« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月20日 (月)

負けない事投げ出さない事逃げ出さない事信じぬく事

それが一番大事です

横野選手にとって、恐らく忘れられない試合になった事でしょう。
一部の人は「この位で泣くようじゃ駄目だ」と苦言を呈されておりましたが、でも私は横野選手のキャラクター的にあそこで泣いておくのは許されるような気がします。
特に4年間殆ど出場できず、出場してもシュートの1本も放てず、ユース後輩の古田選手や三上選手が結果を残す中、彼の苦悩は外部の人間が思う以上に深刻だったと思います。恐らく性格上表に出せない部分があったのではないでしょうか。
それを言ったら高原選手はもっとしんどい時期を過ごしてましたし、岩沼選手も苦労して今のスタメンを奪っています。そしてそのチャンスを活かしました。
横野選手も今回結果を出せました。例えそれがラッキーなゴールだったとしても数字上彼が得点を上げた事は間違いないわけで、これを切っ掛けに先発争いに加わる資格を得たと言ってよいかと。
ユース好きな方が呟いていましたが、彼はユース時代~トップに上がってからもポストプレーの練習を続けていたそうでDFを背負ったプレーはそれ程苦にしないようです。足元の技術は三上選手の方が高いようですが、現状のやり方をチームが続けるのであれば横野選手の方がフィットしやすいのではないかと思われます。

試合は全般的に岐阜のペースだったかと。
開始直後からの15分くらいまでは「いつも通り」札幌ペースでしたが、それ以降は殆ど主導権を握られたまま最後まで行ってしまいました。
確かに3点とって勝っているのですが、自分達の力で「奪い取った」得点は最初の1点のみ。その後の2点は相手のミス絡みのゴールです。
ただこの2点目のオウンゴールが岐阜に取って致命傷になったのは間違い無いと思います。野垣内選手のクリアミスも、もしかしたら2点目の事が影響したのかも知れません。
ただこの事が岐阜のスイッチを入れたのか、それともいつも通りにコンサがグダグダになってしまったのか、殆ど一方的に岐阜が攻めるようになりコンサは防戦一方で何も出来ない時間帯が続きました。

「多分」なのですが、調子を崩す時は大概足元のパスを回そうとしているときのミスや、受け手が足元でばかり欲しがる時に多くなっているのではないかと。
今節に限って言えば、右のワイドに上原選手、左には近藤選手、センターに横野選手と何れも180cm超の選手をおいていた事や、両ワイドの選手は縦へのスピードがありましたので、簡単に両ワイドへのロングボールなりサイドチェンジをして攻撃を組み立てた方が良かったのではないでしょうか。実際にこの方法で開始直後に得点を取れました。
特に前半の早い時間帯から岐阜は前に出るしかない状況でしたから一層DFの背後のスペースが開くわけで、ピッチ状況も非常に悪かった事もありますし変に足元で組み立てるよりも現実的だったのではないかと。
またサイドに基点を作ることが出来ると、センターの選手、宮澤選手や砂川選手、岩沼選手の上がる時間が出来ますし、両サイドバックも攻撃参加できる状況を作れます。
全体的に前の方を向いてプレーすることが出来るようになる上に、相手の陣地深くでのプレーになるため非常に失点リスクが少なくなります。
ポゼッションやパスサッカーを志向するのは間違いではないと思いますが、状況に応じた方法をもっとピッチ上の選手同士で図れるようになって貰えればなぁと感じます。

守備に関しては櫛引選手がちょっと可哀相だったなぁと。
私としては確かに中盤を固めるために河合選手を前に上げるのは仕方が無いと思ってましたが、もっと早く近藤選手なり横野選手か上原選手の交代を行うべきだったかなと感じました。
ほぼ中盤より前のプレッシングが甘くなった結果両サイドにボールを通されるようになったり、チェイシングできなくなって振り切られたり、と言う現象に繋がったのではないかと。
それが遠因になって櫛引選手のプレーに繋がった感じです。
まあプレー自体はプロとしてやっちゃいけないものでしたが、碌に試合に出ていないルーキーにあの散々押し込まれてる状況で、しかもファーストタッチでそこまで求めて良いものかなと思ってしまうわけで…

あと守備面では宮澤選手と岩沼選手がポジションを下げすぎて砂川選手とのギャップが大きくなってしまい、そのエリアがスカスカになって岐阜の選手に使われるような状況になっていましたね。
結果的にこの部分を埋めるため前の選手が下がってきてしまい、攻撃発起点が低くなった結果(+前目の選手の動き出しが遅くなり)足元のパスが多くなったものかなと。
これは河合選手が中盤に移ってもそれ程変わりませんでした。

今節は運が味方してくれたので何とか勝つことだけは出来ました。
ただやはりこの様な内容が続く限り、上位へ食い込んで行くのは難しいと思われます。
問題は選手の意識の持ち方にあるのかなと。
監督がどうこうと言うより、本質的に選手の意識がもう数段高みを目指していく様にならないと質の向上は図れないのかなと思うわけで。
日々の練習をこなす事だけではなく、そこから先に目標を置けるかどうかが今後のコンサの行方を決めるのかも知れません。
そしてそれは選手だけではなく、当然スタッフやHFC、サポーターにも言えることです。
高い目標をもって前進する事、とにかく何度押し返されても、牛歩であっても諦めずに前に進む事が肝要じゃないかと。

そう言えば選手がバックパスをすると「下げるなゴルァ!!!!」と叫ぶ人が結構居ますが、そう言った時は大概受け手が何も動いていなくて出し所が無い場合が多いです。
(まあ稀に周りが見えておらず下げちゃう人もいますが)
TV中継だと判り辛いですが、スタジアムで観戦していればそういった周りの状況も見えると思います。
時には下げる事も必要です。前に出せば良いと言うものではありません。
前に出してボールを奪われるより、一旦下げて動き直した方が良い事もあります。
この間も厚別で叫んでる人がいらっしゃいましたが、もう少しリスクなども考えて欲しいなと思う次第です。
いや、確かに「そこで下げるかぁ~…↓」と言うことも多いのですけどね。
前段とは逆の事を言ってるように見えますけど、これは「攻撃のための迂回」ですので主旨は変わらない(はず)です。





野々村斬りは面白かったですよ。
今年は大森さんのほかに元コンサで元草津の柴田君が来てましたが、結構いいキャラクターですね。
道内の番組で使ってくれないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

国際試合初勝利とCB問題

大分戦の勝利。今期AWAY初勝利と言うだけではなく、今期AWAY初ゴール、そして1年3ヶ月ぶりの連勝だそうです。
そんなに連勝してなかったんだなぁ…って、つまり去年は連勝が一度も無かったって事ですね。
そう考えるとスタートこそ余り芳しくありませんでしたが、今年はまだ目があると見ていいのかも知れません。
何せ今節勝利して1位とは勝ち点6差、3位とは勝ち点3差になって居るのですから。
試合数が少ないので当たり前なんですが、このくらいの勝ち点差と言うのは結構モチベーションが高くなりますね。

試合に関しては今期コレまでの九州AWAYとは打って変わってかなり動いている印象でした。
それでも内容的には褒められた物では無いのですが、勝てたことを重要視するべきなのかなと…
今は近藤選手がキレキレなので助かっていますが、攻撃面でまだミスが目立つのが問題でしょうか。
特にショートパスの精度が悪く、ボールを奪われるシーンはまだかなりありました。
それでもパス交換やフリーランニングが増えて、前節から若干良い方向に変わりつつある、若しくは練習でやってきたことが出せるようになってきたと感じられます。
守備に関しては恐れていた芳賀選手の負傷交代(だと思う)があって岩沼選手が宮澤選手と並んで中盤の底に入り、恐らく公式戦では初と思われる上原選手のSBと言う形となりました。
もしこの上原選手のサイド起用がリーグ戦で通用するレベルであれば、岩沼選手が入っていた時とは違う高速サイド攻撃が可能になり、更にセットプレーの高さも確保できますので結構有望ではあります。
それと上原選手は意外と得点力が高いんですよ。5日の大田戦でも得点してるのですが、試合中の動き方は兎も角ポジショニングは悪くないのです(元々スカウトしてきた村田コーチが即戦力ではなく原石だとか何とか言ってた訳で)。それがSBと言うポジションで活かせる様になると相当面白い事になりそうですね。

大田戦ですが、札幌初の国際親善試合勝利!!と言う歴史に残る試合となりました。
しかし前日のリーグ戦の絡みで、やはりサテライトと控え組み、そしてU-18中心の構成だったようです。
まあ、試合途中の選手たちはユースオタ歓喜な構成だったようで…
どうやら横野選手が相当キレキレだったようですね。相変わらずかなり動いていたらしく、相手の得点になったPKも横野選手が戻って守備していたために起きたもののようです。
それとユースが半分以上を占める構成で勝利できた事は、相手がKリーグ下位のそれも控え中心のチームだったとは言えど、自分達のチームレベルを再確認できたと言う意味で非常に大きな価値だったのではないでしょうか。
あともう一つこの試合で重要な事がありました。
チアゴ選手がCB起用されていたようです(汗)
元々その為に補強したのに今ではFW扱いなので(大汗)、ここでCBとして問題ないようであればリーグ戦でも十分使えると言えるでしょう。

順位や選手たちのことも含め、何かと希望の光が見えてきたような週末でした。
次節は今節漸く勝った横浜FCを室蘭に迎えてのレジェンドマッチです。
昨年は赤帽監督が三浦カズ選手を出さないと言う空気を読まない行為に走ったので最低な負け試合でしたが、今年はどうでしょうか。
まあこちら側が中山選手を(コンディション的に)出せない状況かも知れませんので何とも言えませんが。
個人的に赤帽監督が好きじゃないので、完全撃破して欲しいです。
あと高地選手には注意ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 2日 (木)

Lチキ1年分はどの様に貰うのか

さて辛勝で終わった岡山戦。
宮澤選手が久々のFWで先発し、予想通りボールの収まりと捌きはかなり良くなりました。
アンドラジーニョ選手との距離感も悪くなく、何より2シャドーと言うかオフェンシブなMFにブルーノ選手と2人で入ったことにより宮澤選手が孤立せず、左右の近藤選手と古田選手へのボール供給も上手く行く時間帯が多かった様な感じです。
それと岡山の攻勢発揮点であるストヤノフ選手の位置に宮澤選手とアンドレ、ブルーノ選手のどちらかがプレッシャーを掛けられた事で、縦に異常に早い岡山の攻撃を少しでも遅らせる事ができたのではないかと。

しかし本当に岡山の攻撃は早かった。
殆どのパスが前向きで、つまり選手がオフザボールでしっかり動いていなければ出来ないプレーをやっていました。
失点の時もGKから2タッチでシュートまで来ています。常に中盤から前へボールが出ているような印象でした。
横パスやバックパスの多い札幌とは対照的な動きです。
チアゴ選手と言う強力な選手がいて初めて成せる事かも知れませんが、それでも他のJ2チームと全く違うスタイルで興味深いチームです。
所謂ポゼッション志向とは対極にあるのかなとも思うわけですが、前回の記事で書いたと思いますが鹿島アントラーズなんかはポゼッションよりもハーフカウンターなどの速攻を武器にして優勝したりしていた訳ですし、意外と海外の強豪チームもポゼッションよりも速攻するチームが多いので、今の岡山の方向性を突き詰めていくと非常に面白いチームになる気配がありますね。
岡山は今節負けたとは言え、正直札幌がよく勝てたなぁ…と思うこと多数なチームだったので、何となくですが選手の補強や入れ替わりが上手く行って方針がぶれなければ2年以内に昇格争いできるようになるんじゃないでしょうか。

岡山だけではアレですので、札幌の話をw

今節は芳賀選手アンカーと言うことでしたが、岡山対策らしいので次節以降採用される訳でもなさそうです。
ただ芳賀選手をアンカーに置くのは意外と攻守に於いてバランスが良いので、攻撃的なMFのどちらかとワイドの選手が都度フォローに入ればそんなに悪い方法ではないのかなとも思うわけで。
ただしコレは芳賀選手個人の能力に負うところが大きな布陣でもあり、そこを突き詰めていくと芳賀選手抜きに今の札幌は成り立たないという事の裏返しとなりますね。
コレを再認識したのが岡山戦後に某焼き鳥屋で戦術ボードを使って他愛も無い話をしていた時のこと。
この監督ならこういう感じで選手使うだろうという妄想布陣(所謂ウイイレ厨妄想)を数人で作って遊んでいたのですが、どの監督が来ても絶対に使う選手筆頭に芳賀選手が出てきました。
まあ絶対に外さないだろうね、と言うことで。
既に札幌の心臓部であり、実際に今芳賀選手の代わりに守備面でバランサーになりえる選手は居ないのかなと思うわけです。
(同様に左SBの岩沼選手に何かが起こった場合、代わりの選手が居ないと言うのも問題かなとも思う)
怪我人が多いのも勘定に入れなければならないですが、少なくとも一番層の厚いMFが攻撃偏重なのも考え物なのかなと。
本来は河合選手をアンカー的に起用できれば良いのですけどね…
そうするにはDFの人手不足を解消しなければならないのですが、うちのチアゴ選手はとうとうFW登録になってしまったし…
山下選手が相当安定して仕事が出来るようになったのが救いですけど、日高選手と西村選手が復帰してもサイドの選手ですから残ってるのは櫛引選手と2種登録の奈良選手しか居ません。
櫛引選手が強烈に伸びてくれれば或いは…と言うところでしょうか。

さて次節は大分での九州隔週往復3連戦の3試合目です。
同時にお隣の国に呼ばれて、恐らくサテライトチームとユースっ子が大田シチズンと国際親善試合をします。
大分戦の方は勿論勝利を願っておりますが、大田シチズン戦の方は相手が相手なので怪我無く無事に帰国してくれれば良いと思っています…

あ、とうとう札幌ユース出身選手が初めてA代表入りしましたね。
西大伍選手、前半だけでしたが初選出初出場初先発初途中交代の初尽くしおめでとうございます。
(最後のはめでたくないか)
何とか札幌ドームの試合までに代表に定着して凱旋して貰いたい物です。
妹の桜子ちゃんも大喜びでしょう。
出来れば札幌ドームで代表初ゴールぐらいまでぶちかまして欲しいと思っています。
最近の風潮で言えば彼はきっと「持っている」選手ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »