« 正気ですか? | トップページ | 再開した晩の解散は早かった »

2011年3月20日 (日)

くっそ募金くっそ

もう昨日になるのですが、大通りと札幌駅を結ぶ地下通路の広場でコンサドーレトップ、スタッフ、ユース、コンサドールズ、そしてエスポラーダとノルディーアの選手が合同で募金活動を行いました。
行きたかったけど仕事でその時間帯は石狩新港を走っているような状況で…

くっそ募金クッソ

ってのは、コンサ成分が足りなくなってきた心の叫びです。

さてプロ野球セ・リーグですが、結局29日に延期するようです。
そりゃまぁ、大臣から苦言を呈され、世論は概ね「開催反対・限定的開催なら妥協」に傾いていましたし(日テレの世論調査だけ賛成65%だったと言う話ですが…)、被災地に勇気を与えるとか大義名分として使うには昨年の視聴率を鑑みれば影響力は微々たる物でしょう。地方での視聴率はパ・リーグの方が…ですので。
最早彼らの大義名分に使用しているイメージは過去のものだと考えた方がいい。
寧ろ今回に限っては、周辺協力企業の収益の低下の方が深刻で開催せざるを得ない、とした方が共感は得られたかも知れません。
まあ計画停電で関連企業もどのくらい稼動できるか判断できませんが。

どちらにせよ29日じゃまだ沈静化はしていないでしょうね。

東京消防のハイパーレスキューが出動してくれた結果、原発の方は何とか崖っぷちに留まったようです。
昨日中に1号炉と2号炉に電源の接続が出来たらしいので、後はモーターやポンプが上手く作動して冷却系の循環が始められるかどうか。
設備が酷くやられているので期待は薄いですが、それでも電源が来たと言うのは非常に大きな影響(良い方)が出ると思われます。何しろその電源が無い所為でここまで悪化したんですから。
結局は自民時代か考えられていた炉や周辺設備の旧式化を解決できなかった事、それが大きく響いたと言われてます。数年前から検討されていたようですが、原発反対派や地域住民の感情を考慮して見送られてしまったそうで。可能性の問題ですが、その時に更新されていたら今回ほど酷い事態にならなかったかも知れません。
実際設備が比較的新しかった事もあるのか、震源に近く被害が大きい筈の女川原発は地震直後にスクラムし、津波に洗われましたが冷却系などに被害はありませんでした。現在も無事に冷却系が動いているようです。
あと幸いと言うか、福島第2の4基の方は現在は安定しているようですね。

現在放出されている放射性物質は専門家の話では基本的に半減期が数えるくらい短いものだそうで、体内に入っても最悪90日程度で排出されるらしいと言う話ですが、真偽はわかりません。私も専門化ではないのでネットでかじった程度の知識しかありませんし。
どちらにせよ資源の無い日本で電力の安定供給を達成するには、何か新しい方法が実用化されて行き渡るまで原子力に頼るしかありません。
恐らく国民の大半が生活レベルを下げたくないはずですから、安全性の問題はさておき、もっと原子力と言うものについて基礎教育を行わなければならないのではないかと思う次第です。
正しい教育(啓蒙)がデマの発生を防ぎます。
たとえマスメディアが煽ろうと、正しい教育を受けていれば真偽を見極めやすいはずです。
コレは原子力に限らず、日本に大きく欠けている危機管理の教育(啓蒙)を含め、今回の災害から学ぶべき事項の一つではないかと。

なんにせよ、早く被災地のライフラインが回復することを願います。

|

« 正気ですか? | トップページ | 再開した晩の解散は早かった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/51165733

この記事へのトラックバック一覧です: くっそ募金くっそ:

« 正気ですか? | トップページ | 再開した晩の解散は早かった »