« ちょっと聞きたいハイどうぞ | トップページ | 8月HOMEは全て土曜開催 »

2010年7月31日 (土)

魔法使い

いて欲しいですね魔法使い。
もしくはドラゴン○ー○で召喚した竜。

う~ん……



さて、平日夜と言う今期のスケジュールでは変則的な時間帯になった岡山戦。
夜なのに30度と言う気温の中、前節横浜戦のように前半早い段階で1点のビハインドになった札幌。
正直防げた失点です。
勿論一番責められるべきは上里選手と言う事になります。ボールを持って繋げようとしたと思うのですが、最初のコントロールが長すぎました。もしくはPAから早く離そうと焦っていたのかも知れません。しかし予め前方を確認できる余裕があればあのコントロールは無かったように思えます。少なくとも斜め前方へのコントロールで危険なエリアから離れられたのでは?
因みにいつも思いますが、上里選手のボールを持った後のモーションが非常に遅い。
判断とかそう言ったところではなく、ルックアップしながら蹴るタイミングが一瞬遅くなって相手に当たる→カウンター食らう、と言うのはよく見られます。今節のように相手が早いプレスをかけてくるとグダグダになってしまうのは恐らくこの癖が原因かと。
上里選手ももう若手と言われる年齢ではありません。改善するように努力しないと出番さえ失う事になると思うのです。あの2004年組で唯一残った選手ですから思い入れが深い分、何とかして欲しいと思う気持ちが大きい。

最終ラインは急造でしたが何とかあそこ以外で決定的な部分は防げていました。ただし石崎監督のコメントにあるようにラインコントロールという面での不安、それと空中戦の弱さはありましたね。
両サイドバックが本来サイドハーフの藤田選手と高木選手なので守備が甘くなるのはどうしようもない。実際に2人の場所を狙う動きが岡山に見られました。
あと高原選手とDFとの連携不足もあるのか不安に思えるところがありましたね。これは高原選手のプレースタイルもあるので何ともできない部分があるのですが…

今節は前節と違い、1点先制されたものの退場者がいなかったため人数は変わりませんでした。
しかし傍から見ると暑くて動けないのか消極的になって動けないのか判らないくらい動きが悪く、満足にパスもまわせない状況でした。まわせるのは自陣でのみ。前線の動きも悪く、また中盤も視野が狭くなっているのかピッチを広く使えません。
それではゴールに迫る事さえできません。今まで練習で何をやってきたか選手は忘れてしまったのでしょうか。両サイドが頑張って押し上げてもパスが来ないと言うのはよくある光景ですが、その動きを使わずに態々狭い場所に突っ込んでボールを奪われたり、どう見ても通る確立の低いスルーパスを狙ったりと真ん中ばかり使っている状況でした。
また全体の押し上げも遅くセカンドボールも拾えないのでは、近藤選手がいくら粘ってキープしてもどうしようもありません。
ハーフタイムで修正しないと動きが変わらない、とは石崎監督の弁ですが、私も同じことを思いました。
結局後半は芳賀選手をセンターにした3バックに変更し、両サイドバックはより前のほうで仕事ができるようになりましたが、それが本来は流れの中から自主的にできるようになるのが理想なのでしょう。私もそう思います。
ただ、両サイドを高くした事は攻めにおいて相当効果を発揮していました。前半できなかったサイド攻撃が増え、ピッチを広く使う事が意識的にできるようになって行きます。
藤田選手が相手のサイド深くまで侵入して折り返す事ができるようになり、高木選手は何度もPAまで詰めてボールに絡んでいました。
しかし今節の札幌…いえ、前節からですが、チームとしてプレーできていないシーンが多すぎました。それが折角動きがよくなった後半でも最後まで改善できず、ゴールを奪えずに敗戦と言う事に。

タラ・レバですから無益な事なのですが、後半の動きを前半から出来ていれば少し結果が変わったのかも知れません。
それでも前半の失点以降のどうしようもない絶望感を覚えた試合展開。それは無くして欲しい。この点は猛反省して次節以降に活かして欲しいと思います。そうしないとこの2試合の負けが本当に無駄になってしまう。

良かった所。
内村選手が90分走りきった事でしょうかね…

|

« ちょっと聞きたいハイどうぞ | トップページ | 8月HOMEは全て土曜開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/49022980

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法使い:

« ちょっと聞きたいハイどうぞ | トップページ | 8月HOMEは全て土曜開催 »