« 固定について | トップページ | ここ一番に »

2011年10月 3日 (月)

国立西が丘ではなく

聖地国立での勝利。
嬉しい。
何よりも私はあの赤い帽子を被った人が嫌なので、そのチームに勝てたことがもっと嬉しい。
決して圧倒していた訳ではなく何とか勝てたという状況ですが。
ただ途中出場の選手が試合を決めてくれるのは良い兆候です。そういう当たり試合が多いのはチームの努力に運が引き寄せられえているという事。
自分達が必死になれば結果は自ずと付いて来る。そう思いたいです。
それから櫛引選手の成長率がハンパじゃないです。
まだ一桁しか試合に出てませんが、ミスはまだあるものの明らかに主力張れる力はありますね。今まで高卒ルーキーDFが中々育たなかったのですが、これは大いに期待できます。
そうなると引き抜きが怖いわけですが…
それでなくてもU19代表で呼ばれてしまうのに…

それはさておき。
▼今節終わっての簡易順位表です
1  F東京 57 +35
2  札幌 53 +15
3  鳥栖 50 +25
4  千葉 50 +11
5  徳島 49 +13
6  栃木 43 +8
7  東京V 41 +20
8  北九 40 -6
9  熊本 40 -6
10 湘南 38 -4
11 大分 37 -1
12 愛媛 36 -8
13 草津 35 -10
14 京都 34 -6
15 横浜 31 -9
16 富山 31 -13
17 岡山 31 -16
18 水戸 28 -9
19 鳥取 27 -7
20 岐阜 16 -32

残り10試合です。

首位FC東京との勝ち点差は4。3位鳥栖、4位千葉とは3点差。
残り試合数で考えると、昇格争いできそうなのは大きく見積もっても9位ロアッソ熊本(勝ち点40)までかなと思うわけです。
実際は勢いを考慮して7位の東京V(勝ち点41)までがギリギリでしょうか。
ここに来て失速甚だしい栃木は脱落しそうです。徳島は微妙な感じですね。
現状で今期優勝チームの最大勝ち点がFC東京の57+30で87。まあ最終戦でコンサに負ける予定なので84が最大となります。
多分実際は79~83の間じゃないかと予想しているのですが…
恐らく3位は勝ち点75~78くらいかと。
つまりコンサは最低限あと25点上乗せしたい。そう考えるとあと7勝1分は最低限のノルマとなります。
一番良いのは9勝で最終節を向かえ(この時点で昇格は確定している)、最終戦でFC東京に勝利して逆転優勝での昇格ですね。

先日ノルディーア北海道の今期最終節を観に行きました。
9月下旬の晴れ時々曇りの天候でしたが、風が強くてとても寒かった。
今期は結局最終節しか観れなったのですが、昨年と比べて所謂戦術的な部分で約束事がしっかり構成されてるように見えました。それと走り負けしていなかった。
選手加入などもあって戦力が補強されたのも理由としてあるでしょうし、勿論なでしこのW杯優勝もモチベーションアップに繋がっているかと思いますが、昨年観た試合では完全に走り負けしていたのに今回見た試合ではそれがありませんでした。
ただコンサの2004年のごとく勝つ事はできません。まだ完全にモノになっていないのだと思います。
しかし来期もチャレンジリーグに残って試合が出来れば、もしかしたら大化けするような雰囲気はありました。


話は変わりますが、昨日開幕した山口国体に北海道青年男子サッカー代表として出場したノルブリッツは残念ながら、京都代表佐川印刷SCに1-2で敗れてしまいました。
北海道女子選抜にはノルディーアの選手が沢山選ばれています。
10月3日に1回戦です。
因みに中山元気選手が所属する中国リーグのレノファ山口は、鹿児島代表の鹿屋体育大学に2-4で負けています。中山選手ゴールしたのに…

|

« 固定について | トップページ | ここ一番に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/52894836

この記事へのトラックバック一覧です: 国立西が丘ではなく:

« 固定について | トップページ | ここ一番に »