« おふでんねん | トップページ | 「虹と雪のバラードを歌う会」 »

2010年10月10日 (日)

天皇杯も終わり

日本代表はアルゼンチンに勝っちまうし、どうしてこうなった!?

さて、10月9日は天皇杯第3回戦。名古屋グランパス戦でした。
現地は台風か!?と思われるほどの悪天候だったそうですが、中継が無いのでどんな状況だったかは伝聞しか情報が無く判然としません。

2-1での負けと言うことで惜敗なのかな?とも思うのですが、実際には相当やられてたっぽい。
名古屋はリーグ戦に備えて主力何人かを入れ替えて来てますが、そこはそれ。
何しろJ1の首位を走ってるチームですから控えに甘んじていた選手も当然レベルが高い(はず)。
ただ、オフィシャルのテキスト実況を読む限りだと、それほど絶望的な差は感じられないような気もします。

さて、配信されたスタメンを見てビックリしたのですが、2トップが高木選手と宮澤選手になっていました。
また三上選手も名を連ねており、何となく、勝ちに行くと言うよりこの期に及んで実験的なセレクトをしてるんじゃないかと勘ぐってしまいました。
次のリーグ戦もこのセレクトになるとしたら、今まで頑張っていたFW陣はどうなったのでしょうね?と考えてしまいます。本職ではない高木選手や、FWから中盤に下げられた宮澤選手にポジションを奪われると言うのは、本職の選手達にとって相当な屈辱になるのではないでしょうか。
特に中山選手や内村選手辺りは悔しがっていたと思いますよ。

ただ裏を返すと、高木選手や宮澤選手を2トップで使える程度に中盤の選手が揃ってきたともいえます。
少なくとも数戦前までそのような余裕が無かったのは間違いないのですから。
それでも余裕が出来たとまでは言えないのかな?

最近ちょっと思うのですが、指揮官って言うのは一定のポリシーなり戦術面での方向性を持っているのが普通だと思うのですが、それを頑なに追求する為に選手を揃えよう(育てよう)とする人と、ある程度妥協して手駒に合わせた戦術を構築しようとする人とに分かれる様な感じがしています。
例えば前者の場合、クラブやチームのカラーが浸透していて継続性を持たせられるのであれば、時間はかかりますが相当有効な方法ではあります。
コンサは主にこちらの方法を採りたいが為に、2004~2006年の柳下監督や昨年から石崎監督と言った育成面に重点を置く監督を招聘してきました。石崎監督には1年でのJ1復帰の期待もかけて。
後者はコンサで言うと岡田監督や三浦監督が当て嵌まると思われます。
基本的に守備重視で攻撃は前線の数人に任せる、と言った「負けない」戦術を最初に据えて所謂「堅守速攻」を地で行く戦術を採りました。これは所属選手(手駒)を見て、それしか勝って行けそうな方法が見当たらなかったと言うのが本音でしょう。
退任後の発言やその後の采配なども見た感じでは、実際にはボールも人も動くサッカーをしたいと思っていた様ですし。

どちらが正しいとか間違えているとか、そういった話ではありません。
ただ一番いいのは即効性のある戦術を駆使しつつ選手を育てて行き、徐々に理想のサッカーに近づけていく事なのでしょう。
選手を継続的に育てていくと言うのはチームの色が付くため、実践において戸惑いがなくなります。方向性が定まっているので。
即効性のある戦術は勝利を得やすく、モチベーションを高めたり心身的に余裕が生まれるため自信が生まれます。特にサッカー選手は勝つ事によって成長するケースが多いのでこれはチームの強化に直結します。

コンササポ的イメージだと2007年のコンサが判り易いかなと。
即効性のある「3ラインによるゾーン守備からの速攻」「身長の高い選手で固めてセットプレーでも得点を奪う」と言う判り易い戦術で戦いながら、前年までやっていた「人もボールも動くパスサッカー」を時折使っていました。
圧勝する事は余りありませんでしたが、僅差で勝利したり逆転勝ちも数度あり、あの年の選手達は自信を持ってプレーしていたような印象が強いですね。

さて、延々と妄想的なことを書き散らしてしまいましたが、それもこれも今期の戦い方が非常に思わしくないからでして、恐らく今の倍ぐらい勝っていたらこんな事は考えていなかったんじゃないかとも思うわけです。

結局、何を言いたいのかというと、

とにかく勝ってください。お願いします。

と言う事ですね。

|

« おふでんねん | トップページ | 「虹と雪のバラードを歌う会」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/49697449

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯も終わり:

« おふでんねん | トップページ | 「虹と雪のバラードを歌う会」 »