« 札幌死闘編:太陽神迎撃 | トップページ | だれかベホマズンを »

2012年5月21日 (月)

ピンチですが

暫く更新せずにいたらチームはボロボロですよ、っと。

怪我人続出、しかも本当に困った事に主力組が割と壊滅。
特にホスン選手のアキレス腱断絶は全く想定外でした。
本人もかなりショックを受けているようで。
GKが5人もいるのに2人しか動員できない、しかも高木選手(ぎーさん)は持病と言うか腰痛持ちだから下手したら1人になる場合も考えられます。
それとDF要員が足りなくて鹿島戦はとうとう3バックスタート。
前田選手も怪我してしまうし、怪我人が戻ってきてこれから…と言うときにこれはキツイ。
本当に若手の台頭が無ければ厳しい状況です。

今期のこの惨状は恐らくJ1で戦っていると言う所が最大の原因なのですが、それはまあそういう環境なのだから仕方が無いとして、やはり出だしから主力と頼んだ選手たちの離脱が相次いだ事が響いているわけで、高柳選手が最初から試合に出ていたら少しは違ったなとか山本選手があそこで怪我をしなければその後の数試合で浮上の切っ掛けを掴んだのではなかろうか?とか上原選手がいれば後半の攻撃で色々なオプションが使えるのにとか考えてしまうのは仕方が無いと思うんです。ええ。
怪我については、J1レベルで試合するには100%以上の力を常に出し続けなければならない選手が多いと言うこと、チームとして身体的に負荷の掛かりやすい戦術を採用している事、と考えてみるとやはり相当身体に無理が掛かっているのかなと。人間ですから個々に適応力も差が出るわけで中には怪我知らずな選手も多分いると思うのですが、古人曰く「無事之名馬」とはよく言ったものだと感心する事頻りでございます。

前田選手がどうなるか判らない状況ですが、前田選手が出られないとなると多分大島選手の先発が濃厚ですね。近藤選手と言う線もありますけど、どちらにしても前線にボールを納めて落しから展開と言う形になるのは変わらない部分だと思うので、近藤選手よりは大島選手の方が濃厚かなと。ただ私は大島選手はポストプレイヤーではなくストライカーな選手だと思っているので、本当はボールの落しができる選手をもう一人近くでプレーさせて欲しいと思いますが。まあ、今の札幌にそんな選手がいるかと言うと難しいですかそうですか。
でも大島選手のゴール前の入り方とかは中山雅史選手やFMの大黒選手のような、独特のセンスがあります。その部分を中盤の選手がもう少し活かせれば意外と得点力不足は解消されるかも知れません。

色々課題は山積みですが、とりあえず全部の解消は一度では出来ないので一つずつクリアしていきましょう。私は少しずつでも前に進んでいると思ってますし、勝負のあやで今節のような酷い試合もありますがそんなのは稀なケースだと思っています。

次節対戦する広島は札幌の指向している戦い方の見本にすべき部分が沢山あるチームです。チームの経済状況なども似ていますし、対戦する事で今の札幌に無い部分がはっきり判るかも知れません。
兎に角、どんな試合からも貪欲に経験を貯めて行って欲しいと思います。

|

« 札幌死闘編:太陽神迎撃 | トップページ | だれかベホマズンを »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/54760756

この記事へのトラックバック一覧です: ピンチですが:

« 札幌死闘編:太陽神迎撃 | トップページ | だれかベホマズンを »