« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月28日 (日)

福岡と退団と移籍話と

契約満了選手が本日公式発表されました。
既報の吉弘、藤山、箕輪、砂川選手のほかに、李ハンジェ選手、堀田選手が契約満了となります。
つまり退団です。
今期主力だった吉弘選手、藤山選手、砂川選手の3人は予算の都合での満了だと思うので、予算に余力があったならば残っていたかもしれません。
箕輪選手、李選手は恐らく満足にプレーできる状況に無く復帰が見込めない、若しくは違う選手が台頭したため復帰したとしても使い所が無いという判断か…?
堀田選手は……正直怪我にも祟られていましたが、DFとしてトップリーグでプレーできるレベルにはならなかったと言う事でしょうか…?

その他に、本日付のスポーツ紙で西選手が新潟に完全移籍、と言う記事が載っていました。
これは今期中盤頃、とあるルートから色々事情を聞いていた為に予想していた事なので、それほど驚きはありませんです。予算的なものを無視出来れば個人的には戻ってきて欲しかったのですが、本人が今の札幌に戻る選択をするとは思えませんし。
違約金と言う名前の移籍金が入るので、クラブ的にはある程度許容できる移籍なのではないかと。

ダニルソン選手はどうなるんでしょうね?
多分名古屋にレンタル延長ってあたりで手を打つんじゃなかろうか、と思うのですが。
あと大方の予想通りキリノ選手は契約満了になるんじゃないかと。
そうじゃなけりゃ強化部長が南米に行ったりしないでしょうし。
今来ている練習生はどうなんでしょうか。携帯サイトのレポートでは良い事書いてるんですけど。

レンタルと言えば、来期は石川選手と高木選手をどうするんでしょうかね。
今期の状況を考えたら手放せないでしょうけど、石川選手は3年目になりますし、柏さんがどう出てくるかですね。あと石川選手の意思もあるでしょうし。
それは高木選手にも当て嵌まる事です。

そんなこんなで次は最終節。
土曜開催は行けるかどうか判りませんが、幸い砂川選手が福岡戦でカードを貰わなかったので、札幌での最後のプレーが見られます。
何とかしてその勇姿を目に焼き付けたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

思い出した

今節の事で思い出しました。

試合終盤、横野選手がDF2人つれて右サイド深くまでボールを追いかけていた時、一番フレッシュなはずの上原選手が何もせずに後方に居たのは納得できなかった。
少なくとも前線の2人は後半途中からの投入で体力は残っているはず。
横野選手は頑張って追っていたのに、あの時の上原選手はフォローに向かうでもなく、パスが出そうな位置に上がっていくわけでもなく、ただピッチの中ほどを歩いていました。
そういった指示があったのかは判りませんが、少なくとも時間帯を考えればフォローに入って時間を使う事もやっていかなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝利の代償

皆様お疲れ様です。

今節は頑張って観に行きました。
勝ったのは良かったのですが、痛い。あまりにも痛い。

まず高原選手の怪我。
本日発表があってアキレス腱断裂と言う事で、全治6ヶ月。
トップフォームに戻るには更にかかると思いますので、来年の夏くらいまで戦列復帰は難しいと言う事になるかと。
苦労してきた選手でこれから漸く飛躍と言う時に、非常に残念な事です。

また内村選手が2度目の累積警告で2試合出場停止。
つまり今期終了と言う事に…

次節は芳賀選手が戻るとは言え石川選手も怪我してますし、いよいよ持って拙い事に。
下手をすると次節ベンチは3人とか…
2種登録は菅原選手が怪我らしいので、連れて行けたとしても荒野選手、松原選手だけ…
高校生ですから無理に帯同は出来ませんので、最悪曳地選手と上原選手のみになる可能性があります。
もう交代カードとか関係ないですね…
全員で何とかしないと。

西嶋選手の得点は本当に良く競り勝てたと言うのと、本当によくピンポイントでクロスが入ったなと言うのが感想です。
あの時、西嶋選手がこぼれ球をシュートしてそれが藤田選手に当たり、上手い具合に敵味方が誰も居ないスペースにこぼれたボールを藤田選手が拾いました。
それを見ながら西嶋選手が1人でゴール前に上がって言ったのを鮮明に記憶しています。
その瞬間私は「ここで西嶋を使わないと!!」と叫んでいたようなのですが記憶にございません…
まあ、思ったとおり藤田選手が狙ってくれたので安堵したのと、それで得点が入ったのに驚いたんですが。

今節の西嶋選手は攻撃の方で非常に効いていました。
200試合達成したのと、今期のチーム状況に相当責任を感じていたようで、インタビューで感極まったのか涙ぐんだ所で何となくこちらもホロリと…
本職の守備の方でもっと頑張って欲しいんですけど。好きな選手ですし。
(基本的に苦労人タイプが大好きです)

あと佐藤選手。
何年か見ていてちょっとナイーブな選手なのかなと思っていたのですが、今節のあの状況で出てきて無事無失点に終えたのは素晴らしい事でした。
試合中も前に出る推進力、キック力という自分の持ち味を遺憾なく発揮していましたね。
試合終了と同時に突っ伏して泣いたのはどういった心境だったのか。
無事に終えた安堵感なのかも知れませんし、中々試合に出られない中で色々込み上げてくるものがあったのかも知れません。
来期ももし札幌に居るなら、高原・佐藤の2枚看板と言われるくらいになって欲しいと思います。
余談ですが、試合前の練習の時。
佐藤選手がレーザービームのようなボールをゴールに向かって蹴っていたのを見ながら「チラベルトみたいな選手目指すべきだねぇ」「その前に試合に出ないと」などと一緒に観ていた仲間と軽口を言っていたのですが、奇しくもそれがこんな形になるとは…

さて残りもあと2節。
怪我人続出で非常に苦しい状況ですが、もうひと踏ん張り頑張ってほしい。
この苦境は間違いなく出場した選手にとって来期への糧になるのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

ゾック等

                ∧
             / ̄ ̄ ̄\
         |\/_冂__  \_/\ <・・・・・・
        /  ||_  ● _||  /  /\
        | @|// ̄\\  |@  |/ ̄\
       /\@ ̄/\   ̄  @  | / ̄\
      /\ \/    \   L__|\/ ̄\
     /\ |  ̄\ ̄ ̄    /     \


 

/ Y \
|| `┴´|| <・・・ 



上はガンダムに出てくるMSゾック、
下は名古屋グランパスの吉村圭司選手(愛称「ゾック」らしい…)ですね。


石崎監督に続投要請だそうです。
過激な意見の多いネット界隈では反対派が多そうですね。
想像ですが、私はこれが規定路線だったように思えます。
元より3年以上の契約は視野に入れていたと。
そうじゃないと納得できませんよね。

要は2年3年後、あるいは5年後10年後を見据えた行動を取れているかであって、当面の目標を3年以内のJ1昇格に置いていたのなら、私は今期の成績も十分飲み込めますし、来期の続投要請も納得できます。
勿論スポンサーの絡みもありますので「1年で復帰!」「今年こそJ1へ!」と言う掛け声は必要ですし、2004年のような事は2度とできないと言うのも判っていますが。

そう考えると、HFCに絶対的に必要なのは優秀な選手や優秀な監督ではなく、良いマネジメント、コンサルティングが出来る人がHFCフロント入りする事なのではなかろうかと。
今の方々が無能であるとかそう言った事ではなく(寧ろよくやっていると評価したい部分が多々あります)、本当にプロフェッショナルな人材が必要なのは多分フロントなのでしょう、と言う話です。

と言っても、溝畑氏のような社長は
      ハ,,ハ
     ( ゚ω゚ )  お断りします


などと思った木曜の夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

残り試合どうするんだ…

宮澤選手まで離脱ですか…

無事な選手は何人いるのだろう。
2種登録選手まで入れて挙げて見ると

GK:高原、佐藤、曳地、松原※
DF:吉弘、藤山、石川、西嶋、岩沼
MF:砂川、藤田、芳賀、上里、高木、三上、荒野※、菅原※
FW:内村、横野、上原

え~と……

2種登録含めて20名。
内フィールドプレイヤーは16名(!?)

次節は石川選手が出場停止なのと、ユース組の3人はちょっと微妙なので、
実際に戦力として勘定できるのはGK3人、フィールドプレイヤー14名…

スタメンは恐らく

GK:高原
DF:吉弘、藤山、西嶋、岩沼
MF:三上、藤田、芳賀、上里、高木
FW:内村

ですので、ベンチ入りは

GK:佐藤、曳地
DF:なし
MF:砂川
FW:横野、上原

あ、もしかしたらDFに藤田選手が入って藤山選手はベンチ、砂川選手がスタメンと言う可能性もありますね。
どっちにしても嘗て愛媛で起こった緊急事態同様、相当悲惨な状況です…

今期不振の一番の原因が怪我人の多さです。
戦術とか選手の能力とか、そんなものは問題になりません。
それも含めてチーム力と言えばそうなんですが。

まず箕輪選手については覚悟していたので大きな影響は無かったと思います。
しかし回復すると思われていた趙選手の離脱でDFラインの厚みがなくなってしまいました。
勿論これからと言うときに怪我をしてしまった吉弘選手、岩沼選手、堀田選手、特に昨年終盤に台頭してきた岩沼選手の離脱も相当大きかった。
それでも大きく崩れなかったのは藤山選手がいてくれたからです。また何度か藤田選手のSBを試していたお陰で枚数的には何とかなりました。

中盤ではやはり李選手の負傷が結構でかかったように思います。
展開力などを期待されていたので、結局彼が復帰できない事から高木選手を補強したのではないかと想像しているのですが。
また岡本選手も怪我が多く、これからと言うときに古田選手が離脱したのもきつかった。
幸いと言うか、芳賀選手と上里選手がほぼ無傷でシーズンを乗り切れそうな気配があり、特に芳賀選手が常に出場できる状態と言うのがチームを大きく助けていると思います。
また砂川選手に大きな怪我も無く、三上選手の台頭や高木選手の加入があり、先日怪我をした宮澤選手もいたので、中盤に関しては大きな戦力低下は無かった様に考えます。

前線はやはりキリノ選手の不調と怪我が痛かった。
それと前半戦の内村選手の不調(腰痛持ちでしたし)、中盤の近藤選手の負傷、横野選手と上原選手が伸び悩んだ事も痛かった。
あと中山選手にゴールが出なかった事も厳しい現実だったのかなと。
動きの質はかなり良いのですが…
後半は人員不足から内村選手と高木選手がFWの主力になっていましたが、ここで漸く内村選手の使い方が判ってきたのかなと言う印象を受けました。

タラ・レバは禁句ですが、もし怪我人が半分以下だったなら、特にキリノ選手と李選手が無事だったらと考えると忸怩たるものがあります。
来期はフィジオセラピストを導入するらしいですが、これが今期からだったなら、もう少しマシな試合を観れたのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

考えてみたら

そう言えば来期は23人くらいでスタートするとか何とか。
どの様な選手で構成するのかが気になるところ。
何せ先日の試合を見て判るように、怪我人が多すぎてベンチに6人しか入れない。
しかも次節は石川選手が出場停止。
まだ藤山選手がいるので何とかなりますが、もうユース(2種登録)から人を入れないと間に合わんなぁ…という感じに。
来シーズンまでにある程度怪我人も復帰するでしょうけど、今期の惨状を見るに付け本当に大丈夫なんかなぁ?と不安になりますな。
あと1ヶ月もしないうちに去るメンバーが判りますし、新規加入も早い人なら12月初旬には発表されるので、その時までこの不安は解決しないのでしょう。
まあ、どうなるか知った後で更に不安になる可能性も無きにしも非ずですが。

唯一縋りたい都市伝説として「3年目の石崎監督は昇格争いに確実に加わってくる」というのがありますが、正直来期の指揮を執るのかがはっきりしていない以上これも適用できるのかどうなのか。

早く知りたいような知りたくないような感じですが、とりあえず次の試合は退団が決定している2人のCBが有力なので、何時もより応援成分を濃くしようと思います(心の中では)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

とりあえず多忙に付き

苦渋の決断だったとは言え、主力を切り捨てて何が残るのか。
特に今期核になっていた守備陣の内、既に2人が退団決定。
今期途中出場が多かったとは言え、いや確実に計算できるからこそ途中出場で使う事ができたベテランも退団。
確かにこの状況では仕方が無い。
が、こんな状況は既に何度目か……サポなら判っているはず。
ただし過去と現在では取り巻く環境が違う。
これは肝に銘じるべき。
そして今回はサポーターを裏切るような行動、サポーターに甘えるような行動は取れないと思うべき。
舵取りを僅かでも間違えれば本当に今度こそ何もかも失いかねない。
そういった危機感は持ってもらわないと困る。

HFCはまず早急にサポーターへ向けて、今期の総括と来季に向けてのガイドラインをアナウンスするべきだと思う。
何があったのか(これは想像できるけども)、何をしたいかが読めないのが一番サポーターを不安にする要因なのだから。



お金の問題ならこれ以上の選手補強が出来ないはず、と言うのがあって、冒頭の3人の退団に首を傾げざるを得ないのですよ……
特に藤山選手はコーチ兼任でも何でも手段は問いませんが、土下座してでも残ってもらうべき選手だと確信してるんですが……
戦力としても重要ですし、ちびっ子が多いコンサではとても得難い守備の見本なので……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »