« 120分+αではダメなんだね | トップページ | がっかりさ… »

2010年7月 4日 (日)

ノルディーア北海道初観戦の感想

本日試合を観に東雁来まで行ってきました。

結果は1-4(前半0-1)で負けです。

まず思ったのは運動量の少なさ。
そして出足の遅さです。
出足と言うのは攻守の切り替えも含みます。
現在の最下位と言う結果は、相手に走り負けているのが主因てはないかと…

アマチュアとは言え、余りにも戻りが遅いわ押し上げが遅いわで、絶好のカウンターチャンスを潰したり、相手の押し上げが早いのもありDFが足りないと言った状況が多すぎました。
勿論選手個々は頑張っているのですが、チームとして約束事が決まっていないのではないか?と思える程連携が無く見えました。
多分そんな事は無いはずですけど。

多かったのが両サイドを簡単に突破される、またはサイドから簡単にクロスを上げられると言う状況。
本来であれば両ワイドの選手がフォローすべきエリアで相手選手がフリーになり、そこに配球されてピンチを招くこと数知れず。上の運動量などの問題だと思いますが、相手ボールになった時の切り替えの遅さは致命的でした。
勿論相手の両ワイド(SBかな?)が良かったと言うのもありますが、こちらのマッチアップする選手の動きの質もかなり『問題があった』ように思います。

また折角マイボールになっても中盤でイージーなミスや持ちすぎで奪われるシーンも多く、常に守備をしているような時間帯が多くなるのも問題ではないでしょうか。
チームとしてボールを奪ったら前に当てるとかサイドが上がって行ってボールを受けるとか、そう言った連動性・約束事が見受けられませんでした。その為かマイボールになっても判断が遅くなって中途半端なプレーをしてしまい、ボールを奪われたり、誰もいないところへパスを出したりと、落ち着いて次のプレーが出来ない様な状態に見えます。

思うに、今のノルディーアに必要なのはシンプル且つ即効性のある戦術ではないかと。
そこで思いつくのはアレですね。3ラインでゾーンディフェンス。
普通のプレッシングサッカーでは要求タスクが多すぎるので、ある程度役割、持ち場を決めて守備をする。そして攻撃は基本的にカウンター主体。
ボールを奪ったら兎に角相手DFの裏に蹴りだして一気に押し上げる。
これの繰り返しでいいのではないでしょうか。
まずは勝ちが欲しいですから、勝ちに拘る為に特化して見るのもひとつの方法かと。

飽くまでも私見ですので異論は認めます。

|

« 120分+αではダメなんだね | トップページ | がっかりさ… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/48795661

この記事へのトラックバック一覧です: ノルディーア北海道初観戦の感想:

« 120分+αではダメなんだね | トップページ | がっかりさ… »