« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月31日 (金)

来期の背番号はどうなるのか?

あと2週間もすれば判りますけど、これを考えて楽しむのもサポの特権ですね(謎)

粗方2011年の選手が固まりました。
と言う事で、妄想的背番号予想をやってみたい。
勿論、相当適当ですので真に受けないようにw

1番 …多分 高木貴弘選手ではないかと。たかはら選手にしたいのですが、イメージ的に1番じゃないような気がします。
2番 …多分 日高選手。サイドバックですし。
3番 …岩沼選手?なんとなく違う気もしますが。
4番 …山下選手と予想。
5番 …ここか4番がチアゴ選手かなぁ?
6番 …河合選手でしょう。
7番 …個人的に古田選手を推したい。ブルーノ選手がこの辺り?
8番 …俺達の砂川誠です。
9番 …おー中山(ウッ!ウッ!)中山隊長ですね。
10番…宮澤選手が引き続き。
11番…近藤選手。
12。。。サポーターですね
13番…恐らく砂川選手が戻ったんで内村選手が引き続きでしょうか。
14番…意地でも空けられる予感(ダニルソン選手枠)。
15番…上原選手辺りがきそうな予感。違う場合はブルーノ選手辺り。
16番…高木純平選手がこの辺りかなと。
17番…岡本選手でしょうか。
18番…芳賀選手でいいと思います。18番は最重要番号ですし。
19番…キリノ選手の去就次第で横野選手?
20番…去就次第では別の選手ですが今のところは上里選手で。出て行くようなら古田選手で。
21番…たかはら選手で。
22番…空ける必要が無い為、三上選手を推したい所。
23番…曳地選手かな?
24番…イ・ホスン選手辺り。
25番…櫛引選手で。

選手数が大幅に圧縮され、後ろの番号の選手は空いた番号に強制移動になりますので、岩沼選手、横野選手、上原選手、曳地選手、高木純平選手、三上選手は確実に小さい番号へ移動かと。もしかしたら横野選手は24のままで行くかも知れませんね。
ダニルソン選手の枠を採らなければ高木純平選手が14番かなぁ。

と言いますか、酷いですねw この予想。
ぜってー当たってねぇってwww
と言われそうですね。はい。

仕方が無いさ、やっつけだもん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月30日 (木)

駆け込み乗車は危険です

本日は仕事納め。
よって、立て続けに発表がありました。

まずは鳥栖から日高選手が加入。
そして嘗て京都で活躍したチアゴ選手が加入。
話題になっていた韓国の李選手が加入。
こちらも獲得が噂されていたMFのブルーノ選手。
そして高木純平選手の完全移籍が正式発表されました。

チアゴ選手と日高選手は寝耳に水状態ですが、両人とも実績は申し分なく、厳しい中でも何得できる補強だったのかなと。
とりあえず小耳に挟んだ情報ですと、今オフのこの悲惨な状態の原因は契約満了になった選手本人にも多少の問題があったらしいとの話を聞きました。
この辺りが不幸にも後ろの選手に集中してしまったと言う話です。
勿論チーム側にもかなり問題がある(実際問題、影響力の高い人がいると言うのは創業期以外では害悪になる可能性が高い)のですが、一方的にチームが批判される類のものともいえないのかなと考えさせられます。
当初の契約満了選手の名前に伝え聞いた話を統合すると、企業として間違った判断をしていた訳では無かったと思います。寧ろクラブの正常化、安定化へ進む方向だったように感じました。また各選手へのオファーを把握した上で、補強・補充獲得自体に確固たる自信が有ったからこその放出もあったようです。
この考え方から言うと、砂川選手の再契約は『HFCとして』本意ではなかったのかも知れません。出来ればもっと年俸の安い選手を考えていた可能性があります。恐らく砂川選手側も予定外の再契約だったはずです。

そもそも混乱を招く原因である、外部の意見が通ってしまうような体制は変えていくべきかと愚考する次第。

まあ、水戸に比べたらまだマシなのかな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

どんべさんではないですね?

字が違うし。

横浜Fマリノスを契約満了で退団した河合竜二選手の入団が発表されました。
マリノス黄金期(?)を支えた選手ですが、非常な苦労人であると言う点は好みの選手です。
基本的にMFですが、FマリノスがCB不足に陥った際にCBに入って活躍したのは覚えている方も多いと思います。
近年は出番が多くなく、またスピードの衰えが見られるそうなので過信は出来ませんが、何となく明るい兆しが見えてきた気がしますね。


そう言えば、竜仁が抜けて竜二が加入なんですね。
昔、竜二って言う名前のGKも在籍してましたね。


また本日、現時点での契約更改選手の発表がありました。
上里選手がゲフンゲフンな感じで載っていませんが、芳賀選手が残ってくれましたんでセンターライン総崩れは避けられます。
あとは高木純平選手の去就でしょうか。
上里選手も気になりますが、出て行くならそれまでだったと言う感じです(別に含むところはありませんよ)。
出て行かないに越した事はないのですが。

残るは外国人選手の状況。
ウリセスさんや李さんが残ってるんで、恐らく話題になっているDFのアマラウ選手とGKの李昊乗選手の加入は決まってるのかなと。
あとMFのブルーノ・フェラス選手も加入でしょうか。
問題はキリノ選手の去就でしょうね。
一部では向こうのチームに合流しているとか何とか…




結局宮澤選手はMF登録なのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月27日 (月)

山下達○…

どうも。
RaoUです。

山下選手の加入が発表されたのですが、正直自分の記憶に無い選手で…

サポ情報ではガタイが良いので対人は大丈夫で攻撃力もある。ただしスピードに難あり。と言ったところらしい。
ただ年齢的に若い事と過去に何試合か出場経験があること、その辺りを加味したらそれなりに活躍してくれそうな感じです。
多分本人も後が無いと言う気持ちで来ていると思います。
札幌で一旗揚げてやる!!くらいの気概で守備を引っ張ってくれればと。

HFCは29日まで仕事ですね。
後2日間で何かあるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

青野(MF)

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/consadole/266085.html

>>以下引用

札幌、ブラジル人MFブルーノ獲得へ

(12/26 09:08)

札幌を運営する北海道フットボールクラブが、ブラジル人MFのブルーノ・ネベス(26)に獲得オファーを出し、交渉を進めていることが25日、分かった。クラブ関係者は「詰めの段階にきている」と話している。

<北海道新聞12月26日朝刊掲載>

引用ここまで<<

少しずつ情報が出てきましたね。
前の方は何とかなりそうなので、中盤(特にセンター)より後ろの加入情報が早く欲しい今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新人?

砂さん再契約キタ━━━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━━━!!!!

本人も来年のキックオフイベントでやり辛いだろうなぁw
弄られキャラだからいいかw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月23日 (木)

さて

とりあえず、西嶋選手、藤田選手、石川選手の移籍が発表されました。
これで背番号1~8番が壊滅。
正直言って、この様な事態が過去に起こったと言う記憶が無い。
唯一の救いは中盤から前に殆ど変動が無かった事。
(キリノ選手の動向は発表されていないけど今期は殆ど出てないから、ウリセスさんの就業以外に影響は無い)
まあ、DFが抜けてしまうと言うのはチームの基礎が無くなるのと同意なので、防御面ではこれからどの程度の選手が入って来てくれて、且つ守備の構築がキャンプ中にある程度出来上がってくるかに掛かってると。
前の方に殆ど変化がないといっても、主戦法だったサイド攻撃を担っていた西嶋選手と藤田選手が揃って抜けてしまったので、左は岩沼選手が健在ですが右はどうするんだと言う話で。
度々試している上原選手や他選手のコンバートとか、新たに選手を連れてくる位しか無いんですけどね。
高木純平選手という手があるのですが(と言うか当初はSBでの獲得だったはずです…)、もう監督含め皆さんの認識は前の方の選手ですし、実際に前の方に居てもらわないと攻撃が機能しない状況ですから、相当切羽詰らない(いや既に切羽詰ってますが)限りSBで使わないでしょうね。
そう言えば高木純平選手の同期だった村松選手、北九州と契約が切れたんですが札幌に来たりはしないですよね…
DFとしてはどうなんでしょうか?

さて、来年は宮澤選手と横野選手に一皮も二皮も剥けて貰わないとならないですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

パンドラ

ちょっと異常な事態ですね。
HFCは既にクラブ経営母体としての能力が無いのかもしれません。
まあ流言飛語の部類と捉えて頂いても構わないのですが、色々裏話を聞くにつれ、お金だけの問題ではないような感じです。
主力級選手を繋ぎ止められないのはお金の問題が第1ですが、選手側からクラブとしての姿勢を疑問視された事も絡んでいるようでした。
特に長年在籍している選手やユースから育ててきた、恐らく札幌に愛着を持ってくれている選手が流出してしまうのは、本人の上昇志向があるにせよ、クラブ側にも落ち度があるとしか言いようが無い。

来期は中盤から前の人員構成はそれほど変化が無いと思いますが、DFラインがゼロから組み立てとなります。DFは1人を残していなくなる予定らしいので、石崎監督で無くとも殆どの監督が頭を抱える事になる、そんな陣容です。
今の所チームの柱である(と私が勝手に思っている)芳賀選手に移籍の話が無い様なので少しは安心できますが、この状況では来期の昇格は無いでしょう。

後はどの程度の補充(補強に非ず)が出来るかでしょうね。

最後に希望が残っていればいいのですが…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月17日 (金)

加入の話はどこに行った

いやもう。
凹みまくりですわ…

何だか新潟が西選手と永田選手が引き抜かれるからって、石川選手と藤田選手をうちから持っていくそうじゃないですか。
いや、選手のステップアップを考えれば後押しはしたいのですけど、何せ今オフにDF3人居なくなっちゃいましたからね。
何だか西嶋選手も甲府に引き抜かれるかも知れないとか何とか…
吉弘選手は既に愛媛に移籍が発表されてますし、川崎選手みたいに再契約は不可能。
一応伯剌西爾人選手を1人雇うとか何とか…
もしですよ?
上の話を全部加味した結果で話をすると、来期のDFはやっぱり再構築…と言いますか、今期の積み上げはゼロ…!!
西嶋選手が残るとしても、今期試合に出ていた選手って後は岩沼選手だけになってしまうと…これじゃあ石崎監督続投にした意味が失われる…
石川選手は柏の選手なんで仕方が無いにしても、ちょっと酷すぎないだろうかと。

本日は佐藤優也選手がギラヴァンツ北九州に移籍するって発表があって、新潟で契約満了になった高木選手(ぎーさん)を獲得するとか噂が立ってます。
あとは韓国のユニバーシアード代表…でしたっけ?GKも話を持って行ってるようで。
(ただし韓国選手に関しては今年失敗してるんでイマイチ心配です。貴重なアジア枠も使っちゃいますし)
たかはら選手が夏場まで戻れない(+戻ってもパフォーマンスの問題も考えられる)ので、高木選手が来るのであれば非常に心強く感じます。ただし注意しなくてはならないのは、今期怪我で殆ど出ていない事です。

まあ一番問題なのは、来期の構成がさっぱり判らないと言う事。
確かに契約更改も完全に終わっているわけではないですしもう少し掛かるのかも知れませんが、でも出て行く選手の情報が先行しすぎて、これではネガティブなイメージを今以上に植えつける事になりかねません。
特に今回は相当シビアな状況である事を理解しているコアサポーターですら不満や不安を口にしています。

これは批判ではなく提言なのですが、HFC、特に矢萩社長はもう少し前面に出てくる必要があるかと思います。
それが社長の仕事でもあるわけですし、何よりもメディア出身でコンサのサポーターでもあった矢萩社長ならばサポーター心理は良くわかっていると思うのです。
また社長以外の方が前に出てきてもサポーターは納得しません。現状そのレベルになっていると考えて欲しいです。
このままだとサポーターはHFCに不信感を持ったまま来期を迎える事になります。特に今年はその辺りが問題になったシーズンでもありましたので、まずはひび割れがこれ以上広がらないように修復するのが先決かと。
サポーターは体系だった組織ではありませんから皆それぞれの考えで動いている。そこは組織としてまとまっているHFC側から歩み寄る必要があります。
一定の指針があればサポーターの殆どはそちらの方向に舵を切ります。
選手・スタッフだけではなくサポーターの手綱を握る事も、クラブ運営会社としてやっていく必要があるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つよし

先ほど、2010年12月16日午後11時25分ごろ。
ここ何ヶ月か弱ってて玄関先で寝たきりになっていた、ハスキー系雑種のつよしが永眠しました。
昨日辺りから力が抜けて頭も上げられない状態で、今日は流動食すら口に出来ず、口は半開きで舌が垂れ下がったまま元に戻せないくらい弱っておりました。
そんな訳で家族一同覚悟はしていたのですが、最期くらい暖かい場所でと思って居間に移し、様子を見ていた次第です。

つよしが我が家に来たのは2006年10月26日。
札幌市動物管理センターで保護されていた所を引取ってきました。
躾が良かったのか、基本的なことは何も教える必要が無く、物覚えも良い利口な犬でした。
やりたくない事や拙いと思った時にはそっぽを向いて知らない振りをする、割とずるい犬でもありました。
「お手」を要求すると、なぜか左前足で「おかわり」をするお茶目さんでした。
でもとても大人しい、とても可愛い犬でした。
引取った時の年齢が判らないので、享年も判りません。
うちに来た時に病院で見てもらったのですが、前脚の間接部の禿げ具合から7歳以上じゃないかと。
そうだとすれば永眠した時の年齢は11歳以上。
もしかしたらもっと上。

もっと良い家に引取られていたら、もっと長生きしたのだろうか…
俺は飼い主としてもっと何か出来たんじゃないだろうか…
犬と話が出来たらもっと苦しめずに済んだのだろうか…


飼い犬が居なくなるたびに繰り返される、そんな思考。


色々と凹む事の多い年末です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »