« まあ大変な感じです | トップページ | 5年連続 »

2011年2月19日 (土)

恥ずかしい事に

コンサの話題ではありません。

最近初めて知ったサイトがあります。

個人のホームページなので具体名は出しませんが、私の趣味の一つである歴史・戦史絡みの場所です。
2003年頃から少しずつコンテンツが増えている、具体的には沖縄戦を扱っているサイトなのですが、文献を見るだけではなく実際に現地に行ってその場所を踏破したり、資料に残る過去の写真と現在の地形などを比較していたり、現在の地図も多用して具体的にどの様な動きで沖縄戦が行われたのか、非常に客観的に書かれています。
所謂反戦系ではなく、かと言って軍オタ系でもない。
あの地で起こった事を各方面の資料からの引用と先に挙げた実際の写真、白地図とそこに描かれた配置図や行動図で解説し、純粋に歴史の再現をされているような感じでした。
参考資料などがしっかりしている上に非常に細かいディテール、そして同じ事象を敵味方両方からの視点で引用して解説されているので偏りが少なく、まとめ資料的な価値は高いと思われます。

製作されているご本人は戦争を美化しているわけではなく、寧ろ痛ましく、苦しく思っているようです。
現地に足を運び、その場所にて散ってしまった、今は眠っているであろう数多の命に思いを馳せ、鎮魂の気持ちを持って丁寧に資料を纏めている様に感じました。

沖縄戦は、昭和20年3月26日の慶良間列島の戦闘から始まりました。
沖縄本島での戦闘は4月1日から。
それから2ヶ月にも及ぶ悲惨な戦闘で、軍民問わず多数…と言うには余りにも多すぎる犠牲者が出ました。
色々な立場の人間がいて、色々な事情があり、一概に纏めてしまうのは難しい歴史の一滴です。

最近になってまた普天間基地の移転問題が再燃しています。
私のように北の大地に住んでいる身にとって米軍基地は映像の向こうの存在であり、決してリアルな存在ではありません。
だから簡単に言ってしまう事はできませんが、日本を守るために散り、そしてその巻き添えとなって散華した人達の魂が眠るであろう場所をどう扱うべきなのか。
我々国民はしっかり見つめなおす時期に来ているのかも知れません。

|

« まあ大変な感じです | トップページ | 5年連続 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/50908962

この記事へのトラックバック一覧です: 恥ずかしい事に:

« まあ大変な感じです | トップページ | 5年連続 »