« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月 8日 (日)

札幌死闘編:太陽神迎撃

撃ち落されたのは札幌でした。

この試合はスカパー!オンデマンドで観戦となりました。
とりあえず序盤はまあまあの立ち上がりでチャンスも出来たのですが、如何せん前田選手と他の選手が合わない…
そうこうしてるうちに奈良選手のトラップミス(と言うには可哀想でしたが)から工藤選手にボールを奪われ角度の無い所からのニア上角に決められ失点。
あれはもうシュートを褒めるしかないです。
この時の奈良選手のミス自体は反省すべき事はあるかもしれませんが、寧ろその前の流れでボールロストしてしまった事がこのミスに繋がっている事を考えれば、最初にあげた前田選手や攻撃陣の連携不足はもっと責められるべきと思います。
今年に入ってからの問題点はほぼこの1点に集約できるのかなと。
後半も結構チャンスがあったりしたのですが、兎に角ポジションが悪かったり引き出す動きとかが少なかったり、パス出して止まってしまう選手がいたりで中々迫力のある攻撃が仕掛けられません。終いには前田選手が自分で何とかしようとドリブル突貫でボールを失ったり、連携も何もあったもんじゃありませんでした。
ただ今節怪我の山本選手に代わりスタメンになっていた宮澤選手の、サイドへパスを展開した後にゴール前に詰めていた動きなどはいい形になっていましたので、やはり中盤のどちらかがゴール前に入って攻撃に絡めるような展開に持ち込めないと点は決まらないのかなと感じます。その為にも中盤でのイージーミスからのボールロストは絶対に避けてもらえれば。

あと奈良選手に関しては、今期これまで全ての試合にフル出場していることを考えると、おそらく疲労が溜まっていたんじゃないかと。前試合のナビスコ横浜FM戦の時もそうでしたが、競り合いなどで結構後手を踏んでいたり判断が遅い部分がありましたので、今後可能であればナビスコの方は休ませても良さそうな気がします。
何しろサイボーグと言われる身体能力があっても彼は高校卒業したばかりのルーキーです。今節のようにミスを引きずったような精彩を欠くプレーが出てしまうこともありますし、DFと言うポジションはミス自体が致命的になるケースが多いので、多少身体も頭も余裕がある状況にして試合に望めるように出来ないかなと。
ただ奈良選手はとても頭がいい選手ですので、自分の何が悪かったか反省して糧に出来るタイプだと思います。今までが順調すぎた面もありますし、ここらで一つ壁を乗り越えて一回り成長してくれるんじゃないかと期待しています。

さて次節はAWAY名古屋戦です。
今期はFC東京を除きAFCACL組が苦戦してるのですが、名古屋もその一角。
しかしながら今節同様で力の差は明らかです。
内容はほぼ防戦一方となると思われますが、走り負けだけは何とか避けてもらいたいと思います。
札幌は決して強いチームではありません。内容が示すとおり弱いチームと言って良いでしょう。差を埋めるには相手よりもより多く走って技術差をカバーしなければいけません。
皆判っている事です。
オシムさんの言葉じゃないですが、走れ走れ走れ。
そうすれば何かしら光明は見出せると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 6日 (金)

飛ばして2試合&初勝利YNC

榊選手すばらしい!

リーグ戦は緒戦の磐田戦での勝ち点1のみ。
いまだリーグ未勝利の鹿島、横浜FM、新潟、G大阪と降格争いの渦中にあると言う、凄いのかどうなのか判らない展開になっております。
そんなこんなで何とかナビスコ杯で今季初勝利。
互いにサブ主体でのチーム同士。しかしながら相手のミスをしっかり決めた大島選手と、教科書どおりの綺麗なカウンターを素晴らしい判断で決めきった大島選手、日高選手、榊選手をはじめ、ほぼ全員が勝利に対し貪欲になっていたように感じました。
流石に自力の差があるので後半はほぼサンドバッグ状態でしたが、それでも時折鋭いカウンターで攻め込んだり、前選手の素晴らしいFKからチャンスを創ったりと中々見所の多い試合でした。
なお横浜FMはナビスコでも未勝利と言う、実は今期公式戦勝利無しなのはマリノスのみ、なんて不名誉な事になっております。

リーグ戦はといいますと、浦和、清水に連敗。
しかし、後一歩くらいでリーグ戦での勝利も得られるのではないかと。
そのいい例が今回のナビスコの試合でした。
ラッキーがあったとは言えそのチャンスを確実に決めきり、相手よりも走って球際に厳しくあたり、兎に角全員が自分達の立ち位置を相手より下と認めた上での一体感とアグレッシブさを前面に押し出せれば何とかなるものだと。
今期は基本的に毎試合が天皇杯でJ1チームと当たるJ2チームみたいな立ち位置です。
技術などが足りない面は動いて穴を埋めていくしかない。
そうやって行くうちに必然的にJ1残留するだけの力が備わってくるのだと、私は思います。

ナビスコの試合終了後、U-19代表として中東へ向かった殊勲の榊選手、小山内選手と荒野選手。そして飛び級でU-23の合宿に招聘された我らが奈良選手。
また先日の試合でも存在感のあった前選手、そして奈良選手とCBコンビを組んだプロ2年目の櫛引選手。
彼ら10代の若手が下から押し上げてくれないとコンサドーレは沈んでしまいます。
過大な期待は禁物ですが、コンサドーレの場合は周囲に同レベルのチームがないため、下からの突き上げがあってやっとレギュラーメンバーは良い意味での危機感を持って練習や試合に望めるのだと思います(トップチームとまともに試合できるのが自前のユースチームと言うのはある意味凄い事なんですけど、そうならないと困ると言う事情もありますしね…)。

さて明日はHOME柏戦。
今年はちょっとうまく言ってない柏ですが、自力の差はやはり明らか。
どこまで走って食い下がれるのかが鍵になるのでしょう。
そしてやっと調子の上がってきた大島選手が美味くフィットしてくれれば、前田選手をもっと自由にさせることも出来るかなと。
ともかく明日の試合は大事です。多分前半の山場の一つです。
ここで勢いをつけておきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »