« 国立西が丘ではなく | トップページ | これは酷い »

2011年10月18日 (火)

ここ一番に

久し振りになります。
またです。
どうも更新するタイミングがつかめません。

昇格争いのライバル鳥栖との直接対決。
久し振りの日曜日の試合と言うことで参戦しましたが、

とにかく酷い試合でした

まあ本当に審判が云々言いたくはないのですが、言いたくもなります。
もう少しマシな審判はいないのかと。
仮にも2位3位の直接対決と言う注目度の高い試合なんですから、過去主審を務めた試合数が20試合、その半数の試合で両チームから判定について批判が相次いでいる審判を入れてくるのは拙いでしょうよ。
本当に、あのPKの判断が無くてもレフェリングは須らく酷い内容でした。
今節に関して言えば副審の方が余程まともな判断をしていました。

結局今節は両チームの戦いではなく、選手対審判と言う内容になってしまったのが残念でした。
と、まずは憂さばらし的なものを書いておきます。

試合内容についても精神的な動揺がやはりあったのか、まだまだ時間の余裕があるにも拘らず攻め急ぎすぎの印象を受けます。
特にジオゴ選手の高さを警戒して、鳥栖のDFがハイボール処理を自由にさせていませんでした。
ただ足下へのボールに関してはそれ程厳しくなかったので、前半に関しては攻撃時にハイボールをジオゴ選手に放り込んでしまうと言う選択が多用されてしまったのが些か残念ではあります。この点は後半に多少改善されていた気がしますが。
攻撃面では最後までチグハグなまま終わってしまったような感じです。

さて次節はすぐですね。ここから怒涛のAWAY3連戦(中2日とか3かとか…)。
しかしジオゴ選手は兎も角、河合選手の累積出場停止は痛いですね。
河合選手が居ることで試合中のバランス変更が恙無く出来ていた(所謂4バック3バックとか言うやつです)ので、これは柔軟性と言う意味で痛い。
ただし、今節は復帰戦のため芳しくなかったものの、宮澤選手が戻ってくれたのが非常に大きいです。何とか中盤は宮澤選手と岩沼選手で組ませて凌げそうです。
いざとなれば純平選手もセントラルで起用できますし、どうしても拙かったらユースから呼ぶという最終手段を使う事も考慮すべきかと。
本来ならばここでブルーノ選手が出てきてくれないととても困るんですけどね…

さてそろそろレモス選手が見たいのですが…

|

« 国立西が丘ではなく | トップページ | これは酷い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/53019308

この記事へのトラックバック一覧です: ここ一番に:

« 国立西が丘ではなく | トップページ | これは酷い »