« 感情的にならずに | トップページ | 朧気に感じる新戦力パワー »

2012年7月 1日 (日)

その一歩が

実に残念な試合でした。
後半ATでの失点。鳥栖からしてみれば本当にラストチャンスを決められてしまった。

試合的にはほぼ五分の内容。
札幌の中盤の底は前節後半から試している3人を並べる形で、これが功を奏したのか鳥栖の中盤はビルドアップ時に機能不全を起こしているようでした。
中盤が駄目でも前線には豊田選手と言うJ屈指のターゲットマンがいるわけですが、この守備ラインの前に3人いるという状況がセカンドボールの奪取率を向上させていたのか、鳥栖の思ったような流れにはできていなかったように思います。仮に豊田選手が競り勝っても、落ちたボールに札幌の選手が群がって防ぐと言う攻防が結構ありました。
また復帰した岩沼選手や右サイドの日高選手は非常に安定していたので、やり繰りの大変だった守備陣に少々ですが何とかなりそうな雰囲気が出てきました。
(でも次節はジェイド・ノース選手が出場停止なんだよね…)
しかし、やはり問題なのは攻撃時のミス。特にチラ見する程度でも防げそうなパスのミスがやはり多すぎました。ビルドアップ時のミスは攻撃が切れて一気に守勢に回りかねないのですから、もう少し何とかして貰いたいものだなと。
今のやり方で行くのなら、前のほうに宮澤選手が入るのは一番適任だと思いますが、彼の落とすボールに絡む古田選手と岡本選手、砂川選手若しくは山本選手の動きが攻撃の要になると思われます。この4人の関係が上手く行けば簡単にゴール前までボールは運べます。それだけのテクニックは持っている選手たちです。
これでやり切って行くなら、この部分の連携訓練(練習ではなく訓練です)を徹底して行って欲しい。私の中では過去のC大阪(香川-乾-カイオ-マルティネス)カルテットの再現を期待しているのですが…

全体的に見て、大量失点していたここ数試合よりは安心できる内容だったと思います。
ただ、やはりあと一歩が遅い。
本当に僅な差なのですが、この一歩があと0.5秒早ければ相手のブロックが入る前にシュートを打ててたり、パスを通せたり、身体を当てて相手のバランスを崩せたり、相手のシュートコースに入れたり…と出来るわけです。
J1のほかのチームと札幌が対戦した時の僅かで大きな違いがこの部分かなと。

さて次は7月7日、厚別での新潟戦。北海道は来月の7日が七夕ですが本州ではこの日が七夕です。
夏の大三角形でも織姫彦星はこと座のベガと鷲座のアルタイルですので、白鳥座のデネブは仲間はずれ。
実際に仲間はずれになっているのは最下位爆走中の札幌と言うことはさて置き、降格争いの対象ですので何とかここで勝ち点を縮めて置きたい。
そして因縁と言えば新潟の監督はあの柳下(ヤンツー)さんです。
当時から在籍している選手は既に砂川選手、芳賀選手、高原選手だけですが、サポ的にはある意味恩返し勝利をしたい相手です。
と言うことで勝ちに行きましょう!

|

« 感情的にならずに | トップページ | 朧気に感じる新戦力パワー »

コメント

When you're in the corner and have no money to go out from that, you will require to receive the business loans. Because it should aid you for sure. I take collateral loan every single year and feel myself OK because of it.

投稿: FRYEMillicent | 2012年7月 1日 (日) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/55094416

この記事へのトラックバック一覧です: その一歩が:

« 感情的にならずに | トップページ | 朧気に感じる新戦力パワー »