« 開幕とか | トップページ | 飛ばして2試合&初勝利YNC »

2012年3月21日 (水)

第2節とナビスコとか

トータル3試合でまだ勝ち星ない札幌ですが、ナビスコ見る限りスタメンとサブの差がはっきりと見て取れました。
とりあえず前田選手はどうせならもっと早く倒して置いたほうがFKの位置が遠くなって良かったのに、と大阪の親父が言われてました。

さて開幕戦を0-0で「何となく行けるぞ…(ゴクリ)」と言う雰囲気に持っていけた札幌ですが、2節の神戸戦では今季初黒星。
山本選手が札幌の今季初ゴールを決めたものの、危ないと思っていた時間帯に失点してしまい、そこから自力の差なのか押し込まれる展開が続き、後半はやや持ち直したもののほぼ1チャンスを決められてしまい1-2での敗戦。
前回ブログで書いたとおり前半10~25分の守備、終了間際の守備に気をつければ…と言う展開になってしまいました。
ただ、まだ2戦目と言うことでそれほど神戸の守備陣が強力だったわけでもなく、付け入る隙は多々見受けられました。しかしながら攻撃に関してはやはりシュートの精度、ラストプレーの精度や連携面でしっくり来ていない印象。特に前田選手の感覚にまだ回りが付いて行ってない感じがします。
内容的には悪くなかっただけに、余計口惜しい敗戦となりました。

先日のナビスコカップの1回戦はスタメン全員がリーグ戦控えメンバーと言う、この時期でしかできない豪華な顔ぶれとなりました。今年ユースから上がったばかりの選手がスタメンに2人ベンチに1人、それに加え三上選手と櫛引選手がスタメンと言う陣容はコンササポなら誰しもがワクワクしていたはず。
まあ試合内容はと言うと、序盤こそ勢いで何とかなったものの、やはりほぼガチメンできた新潟との差が徐々に出てしまいました。特に中盤の宮澤選手と前選手の辺りのバランスが悪く、その所為で左右の三上選手と荒野選手にボールが入ったときのサポートの動きがチグハグになり、そこで起点が作れないためトップの大島選手へのプレッシャーがきつくなり、サイドバックの日高選手もポジションを中途半端にとらなければならない状況で守備でも攻撃でも中途半端にゲームが進んで言った印象です。
恐らく最大の問題は声を出して修正できる選手がいなかったことかなと。
お前らはカテゴリーFか!と言わんばかりの無言サッカーでした。
本来ならその役目はベテランの岡山選手なり、中盤でタクトを振る役の宮澤選手が受け持たなければならないのですが、聞こえる声は杉山選手の声ばかり…
個人個人の能力では新潟に負けてはいないと思いましたが、それを有機的に繋げられる選手がいない、若しくはやはり初の実戦で連携が儘ならなかったのが痛かったのかなと。
(特に大島選手とキリノ選手の被り方とか連携とかは酷い物でした…)

なお今回のナビスコカップは、考え方によっては「リーグ戦に集中するぞ」と言うメッセージなのかなとも思えるわけでして、逆にここでサブ組主体でやることにより主力組のバックアッパーから主力へクラスチェンジさせるための試験的な意味合いもあったのかなと捉える事もできます。恐らく石崎監督も半分くらいは期待してたんじゃないでしょうか。本来ならば浦和戦に備えて前田選手や近藤選手は温存したかったはずです。
ただ残念ながら冒頭でも書いたように、サブ組がなぜサブなのか、今回の試合でその理由が少しわかったような気がします。
ただ光明を見出すとすれば上原選手が少し頭角を現してきたように見えた事と、榊選手の貪欲さでしょうか。残念ながら交代で入ってから彼にボールがあまり回らなかったため見せ場は少なかったのですが、それでもあの身長で競り勝ってヘディングを打ったり、コースが見えたらシュートを狙ったりする感覚や姿勢は(この試合の中で見れば)とても良い物だと思いました。もしかしたら前田選手と榊選手の組み合わせで面白い事が起きるかも知れません。タイプは違いますが、昨年対戦したオーロイ選手と深井選手のような関係になれそうな気がします。

と言うことで私暫く観戦に行けません。
次回は5月3日ですね。
本当はいろいろ因縁のある浦和戦には是非行きたかったのですが…残念です。
何とか浦和から勝ち点3をもぎ取ってもらいたい物です。
試合観た感じでは行けそうな気がするんですけどね。

|

« 開幕とか | トップページ | 飛ばして2試合&初勝利YNC »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/54277126

この記事へのトラックバック一覧です: 第2節とナビスコとか:

« 開幕とか | トップページ | 飛ばして2試合&初勝利YNC »