術、戦い方を平行して用意しても良かったのかなと。そうしなければ札幌の規模ではJ1に残る事が難しかったのではないだろうかと。

今期も残り1試合になり、昨日のホーム最終戦を見て考えた駄文を垂れ流してみました。
まとまりが無いのは私の文才の無さですのでご容赦を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2013年3月 »