« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »

2011年12月28日 (水)

師も走る

下は汁じゃありませんよ
(MSのIMEには困ったもんだ)

とりあえず本日が仕事納めの所も多いと言う事で、HFCも年内業務は本日で終わり。
その為昨日から怒涛の更新ラッシュが

まずは以前から噂のあった大分の前田選手、広島の高柳選手が加入です。
前田選手はご存知の通りテクニシャン。驚くようなゴールを決めたり、正確なパスやボール扱いが出来る技巧派選手です。
良く走らないとか守備をしないとか言われていますが、恐らく石崎監督の要望を汲んでの補強と思われますので、どの様な使われ方をするのか楽しみな選手です。
高柳選手は所謂2列目あたりのプレーが得意な選手ですが、ユーティリティプレーヤーとしての能力もあるそうです。中盤ならどこでもでき、左右のサイドバック、ストッパーまで経験していると言うことですが。
今期(2011年)は昨年末の大怪我のせいで殆ど出番がなく終わった感じですが、2010年の怪我人続出状態の広島をレベルを落とすことなく支え続けた一人ですので、そのクオリティの高さは怪我が完治して調子が戻っていれば保証できそうです。

そして怪我人続出のGK陣に鹿島から杉山選手が加わりました。
8年間2nd、3rdキーパーとして鹿島に在籍していましたが、今期終了後鹿島との契約が更新されなかったらしく、どうやら元札幌の西選手…ムニャムニャ
この杉山選手ですが、札幌(の在籍選手)と因縁がありまして、wikiにも記載されていますが2001年福岡大学在学中のユニバーシアード代表に選出された時に、正GKの座を現札幌の高原選手と争って2番手に甘んじたと言う過去を持っています。
奇しくもその高原選手の怪我によってGK不足に陥っている札幌に移籍と言う、ちょっと人生の何かを感じられる加入となっております。

そして一番驚いたのが山下選手のセレッソ大阪復帰。
恐らくフロントも寝耳に水状態だったかと思います。記事の内容、本人ブログの内容から推測すると今期終了後のオファーだったんじゃないかと。
正直今期のDFの柱だったわけで、いなくなると相当厳しい。
2年契約だったようですので移籍金は入るようですが、今残っているCBが櫛引選手、奈良選手、岡山選手ですから、そこそこJ1経験のある中堅若しくはベテランのCBが入らないとまた2008年の繰り返しになってしまいます。
(櫛引選手と奈良選手の能力については信頼できると思いますが、なにぶん岡山選手は別として経験が少ないので…)
でも古賀選手にオファーとか色々ありましたから、それなりに手は打ってくれていると信じたい。。。

ただ殆どの選手は残ってくれるようなので、大きく崩れる事はないと思います。

まだ続きがあると思いますので、もう少し静観ですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月15日 (木)

ふと思う

本格的にサポり始めたのが2003~2004年。
アレから8年の歳月が流れました。
思えば2003年のオフに筑陽から桑原君が入団すると言うニュースと、高校サッカー選手権の劇的なFKを見てからそんなに経ってたのかと。
(なぜそこで桑原選手なのか自分でも判りません。ただ昨今の状況を鑑みるに、桑原選手はユナイテッドで引退して結果的に良かったのかも)
忘れてはいけないのが、その年怪我で殆ど活躍できない状況だった大森健作氏が撮影したスカパーのチーム特番に映っていた、当時はまだ特別指定選手だった河端選手の裸○。
私のハンドル名の元ネタです。
そんな河端選手も北九州を契約満了。
今後選手として続けていくのかどうか気になりますし心配ですが、悔いの残らないようにしてもらいたいですね。

さて、去就が色々取りざたされる季節です。
浦和監督に今年広島を退団したペトロビッチさんが就任とか…
多分1年目の成績はそれ程良くならないかも知れませんが、あそこのサポーターは我慢できるのでしょうか。

今日は柏レイソルがサントスに惜しくも敗れてしまいましたが、少なくとも試合になっていましたし決定機も何度か作ることができていました。どうしても個々の判断やプレークオリティ面で1歩2歩及ばない部分はありましたが、Jリーグチャンプとして恥ずかしくない試合は出来たと思います。これを糧として来年のACLを勝ち抜いてCWCの舞台で戦えるようなチームを目指してもらいたい物です。
今回ほどCWCが身近に感じたことは無かった気がしますね。出来れば再来年はコンサがあの舞台に立てればBESTなんでしょうけど。
多分、資金面のことを考えなければ、世界との差は思ったほど大きくも無く、楽観するほど小さくも無いといった感じでしょうか。

まあまずは来年。
目指すは3位以内で。
やってやれないことは無い。

ポジティブに行きませう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 4日 (日)

4年に1度(←間違い)

2003年を除きオリンピックイヤーの前年に昇格を決めています。
面白い事に。

(2011/12/04/22:00頃訂正)
すみません。勘違いしてたらしいです。
酒が残ってたのか…?

元々ネガティブな発言は「なるべく」避けてきたのですが、今期は特に意識して「前のめり」なことを書くように気をつけていました。
まあ本当の終盤は記事の更新もしていませんでしたがねhahaha

日本には言霊という言葉があります。
言葉には何かしら不思議な力があるというアレですが正にその通りで、ネガティブにネガティブに発言していると良い事は中々近付いて来てくれません。
今期の昇格はこの「言葉の力」も一因としてあるのかなと思います。
関係ブログやtwitterなどでも、敗戦の後で負けた事に落ち込みながら無理矢理にでも切り替えて前を向いている人が非常に多く、試合後の監督インタビューはいつも通りでしたが(汗)、選手たちは苦しくても常に前に進み続けるような事を繰り返し発言していました。
誰もが苦しさや厳しさで打ちひしがれていたとは思いますが、その都度無理矢理だったとしても口から出る言葉はネガティブにしなかった。
まあ取り巻く人全てとは言いません。
ただその様な部分も含め一体感をもって昇格を決められたというのが過去の昇格とは違う、本当の意味でのクラブとしての昇格だったのかなと。

数日前、最終節を前にしたある日ですが、ネットを見ていて良い言葉を見つけました。

人は+(プラス)の事も-(マイナス)の事も口から言う。「吐く」と言う字は口と+-からできている。
だけど苦しい時や夢や希望がある時にマイナスな事は言わないで見よう。
すると-が無くなって「叶」と言う字ができる。
夢や希望は「叶う」

正に今年はこれだったと思います。

そして来年は今度こそJ1残留を。
狙えACL。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »