« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月21日 (水)

第2節とナビスコとか

トータル3試合でまだ勝ち星ない札幌ですが、ナビスコ見る限りスタメンとサブの差がはっきりと見て取れました。
とりあえず前田選手はどうせならもっと早く倒して置いたほうがFKの位置が遠くなって良かったのに、と大阪の親父が言われてました。

さて開幕戦を0-0で「何となく行けるぞ…(ゴクリ)」と言う雰囲気に持っていけた札幌ですが、2節の神戸戦では今季初黒星。
山本選手が札幌の今季初ゴールを決めたものの、危ないと思っていた時間帯に失点してしまい、そこから自力の差なのか押し込まれる展開が続き、後半はやや持ち直したもののほぼ1チャンスを決められてしまい1-2での敗戦。
前回ブログで書いたとおり前半10~25分の守備、終了間際の守備に気をつければ…と言う展開になってしまいました。
ただ、まだ2戦目と言うことでそれほど神戸の守備陣が強力だったわけでもなく、付け入る隙は多々見受けられました。しかしながら攻撃に関してはやはりシュートの精度、ラストプレーの精度や連携面でしっくり来ていない印象。特に前田選手の感覚にまだ回りが付いて行ってない感じがします。
内容的には悪くなかっただけに、余計口惜しい敗戦となりました。

先日のナビスコカップの1回戦はスタメン全員がリーグ戦控えメンバーと言う、この時期でしかできない豪華な顔ぶれとなりました。今年ユースから上がったばかりの選手がスタメンに2人ベンチに1人、それに加え三上選手と櫛引選手がスタメンと言う陣容はコンササポなら誰しもがワクワクしていたはず。
まあ試合内容はと言うと、序盤こそ勢いで何とかなったものの、やはりほぼガチメンできた新潟との差が徐々に出てしまいました。特に中盤の宮澤選手と前選手の辺りのバランスが悪く、その所為で左右の三上選手と荒野選手にボールが入ったときのサポートの動きがチグハグになり、そこで起点が作れないためトップの大島選手へのプレッシャーがきつくなり、サイドバックの日高選手もポジションを中途半端にとらなければならない状況で守備でも攻撃でも中途半端にゲームが進んで言った印象です。
恐らく最大の問題は声を出して修正できる選手がいなかったことかなと。
お前らはカテゴリーFか!と言わんばかりの無言サッカーでした。
本来ならその役目はベテランの岡山選手なり、中盤でタクトを振る役の宮澤選手が受け持たなければならないのですが、聞こえる声は杉山選手の声ばかり…
個人個人の能力では新潟に負けてはいないと思いましたが、それを有機的に繋げられる選手がいない、若しくはやはり初の実戦で連携が儘ならなかったのが痛かったのかなと。
(特に大島選手とキリノ選手の被り方とか連携とかは酷い物でした…)

なお今回のナビスコカップは、考え方によっては「リーグ戦に集中するぞ」と言うメッセージなのかなとも思えるわけでして、逆にここでサブ組主体でやることにより主力組のバックアッパーから主力へクラスチェンジさせるための試験的な意味合いもあったのかなと捉える事もできます。恐らく石崎監督も半分くらいは期待してたんじゃないでしょうか。本来ならば浦和戦に備えて前田選手や近藤選手は温存したかったはずです。
ただ残念ながら冒頭でも書いたように、サブ組がなぜサブなのか、今回の試合でその理由が少しわかったような気がします。
ただ光明を見出すとすれば上原選手が少し頭角を現してきたように見えた事と、榊選手の貪欲さでしょうか。残念ながら交代で入ってから彼にボールがあまり回らなかったため見せ場は少なかったのですが、それでもあの身長で競り勝ってヘディングを打ったり、コースが見えたらシュートを狙ったりする感覚や姿勢は(この試合の中で見れば)とても良い物だと思いました。もしかしたら前田選手と榊選手の組み合わせで面白い事が起きるかも知れません。タイプは違いますが、昨年対戦したオーロイ選手と深井選手のような関係になれそうな気がします。

と言うことで私暫く観戦に行けません。
次回は5月3日ですね。
本当はいろいろ因縁のある浦和戦には是非行きたかったのですが…残念です。
何とか浦和から勝ち点3をもぎ取ってもらいたい物です。
試合観た感じでは行けそうな気がするんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

開幕とか

すっかり放置してしまったこのブログ。
維持できないんじゃやってる意味ないよね、と言うことは置いておき…

いよいよ2012シーズンのJ1が開幕いたしました。
J2は1週早く開幕していましたが、某メディアなどは「2012年Jリーグ開幕!」とか見出し付けちゃってて「J2はJリーグじゃないのか!!」とJ2サポに殴りこまれそうな感じです。
開幕戦の相手は何かと因縁のあるジュビロ磐田。
まず相手監督が俺たちのモリゲ森下仁志さんと言うことで、その辺りからキナ臭い匂いが…じゃなくて、まあ、なんでしょうね、うん。
中山雅史選手が出られないのは非常に残念ではありましたが、ゴール裏は磐田へのあてつけのように中山コールしてた様な気が。一応選手全員のコールしてたみたいだから気のせいでしょうけど。
そう言えば磐田の前監督の柳下さんと面識ある現所属選手って、中山選手、たかはら選手、砂川選手、芳賀選手だけですよね。そう考えると時の流れは早いと言う事を実感いたします。何しろあの暗黒時代2003年が既に9年前なんですから。

開幕戦の見所はやはり、日本代表にして現時点で恐らく日本最高峰FWの一人と思われる前田遼一選手、代表のSBとしてその名を轟かす駒野選手を中心にした磐田の攻撃陣と札幌のDF陣の戦い。CBの新加入したオーストラリア代表ジェイド=ノース選手、高卒新人にしてDFリーダーに名乗りを上げた奈良選手、昨年だけでも相当成長して素晴らしいプレイヤーになりつつある左サイドの岩沼選手がどれだけ通用するのか。
そして攻撃は新加入の前田俊介選手を中心に岡本選手、内村選手、近藤選手を配した相当攻撃的な前線に、これも新加入の山本選手がどう絡んでいくのか。この辺りが見所になると思われました。
因みに両チームとも前線は前田選手と言うことで、まえだまえだダービーと名付けて(ry
ダービーと言えば甲府のダヴィ選手が輝きを取り戻しつつあるみたいですね、って関係ない話ですね。

試合内容はやはり上記の内容が注目点だったわけですが、予想を超えて奈良選手と岩沼選手の出来が良く、多少負ける部分があったものの前田選手はほぼ仕事が出来ず、駒野選手にも流石代表!と言うプレーは随所に出された物のそれ程いい仕事はさせていませんでした。正直言うと今節の磐田攻撃陣はそれほど怖くなかったんですが、やはり山崎選手と金園選手が居ないのが響いているのでしょうかね。
ラッキーもありましたが今節は無失点にできました。選手たちも手応えを感じたのでないでしょうか。
また攻撃の方もある程度の見込みは立てられたかも知れません。
開幕直前の古田選手の離脱は痛かったのですが、絶好調だった岡本選手がその不安を払拭してくれました。また前田俊介選手も相変わらず、いや昨年大分に居た時よりも良いパフォーマンスを見せてくれました。近藤選手も相変わらず凄い抜き方で相手DFを交わしたりキャノン砲を放ったり、内村選手も相手の嫌なところやDFの間などのギャップに入り込んだりと、其々が良いパフォーマンスを見せていましたね。後は実戦で連携が高まっていけば面白いことになりそうです。
私が試合中一番気になったのは中盤の山本選手。
前半は正直消えていました。どうにも中途半端なプレーが目立っていて奈良選手にまで怒られていましたが、後半は思い切った飛び出しなどの持ち味が出てきてチームのリズムがよくなりました。前半だけの出来なら宮澤選手に変えて貰いたかったんですが、後半のプレー振りを見て考え直しました。やっぱり石崎監督はしっかり見えてるんですね。当たり前すぎることですが改めて素人は素人なんだと思いました。
山本選手のミドルシュートが早くみたいですね。

さて次節は撃ち合いの末ガンバ大阪を3-2で下したヴィッセル神戸です。
鹿島から加入した野沢選手が相当効いていて大久保選手の調子もいいので、今節以上に守備力が問われます。
ただ開幕直後ですから守備面ではまだ付け入る隙がありそうな感じでしたので、まずは前半10分~25分ごろと終了間際の守備にさえ気をつければ乗り越えられるような気がしてるのですが果たして…?


俺達はあきらめない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »