« 高山さんはもっとシャウトした方がいい | トップページ | Lチキ1年分はどの様に貰うのか »

2011年5月23日 (月)

結果だけ見て

何だかんだと録画した試合を観る時間が無く、試合に関しての感想はやめておきます。

ここまで観て来て、やはり致命的なのが得点数が少ないこと。
守備に関しては失点した時こそ完全に崩されたりしていますが、緒戦の愛媛戦を除いて全て0-1での負けです。
何もさせて貰えなかったと言う酷い試合でも愛媛戦を除いて失点は1点なんですね。
概ね被シュートは決定的なものが少なく、決定的なところはホスン選手が頑張ってくれているので守備に関してはそれ程破綻していないか踏ん張れるのかなと言う印象が強いです。
安定には程遠いのですけど、最後で身体を張ったりして何とか凌いでると言う感じです。
問題は攻撃の方で、やはりシュート数が圧倒的に少ないのは問題です。
いや、点を獲れているのであればそれほど問題はないのですけど、まだ総得点が3点しかない状況ではそんな事は口が裂けても言えません。
何でシュート数が少ないのか?
シュートにもって行く前にミス(技術的なもの以外に判断ミスも含む)をしたり、相手が上手く撃たせない様な守備をしたりと言うのが原因ではないかと。
後者は相手に主導権があるので仕方が無いにしても、前者は自分達に主導権がある中での事なのでここを直せばシュート数、ひいてはゴール数もグッ!と上がるのかなと。
ここでのミスが全てに於いて後手に回るプレーに繋がるわけです。ミスが怖くて押し上げられないと中盤はスカスカでボールも拾えないし、攻めに転じようとしても人がいなくてプレーの幅が狭くなってしまう。
当然トップにボールを当てて拾って展開などと言う事は実現できようはずもありません。
こう言ったミスを少なくするには技術面での修正は難しいかも知れませんが、意識と言うところでゴールに向かう明確な意図のあるプレーイメージを複数人で共有できるようになれば減らせるのかなと感じます。
「スペースで貰いたいと思っている選手に足元で受けるボールを出す」「リターンしたいのに相手が止まっちゃった」とか、そういったことが少なくなるのかなと。現状ではまだそこまでの精度はないようですが、そこが上手く行く様になれば全て上手く回っていくような気がします。イメージが嵌った時の攻撃は素晴らしいんですから。
ゴールにボールを運ぶための手段の一つがパスなわけですが、今のチームを観ているとパスに拘るあまり選手たちの思考が硬直化しているような印象も受けます。その昔岡田監督が言っていた事が被りますね。

最初の話に戻りますが、現状で得点が3点、失点が5点、2勝4敗1引き分け、勝ち点7です。
1試合あたりの失点数は1点を下回っているわけです。これは決して悪い成績ではありません。
仮定に意味は無いのですが、ここまで1試合1得点取っているとしたら成績は3勝1敗3引き分け、勝ち点12となります。
最低でも1点入れることで記録上の成績は10位前後の勝ち点になっている訳で、つまりどんな形でも良いから得点を取れば負けは1敗と少なくなり勝ち点は5増える計算です。
(勿論試合内容によっては1点入れた所為で相手に火をつけてしまう事もあります。この内容はあくまで記録上での話です)
そう考えると、実はそれ程悪くないような気がしてきます。
実際は負けが既に4ですから今期の昇格を望むのならば後が無い状況なのですけどね。
とりあえず次の厚別開幕では点を取って勝つことを願います。

|

« 高山さんはもっとシャウトした方がいい | トップページ | Lチキ1年分はどの様に貰うのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/51744395

この記事へのトラックバック一覧です: 結果だけ見て:

« 高山さんはもっとシャウトした方がいい | トップページ | Lチキ1年分はどの様に貰うのか »