« 業熱とずんだ | トップページ | その一歩が »

2012年6月24日 (日)

感情的にならずに

試合を観れてないのですが(と言うか見る気力が起きてくれない)、どうやら完膚なまでに叩きのめされた様で。
唯一の光明が後半投入された怪我明けの選手だけと言う状況らしい。

いいんじゃないですか?
まだ可能性があるのだし。
大学生やユース相手に負けるようなメンツでJ1戦ってたんですよ。
こんな成績になるのも当然です。

などと書いてみましたが、やはり主力が次々と抜けていくのはどうしようもないです。
その中で何が出来るのか、選手もスタッフもフロントも非常に苦しい中で捻り出してるんだと思いますが、如何せん結果が伴わない以上にここ数試合の大量失点で完全に自信を失ってしまったのでしょうか。悪循環に陥っているように見えます。
でもそこは割り切るしかないのではなかろうかと。
自分達が弱いと言うのは散々思い知らされてるわけですから、それを踏まえて準備するべきなのではないかと。
自分達のサッカーとか言ってる場合じゃないのです。結果が出ない事には何も残らないどころか次々と何かが失われていきます。
今までは色々擁護している部分もありましたしフィルター越しに見ていましたが、やはり何かしらの結果を出せるような戦い方を求めていかなくてはなりません。
特に守備に関しては完全に枚数不足なので、DFの負担を減らすような工夫が必要になります。J'sゴールでライターの齋藤さんが書いていたように、後半途中からやっていた中盤に守備的なトライアングルを作ってDFラインの負担を減らすやり方は一つの回答になるかもしれません。
あとこちらの有名ブログの記事 http://d.hatena.ne.jp/pal-9999/20120619 なんかも、特に最近のJ1チームを相手にする場合にはオーストラリア代表の戦い方が割と参考になるかなと。

次節は同じ昇格組ながら確実に結果を残している鳥栖が相手です。
J2時代から非常に苦手なチームです。
こちらは河合選手が抜けてしまうので中盤の抑えが効くかどうか。
鳥栖中盤の岡本選手をどのように抑えるか、あとは簡単にセットプレーを与えない事、自陣深くでのスローインも危険なので極力タッチを割るクリアは前方へ出す事、と幾つか注意していれば何とか防げそうなんですがどうなんでしょうか。

|

« 業熱とずんだ | トップページ | その一歩が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/55042387

この記事へのトラックバック一覧です: 感情的にならずに:

« 業熱とずんだ | トップページ | その一歩が »