« 酔って乗り過ごす | トップページ | まあ大変な感じです »

2011年1月11日 (火)

スポーツ中継

日テレの資料読み&感動の押し売りは辟易してるRaoUです。
ハーフタイムはハーフタイムらしく解説者(それが例え武田氏であっても)による前半の総括と分析、後半の展望などをしっかりとやって欲しい。
特に学生主体の大会は途中途中での感動エピソードや、選手単体にクローズアップした映像が非常に多く、「お前らこんなので感動できるんだろ?」的なお約束の内容が多くて……
その点はNHKの高校野球(これも大概なのですが)の方が余程万人に不満が出ない放送を心がけてると感じます。
過疎ブログなんで言ってしまいますが、正直日テレはスポーツ中継を巨人戦だけにしてください。不愉快です。
まだテレ朝の方がマシです。

少々前置きが過激でしたが、高校サッカー選手権。
壮絶な試合と言うか、あれだけ優位に試合を進めていた滝川第二が1点取られてから動きが悪くなっていく様子は、やはり高校サッカーだなと思ったりします。それでも捻じ伏せてしまう所は流石だなと思いましたが。
久御山のドリブルとショートパスで突破を図るスタイルは、前半こそ滝二のプレッシャーに通用していませんでしたが、それこそ馬鹿の一つ覚えのように愚直とも言える中央突破を繰り返す事で滝二の守備に一瞬のギャップが出来てしまい、それが後半の得点に繋がっていました。ただどうしても前半の守り疲れ・後半の攻め疲れが出てしまうので、守備と攻撃の切り替えが遅くなってましたが。
それでもスタイルを変えずに攻め続け1点差まで詰め寄りましたが、DFの一瞬の隙を突いた滝二の得点により万事休す。
両校とも自分達のスタイルでぶつかり合い、今回はフィジカル的に勝っていた、そして絶対的なエースが存在していた滝川第二が初優勝。
以外ですけど初優勝だったんですね。大会の常連なので優勝経験あるかと思っていました。

それよりも、試合後に両校の選手が一緒になって笑顔ではしゃいでいたと聞いて、少し感動してしまいました。

スポーツ等では特に、本当の感動ってのは自然に生まれるものであって、決してメディアによる演出が生み出すものじゃないのではないかと。高校サッカーの決勝戦を見て、そしてtwitterなどで伝えられる現地情報などを見て、改めて感じた次第です。

|

« 酔って乗り過ごす | トップページ | まあ大変な感じです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/50553137

この記事へのトラックバック一覧です: スポーツ中継:

« 酔って乗り過ごす | トップページ | まあ大変な感じです »