« 国際試合初勝利とCB問題 | トップページ | この記念すべき日に »

2011年6月20日 (月)

負けない事投げ出さない事逃げ出さない事信じぬく事

それが一番大事です

横野選手にとって、恐らく忘れられない試合になった事でしょう。
一部の人は「この位で泣くようじゃ駄目だ」と苦言を呈されておりましたが、でも私は横野選手のキャラクター的にあそこで泣いておくのは許されるような気がします。
特に4年間殆ど出場できず、出場してもシュートの1本も放てず、ユース後輩の古田選手や三上選手が結果を残す中、彼の苦悩は外部の人間が思う以上に深刻だったと思います。恐らく性格上表に出せない部分があったのではないでしょうか。
それを言ったら高原選手はもっとしんどい時期を過ごしてましたし、岩沼選手も苦労して今のスタメンを奪っています。そしてそのチャンスを活かしました。
横野選手も今回結果を出せました。例えそれがラッキーなゴールだったとしても数字上彼が得点を上げた事は間違いないわけで、これを切っ掛けに先発争いに加わる資格を得たと言ってよいかと。
ユース好きな方が呟いていましたが、彼はユース時代~トップに上がってからもポストプレーの練習を続けていたそうでDFを背負ったプレーはそれ程苦にしないようです。足元の技術は三上選手の方が高いようですが、現状のやり方をチームが続けるのであれば横野選手の方がフィットしやすいのではないかと思われます。

試合は全般的に岐阜のペースだったかと。
開始直後からの15分くらいまでは「いつも通り」札幌ペースでしたが、それ以降は殆ど主導権を握られたまま最後まで行ってしまいました。
確かに3点とって勝っているのですが、自分達の力で「奪い取った」得点は最初の1点のみ。その後の2点は相手のミス絡みのゴールです。
ただこの2点目のオウンゴールが岐阜に取って致命傷になったのは間違い無いと思います。野垣内選手のクリアミスも、もしかしたら2点目の事が影響したのかも知れません。
ただこの事が岐阜のスイッチを入れたのか、それともいつも通りにコンサがグダグダになってしまったのか、殆ど一方的に岐阜が攻めるようになりコンサは防戦一方で何も出来ない時間帯が続きました。

「多分」なのですが、調子を崩す時は大概足元のパスを回そうとしているときのミスや、受け手が足元でばかり欲しがる時に多くなっているのではないかと。
今節に限って言えば、右のワイドに上原選手、左には近藤選手、センターに横野選手と何れも180cm超の選手をおいていた事や、両ワイドの選手は縦へのスピードがありましたので、簡単に両ワイドへのロングボールなりサイドチェンジをして攻撃を組み立てた方が良かったのではないでしょうか。実際にこの方法で開始直後に得点を取れました。
特に前半の早い時間帯から岐阜は前に出るしかない状況でしたから一層DFの背後のスペースが開くわけで、ピッチ状況も非常に悪かった事もありますし変に足元で組み立てるよりも現実的だったのではないかと。
またサイドに基点を作ることが出来ると、センターの選手、宮澤選手や砂川選手、岩沼選手の上がる時間が出来ますし、両サイドバックも攻撃参加できる状況を作れます。
全体的に前の方を向いてプレーすることが出来るようになる上に、相手の陣地深くでのプレーになるため非常に失点リスクが少なくなります。
ポゼッションやパスサッカーを志向するのは間違いではないと思いますが、状況に応じた方法をもっとピッチ上の選手同士で図れるようになって貰えればなぁと感じます。

守備に関しては櫛引選手がちょっと可哀相だったなぁと。
私としては確かに中盤を固めるために河合選手を前に上げるのは仕方が無いと思ってましたが、もっと早く近藤選手なり横野選手か上原選手の交代を行うべきだったかなと感じました。
ほぼ中盤より前のプレッシングが甘くなった結果両サイドにボールを通されるようになったり、チェイシングできなくなって振り切られたり、と言う現象に繋がったのではないかと。
それが遠因になって櫛引選手のプレーに繋がった感じです。
まあプレー自体はプロとしてやっちゃいけないものでしたが、碌に試合に出ていないルーキーにあの散々押し込まれてる状況で、しかもファーストタッチでそこまで求めて良いものかなと思ってしまうわけで…

あと守備面では宮澤選手と岩沼選手がポジションを下げすぎて砂川選手とのギャップが大きくなってしまい、そのエリアがスカスカになって岐阜の選手に使われるような状況になっていましたね。
結果的にこの部分を埋めるため前の選手が下がってきてしまい、攻撃発起点が低くなった結果(+前目の選手の動き出しが遅くなり)足元のパスが多くなったものかなと。
これは河合選手が中盤に移ってもそれ程変わりませんでした。

今節は運が味方してくれたので何とか勝つことだけは出来ました。
ただやはりこの様な内容が続く限り、上位へ食い込んで行くのは難しいと思われます。
問題は選手の意識の持ち方にあるのかなと。
監督がどうこうと言うより、本質的に選手の意識がもう数段高みを目指していく様にならないと質の向上は図れないのかなと思うわけで。
日々の練習をこなす事だけではなく、そこから先に目標を置けるかどうかが今後のコンサの行方を決めるのかも知れません。
そしてそれは選手だけではなく、当然スタッフやHFC、サポーターにも言えることです。
高い目標をもって前進する事、とにかく何度押し返されても、牛歩であっても諦めずに前に進む事が肝要じゃないかと。

そう言えば選手がバックパスをすると「下げるなゴルァ!!!!」と叫ぶ人が結構居ますが、そう言った時は大概受け手が何も動いていなくて出し所が無い場合が多いです。
(まあ稀に周りが見えておらず下げちゃう人もいますが)
TV中継だと判り辛いですが、スタジアムで観戦していればそういった周りの状況も見えると思います。
時には下げる事も必要です。前に出せば良いと言うものではありません。
前に出してボールを奪われるより、一旦下げて動き直した方が良い事もあります。
この間も厚別で叫んでる人がいらっしゃいましたが、もう少しリスクなども考えて欲しいなと思う次第です。
いや、確かに「そこで下げるかぁ~…↓」と言うことも多いのですけどね。
前段とは逆の事を言ってるように見えますけど、これは「攻撃のための迂回」ですので主旨は変わらない(はず)です。





野々村斬りは面白かったですよ。
今年は大森さんのほかに元コンサで元草津の柴田君が来てましたが、結構いいキャラクターですね。
道内の番組で使ってくれないかな。

|

« 国際試合初勝利とCB問題 | トップページ | この記念すべき日に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/51997982

この記事へのトラックバック一覧です: 負けない事投げ出さない事逃げ出さない事信じぬく事:

« 国際試合初勝利とCB問題 | トップページ | この記念すべき日に »