« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月23日 (月)

結果だけ見て

何だかんだと録画した試合を観る時間が無く、試合に関しての感想はやめておきます。

ここまで観て来て、やはり致命的なのが得点数が少ないこと。
守備に関しては失点した時こそ完全に崩されたりしていますが、緒戦の愛媛戦を除いて全て0-1での負けです。
何もさせて貰えなかったと言う酷い試合でも愛媛戦を除いて失点は1点なんですね。
概ね被シュートは決定的なものが少なく、決定的なところはホスン選手が頑張ってくれているので守備に関してはそれ程破綻していないか踏ん張れるのかなと言う印象が強いです。
安定には程遠いのですけど、最後で身体を張ったりして何とか凌いでると言う感じです。
問題は攻撃の方で、やはりシュート数が圧倒的に少ないのは問題です。
いや、点を獲れているのであればそれほど問題はないのですけど、まだ総得点が3点しかない状況ではそんな事は口が裂けても言えません。
何でシュート数が少ないのか?
シュートにもって行く前にミス(技術的なもの以外に判断ミスも含む)をしたり、相手が上手く撃たせない様な守備をしたりと言うのが原因ではないかと。
後者は相手に主導権があるので仕方が無いにしても、前者は自分達に主導権がある中での事なのでここを直せばシュート数、ひいてはゴール数もグッ!と上がるのかなと。
ここでのミスが全てに於いて後手に回るプレーに繋がるわけです。ミスが怖くて押し上げられないと中盤はスカスカでボールも拾えないし、攻めに転じようとしても人がいなくてプレーの幅が狭くなってしまう。
当然トップにボールを当てて拾って展開などと言う事は実現できようはずもありません。
こう言ったミスを少なくするには技術面での修正は難しいかも知れませんが、意識と言うところでゴールに向かう明確な意図のあるプレーイメージを複数人で共有できるようになれば減らせるのかなと感じます。
「スペースで貰いたいと思っている選手に足元で受けるボールを出す」「リターンしたいのに相手が止まっちゃった」とか、そういったことが少なくなるのかなと。現状ではまだそこまでの精度はないようですが、そこが上手く行く様になれば全て上手く回っていくような気がします。イメージが嵌った時の攻撃は素晴らしいんですから。
ゴールにボールを運ぶための手段の一つがパスなわけですが、今のチームを観ているとパスに拘るあまり選手たちの思考が硬直化しているような印象も受けます。その昔岡田監督が言っていた事が被りますね。

最初の話に戻りますが、現状で得点が3点、失点が5点、2勝4敗1引き分け、勝ち点7です。
1試合あたりの失点数は1点を下回っているわけです。これは決して悪い成績ではありません。
仮定に意味は無いのですが、ここまで1試合1得点取っているとしたら成績は3勝1敗3引き分け、勝ち点12となります。
最低でも1点入れることで記録上の成績は10位前後の勝ち点になっている訳で、つまりどんな形でも良いから得点を取れば負けは1敗と少なくなり勝ち点は5増える計算です。
(勿論試合内容によっては1点入れた所為で相手に火をつけてしまう事もあります。この内容はあくまで記録上での話です)
そう考えると、実はそれ程悪くないような気がしてきます。
実際は負けが既に4ですから今期の昇格を望むのならば後が無い状況なのですけどね。
とりあえず次の厚別開幕では点を取って勝つことを願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月17日 (火)

高山さんはもっとシャウトした方がいい

さて、今期初の2得点で漸くチームの得点が最下位から脱出できました。
と言っても総得点3点が3チームありまして、単独最下位ではなくてブービー争いしてるだけなんですけど。
しかしFC東京も3得点ですか。厳しいですねぇ…

今節終了時の得点を見ると、やはり首位争いしている千葉と栃木が抜けてますね。
まあ一般的に千葉は予想していた方も居るでしょうが、栃木が今の順位に居る事を予想できた人は少なかったと思います。
栃木は確かに戦力的に抜けている訳ではないのですが、なんと言うか、絶対的なエースがいると言うのは心強いものなんだなと思う次第。
今節は負けてますが、ロボ選手の存在は相当大きいと思われます。
あと気になるのは熊本でしょうか。
前節酷い試合を見せられてしまった熊本ですが、やはりと言うかここまで4得点しかとっていません。それで5位につけています。
高木監督は今まで指揮を執ってきたチームを観る限り、基本的に堅守速攻を旨としている監督です。現在甲府の監督をしている三浦監督がコンサの指揮を執っていたシーズンの事を思い出せば判りますが、このタイプのチームは相手がボールを保持している時は常にミスを狙って、若しくは誘発するように狡猾なチームプレーをやってきます。
その代わり自分達から積極的に仕掛けるのは苦手としているので、前節もコンサが受身になっていれば違った結果になった可能性があります。
実際に今節の試合は熊本にやられた事を鳥取に仕掛けた様なものでしたから。鳥取にしてみればエライ迷惑な事ですけどね。

今節は色々報道がありましたが結局スタメンは前節と変わらず。宮澤選手をトップで使うのはやめたようです。
と言うのも、今節に関しては三上選手がキレキレ(は言い過ぎですが)だったので入れる必要がなかったのだと思われます。
流石に前節で余りにも酷い試合をしてしまった反省があったのでしょうか、序盤はかなりハイペースで仕掛けていました。
その結果が開始6分と言う早い時間で決まった先制点に繋がります。
あの得点に関しては相手GKの井上選手(懐かしのいのっち)の判断ミスが7割くらい、逆に言うと井上選手のアシストのようなものですが、飛び出すタイミングとそれを感じ取った古田選手のパスが絶妙で、角度のないところから流し込んだ三上選手の落ち着きも褒めるべきでしょう。
本来であればGKはあの状況で前に出てはいけないのですが、出てしまった以上は後のことを考えずに突進するべきでした。突っ込んでいれば、いつもにのうちの選手達ならば焦って枠外に蹴った可能性が高いですし。逆に遅らせようとした為に却って三上選手が落ち着いて流し込む余地が出来てしまったのかと。
まあその後はどちらかと言うと鳥取ペースになっていた様に見えました。
ただ専門家の意見やお互いの監督の会見内容を見る限り、どうやら鳥取は「ボールを持たされていた」らしいです。
つまり前節熊本にやられた事を、今節はコンサが鳥取に仕掛けたわけです。
それを意図的に行っていたのであれば大したものなのですが…
後、それ程怖くはないものの割とこちらの右サイドを使われるケースが多かったですね。日高選手がまだ本来のパフォーマンスになっていない事と古田選手が相変わらず浮いてしまって連携が上手くいっていないような感じでした。
また相手の攻撃のキーマンである美尾選手がサイドで起用されており、前目のポジションを取りがちなこちらの右サイドのギャップを利用して比較的自由にボールを動かしていました。
ただサイドの美尾選手と言うのはそれ程迫力がなく、確かに殆どフリーでクロスを上げられたりしていましたが、それ位しかなかったことを考えるとまあまあ上手く守ってたのかなと。
守りといえば河合選手がラインの後ろに残ってしまうため、余りオフサイドを取るという事が出来てませんね。
また身体の置き方が所謂ボランチの置き方なので、どうしてもギリギリの守備の際に甘さが出てしまうのは仕方がないという所でしょうか。
ここは山下選手と櫛引選手の台頭に期待するしかないですね。

あと攻撃ですが、やはり「高い位置でボールを奪って、場合によってはサイドを利用してハーフカウンター」と言うのが正解なのではないかと。
2点目が正にそのパターンでした。
中盤で奪ったボールを前線の純平選手がサイドにはたいて、オーバーラップしてきた日高選手に収まってクロスを入れ、そこにFWと2列目3列目の選手が飛び込んできてシュート。
あの時は確かニアに古田選手(純平選手だったかも)ファーに三上選手が走りこんでおり、他にもPA付近に2人選手がいました。
中央⇒サイド⇒中央へクロス、はやはり王道と言うことでしょう。
あと左サイドの砂川選手のアーリー気味のクロスに古田選手が飛び込んで放ったヘディングシュートなどもこのパターンかなと。あれはどちらかと言うとただのサイド攻撃になるのかもしれませんが。
因みに鹿島とか柏とか他にも沢山ありますが、強いチームって殆どハーフカウンター、ショートカウンターが主戦法なんですよね。
そう考えると基本はハイプレッシングからの速攻と言う方向を極めていった方が良いのではないかと愚考する次第です。

なんにせよ勝てて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

我思う

ってタイトルでセコセコ打ち込んでたら火狐がクラッシュして全て消えてしまったんです><

やる気失せた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

ゴミ箱行き

思い出したくない試合です。
1シーズンで最低の試合を2試合も観るとは思いませんでした。

一部では監督解任を叫んでいる人が多いのですが、代替案無き解任論はただの無責任なその場だけの発言にしかなりません。
目の前の成績だけに目を奪われて「あいつは駄目だ」と感情面で切り捨てるのは仕方が無いと思います。そりゃファン・サポーターですからそんな感情に行ってしまうのは仕方がありません。

一部のサポの方が「じゃあ代わりの監督は誰がいいのよ?」と言う質問に「それはクラブの強化担当が考える事だ」と答えていました。
確かにこちらには権限も何も無いのだから間違いではありませんが、それじゃ発言として無責任すぎるでしょう。ただの野次であり雑音でしかありません。
せめて現実としてどのあたりの監督に来てもらえるといいなぁ、とか建設的な方向の意見はあると思うんですけど。
あと、監督が変わったらチームが良い方向に変わることを保証できるのでしょうか?

これは今の日本の政治関連の動きが妙に符合するのですが、「あの首相じゃ駄目だ」「あの政党じゃ駄目だ」と文句を言って代わった政権がまともになったかと言うと、現状を見てもらえばわかるとおりです。
まあこれは例えが若干違うのかも知れませんが…

それと、仮に監督が代わったとして私にはどうしても今の選手達では劇的に変化が出るとは思えません。
試合によってムラがありすぎるのと、今日で言えばチアゴ選手投入後の動きを見てみれば選手にも原因があるのは明らかだからです。
最後の方でチアゴ選手へロングボールを入れて、落としたボールを岡本選手がシュートまで持っていくシーンがありました。
本来ならばこのようにチアゴ選手が入った時点から中盤を省略し、放り込んで落としたボールを何とかするパワープレーに持ち込むべきだったのですが、どうも熊本がボールを持たせてくれる状況だっただけにしっかり崩そうという「欲」が出てしまったのかも知れません。
バイタルエリアはしっかりふさがれており両サイドへの侵入も出来ず、相手の前でボールを持っているだけの状況でしたからポゼッションという程の内容ではなく、前記の様に「持たされている」だけでしたが。
そういう内容を加味すると、結局のところ今回のチアゴ選手の投入は正解だったのかなとも思うわけで、それを使う事の出来ない選手達が監督が代わったくらいで劇的に代わるのかなと疑問に思うわけです。

ウチの場合、シーズン途中で監督が代わって成功した例がないのですから尚更です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

そりゃそうだよね

今日の新聞記事によると、日高選手が戻ってきたら(肉離れっぽくて調子が悪いのもあり)アンドレジーニョ選手が弾かれました。
まあちょっとフィットしてないというか、点を取るタイプの選手じゃないような感じがします。
ストロングポイントが何か未だに不明ですし。
今期に限って言えば、チアゴ選手をFW登録した方がまだ相手に圧力を与えられるのかも知れません。
愛媛戦で散々酷評した時と違い、あの幻の得点に見られるようにこっちの方がファットフィットしてしまいました。

試合は前節と同じメンバーで始まりましたが、三上選手が上手くボールを納められないのは仕方がないにしても(そもそもポストプレイヤーでないはずですし急激に上手くなったらそれはそれで怖い)、アンドレジーニョ選手がまだ距離感をつかめていないのか三上選手の孤立するケースが多く見られました。
ただし三上選手に上手くボールが収まった時はいい攻撃に繋がっていました。
あと以前はあまり良く見えなかった近藤選手の左ワイドですが、攻撃面に関しては段々といい武器になっている印象です。ガタイのおかげで判り辛いですが守備の方は軽いところもあるので、そこを上手くカバーできれば化ける可能性ありかも?と感じました。
守備全体では大きく破綻した部分は見当たりませんでしたが、1回だけバーに助けられたシーンだけは反省すべきかと。
あ、そう言えばここ2戦と違い山下選手がちょっと安定していませんでしたね。

今節嬉しかったのは勝ったのもそうですが、岡本選手の復帰でしょうか。
独特のリズムのドリブルとパスを得意とするテクニック系の選手なので、砂川選手、古田選手、純平選手等と絡むと非常に面白い攻撃になります。
今節もPA付近でショートパスの交換しながら何度かチャンスを演出していましたので、数年前から言ってますが彼が安定して仕事を出来るようになればこのチームは変わると思われます。

さて次の試合は明日ですね。
熊本さんは余り得意な相手ではありませんが、自信を持って戦ってきて欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 2日 (月)

身体が弱いのは生まれつきです

また体調を崩しております。
その為先日のFC東京戦については簡単に。

2連敗しかも開幕2試合得点無しという未曾有の事態で迎えた、今期のJ2最強チームと謳われるFC東京との試合。
大方の予想ではFC東京有利となっておりました。ただ運が良いと言うと不謹慎なのですが、米本選手が前節の怪我で出場できないため若干戦力低下してくれたのはコチラからしてみると非常にありがたいことでした。
全般的に見た試合展開は凡そ7:3で東京が有利と言ったところだったかと。
特に前半はほぼ攻められっ放しで、たまにカウンターからチャンスを作るもののゴール前まで行ってミスが出るとか微妙に精度が狂ってるとかで点は奪えず。
でも後半などは砂川選手投入後から相当惜しいシーンを連発してましたので、多分残りの課題はフィニッシュとそれに繋がるプレーの精度なのでしょう。

守備はホスン選手の頑張りと、バイタルエリアは2人のセントラルとCBが上手く対応して、東京のFWの調子が悪かった事もあり得点機をほぼ与えませんでした。
荒さが目立つものの、河合選手と芳賀選手が危険なポイントを察知してくれるので他の選手も大変助かっている様子。やはり守備の要はこの2人になるのでしょうか。
なにしろ肝心のチアゴ選手はFW(ゲフンゲフン
そう言えば北九州の長野選手も今節はFW登録でしたね。

ざっと観た印象ですが、やはりブルーノ選手と日高選手の完全復帰待ちなのかなと。
ブルーノ選手がゲームのコントロールを出来るような形にしないと、現状ではアンドレジーニョ選手も宝の持ち腐れになってるような気がします。
そして日高選手がサイドに入って純平選手がもっと前の方でボールに絡めれば、前線の動きももっと流動的になって面白くなるでしょう。昨年の状況を見る限り。

そう言えば東京は上里選手を使いませんでしたね。
正直言うと上里選手が出なくて良かったと思ってます。今節に関して言えばミドル/ロングシュートを撃たれる事態が一番怖かったので。

さて次節は5月4日。
子供達やお姉さま方、一部の大きいお友達にも大人気な札幌が誇るマスコット、ドーレくんさん≫・v・≪m"☆ の誕生日と言う事でイベントが目白押しです。
フードパークも開かれると言う事で、いつもは某携帯電話会社ショップの前で出展しているほっと12さんもドーム(の広場)に乗り入れるとの事。
また私が個人的に好きなタージマハール(なますてー)も出店するとの事で、今からなnを食べようか悩んでおります。

一つ残念なのは、草津温泉マスコットのゆもみちゃんが来ない事で…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »