« くっそ募金くっそ | トップページ | 身体が弱いのは生まれつきです »

2011年4月24日 (日)

再開した晩の解散は早かった

昨晩は狸5HUG内のいつもの焼き鳥屋さんでしたが、22時過ぎには建物内の客は全て退散しており、開いているのは焼き鳥屋さんのみ(客は私含め4名)と言う異常な光景を目の当たりにしました。
そうそう、いつも来る常連さんも皆さん早い撤収でしたよ。
来なかった人もおりましたし。

さて、昨日漸くJリーグが再開となりました。
震災で大きな被害を受けた水戸、仙台、鹿島が勝って……あれ?鹿島は負けてるのか……

当然真剣勝負ですからこう言った事もありますね。

この1ヵ月半の間、各クラブはチャリティーマッチを謳って近郊のJクラブや地域リーグ・JFLチームなどと練習試合を繰り返してきました。
しかし地理的に同レベルのチームが近くにいないコンサだけは、下部組織のU-18や札幌近郊の大学チームとの練習試合を行うのが関の山。
まあU-18に関して言えば全国レベルでも強豪チームといって構わない陣容と戦績ですので、練習相手になって貰ってもそこそこいい線行ってると思いますが…
(実際U-18とのチャリティーマッチはトップのほうがアレだったようですし)
これでどの程度他チームの進化に遅れを取らずに行けるか、と言うところがとても心配でした。ましてや開幕戦は『あの体たらく』ですから。

そして昨日のHOME開幕戦。
不安と期待と運動不足でドームに着いた私の心臓はハイテンションです。
(動悸とも言う)
気持ちは昂ぶっていましたが、ドームに入ってからちょっと心配に。
HOME開幕戦だと言うのに、キックオフ1時間前のドーム内はいつもの開幕戦の雰囲気ではありません。明らかに人の数が足りない。
例年であれば各店の前には行列が連なり通路も人であふれてまっすぐ歩けない筈ですが、昨日はそうでもなかった。
実際に入場者数は12,000人を下回っていました。

試合については愛媛戦と比較してかなり良くなっていました。
特に前半は左のワイドにコンバートされた近藤選手が持ち味を生かした突破を試みて、上手く相手右サイドのスペースを使っているような感じでした。
また前線に入った三上選手も、アンドレジーニョ選手と前後に入れ替わるような動きをすることで上手くボールを引き出したりしていましたし、古田選手のゴール前への進入する動きなどは非常に面白く観られました。
守備面では山下選手に安定感があって、上手く馴染んでいるようでした。

ただ素人目に見ても色々課題点が多く、攻撃に関してはシュートを打てていない事とビハインドになった時の意思統一、簡単に言うと上手くリセットできない事、それと一番肝心な『どうやって点を獲りに行くのか』と言う部分が見えないのが問題だと感じました。
これは相手をどの様に崩すのか、ショートパスの交換で浸透するのか、ロングボールを相手の裏に通して走らせるのか等と言った具体的な方法です。この部分がどうも曖昧になっているような気がして、それがビハインド時の意思統一が出来ていないように見える原因なのではなかろうかと。「まずコレをやろう」と言うものが今のチームにあるのか、心配になります。
あとアンドレジーニョ選手の持ち味がなんなのかイマイチ判らなかったのと、近藤選手のタスクがちょっと多すぎかなと感じました。近藤選手はもっとシンプルに、足元にボールが入ったら反転してゴールに突進する方が良いのかなと。
守備面ではDFラインでボールをまわしたとき、河合選手が上手くボールを配給しようとして長くキープしている所を狙われていた様に見えました。
それと高木純平選手は何となく窮屈そうにプレーしているようでした。他に方法が無いとは言え、やはり高木純平選手は前目で起用してなんぼの選手なのだなと。当初は確かにSBの補強で契約した選手でしたが、あの位置は高木純平選手の長所が殆ど活きないので非常にもったいない起用法だと思います。
またコレに関連して、両サイドからの配給が近くへのショートパスが殆どで、大きくサイドチェンジしたり相手を揺さぶるような動きが少なかった辺りも考えるべき事なのかも知れません。
それと相手の中心選手、今節で言うとアジエル選手に対してのプレッシャーが弱くて簡単に前向きでボールを持たせていました。
特に後半はそれが顕著で、中盤の問題と言うよりも全体的に運動量が落ちていた時間帯が非常に多かった事が原因だと。実際に運動量の多かった前半は問題にならなかったのですから。
選手交代の判断がちょっと遅かった気がしてなりません。
湘南の攻撃は殆どアジエル選手を経由するものでしたから、ここを潰せばピンチは劇的に減ったものと想像します。
まあ決定的なピンチは2~3回しかなくて、シュートの大半はミドルの枠外でしたが……

失点シーンの原因に関しては宮澤選手のセルフジャッジという見方が多いと思いますが、それ以前から狙われていた感じはありましたし、寧ろあの状況ではセルフジャッジでプレーを止めていなかった場合でも大勢に影響はなかったのではないでしょうか。
原因と言う事ではそれ以前にもっと前にボールを出せなかったのかとか、クロスが上がった時のファーサイドの守備は何してたとか、色々思うところはあります。
結局はボールを奪われた時点で摘んでいたという事ですが、それを全て宮澤選手個人の責任にするのは難しい状況かなと。
あれはボールを奪った湘南の選手を褒めるべきシーンだと思います。

負け試合ということでかなり厳しい内容になってしまいました。
コンサのゲーム内容が良くなるには、各個人が伸びない限りは確実に日高選手の復帰待ちになるのかなと感じます。
あるいはブルーノ選手が完全にフィットするまでか。
今週末はFC東京戦で、湘南よりも確実に実力が上のチームの本拠地に乗り込んでのAWAY戦です。
相当厳しいゲームになりますが、最悪でも点を獲って帰ってきて欲しい。

今期はまだ無得点ですので。

|

« くっそ募金くっそ | トップページ | 身体が弱いのは生まれつきです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/51480203

この記事へのトラックバック一覧です: 再開した晩の解散は早かった:

« くっそ募金くっそ | トップページ | 身体が弱いのは生まれつきです »