« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月31日 (土)

魔法使い

いて欲しいですね魔法使い。
もしくはドラゴン○ー○で召喚した竜。

う~ん……



さて、平日夜と言う今期のスケジュールでは変則的な時間帯になった岡山戦。
夜なのに30度と言う気温の中、前節横浜戦のように前半早い段階で1点のビハインドになった札幌。
正直防げた失点です。
勿論一番責められるべきは上里選手と言う事になります。ボールを持って繋げようとしたと思うのですが、最初のコントロールが長すぎました。もしくはPAから早く離そうと焦っていたのかも知れません。しかし予め前方を確認できる余裕があればあのコントロールは無かったように思えます。少なくとも斜め前方へのコントロールで危険なエリアから離れられたのでは?
因みにいつも思いますが、上里選手のボールを持った後のモーションが非常に遅い。
判断とかそう言ったところではなく、ルックアップしながら蹴るタイミングが一瞬遅くなって相手に当たる→カウンター食らう、と言うのはよく見られます。今節のように相手が早いプレスをかけてくるとグダグダになってしまうのは恐らくこの癖が原因かと。
上里選手ももう若手と言われる年齢ではありません。改善するように努力しないと出番さえ失う事になると思うのです。あの2004年組で唯一残った選手ですから思い入れが深い分、何とかして欲しいと思う気持ちが大きい。

最終ラインは急造でしたが何とかあそこ以外で決定的な部分は防げていました。ただし石崎監督のコメントにあるようにラインコントロールという面での不安、それと空中戦の弱さはありましたね。
両サイドバックが本来サイドハーフの藤田選手と高木選手なので守備が甘くなるのはどうしようもない。実際に2人の場所を狙う動きが岡山に見られました。
あと高原選手とDFとの連携不足もあるのか不安に思えるところがありましたね。これは高原選手のプレースタイルもあるので何ともできない部分があるのですが…

今節は前節と違い、1点先制されたものの退場者がいなかったため人数は変わりませんでした。
しかし傍から見ると暑くて動けないのか消極的になって動けないのか判らないくらい動きが悪く、満足にパスもまわせない状況でした。まわせるのは自陣でのみ。前線の動きも悪く、また中盤も視野が狭くなっているのかピッチを広く使えません。
それではゴールに迫る事さえできません。今まで練習で何をやってきたか選手は忘れてしまったのでしょうか。両サイドが頑張って押し上げてもパスが来ないと言うのはよくある光景ですが、その動きを使わずに態々狭い場所に突っ込んでボールを奪われたり、どう見ても通る確立の低いスルーパスを狙ったりと真ん中ばかり使っている状況でした。
また全体の押し上げも遅くセカンドボールも拾えないのでは、近藤選手がいくら粘ってキープしてもどうしようもありません。
ハーフタイムで修正しないと動きが変わらない、とは石崎監督の弁ですが、私も同じことを思いました。
結局後半は芳賀選手をセンターにした3バックに変更し、両サイドバックはより前のほうで仕事ができるようになりましたが、それが本来は流れの中から自主的にできるようになるのが理想なのでしょう。私もそう思います。
ただ、両サイドを高くした事は攻めにおいて相当効果を発揮していました。前半できなかったサイド攻撃が増え、ピッチを広く使う事が意識的にできるようになって行きます。
藤田選手が相手のサイド深くまで侵入して折り返す事ができるようになり、高木選手は何度もPAまで詰めてボールに絡んでいました。
しかし今節の札幌…いえ、前節からですが、チームとしてプレーできていないシーンが多すぎました。それが折角動きがよくなった後半でも最後まで改善できず、ゴールを奪えずに敗戦と言う事に。

タラ・レバですから無益な事なのですが、後半の動きを前半から出来ていれば少し結果が変わったのかも知れません。
それでも前半の失点以降のどうしようもない絶望感を覚えた試合展開。それは無くして欲しい。この点は猛反省して次節以降に活かして欲しいと思います。そうしないとこの2試合の負けが本当に無駄になってしまう。

良かった所。
内村選手が90分走りきった事でしょうかね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

ちょっと聞きたいハイどうぞ

懐かしいですか。そうですか。

ちょっと聞きたいのはこっちの方ですね。
今節はちょっと酷すぎました。
主審はもちろんですが、両チーム共に酷かった。
もう散々書かれているので語りたくも(思い出したくも)無いのですが…

主審のあの判定や諸所の判断は、今後この主審はJリーグの試合から外して下さいと言いたくなります。
ましてやW杯の後のホームゲーム。26000人以上の観衆。しかもJ2では考えられないNHK-BSでの全国放送。(スカパー!も全国放送ですが敷居はBSの方が低いですよね)
で、なぜあんな試合になってしまったのか。
申し訳ありませんが、選手以上に主審が舞い上がっていたようにしか見えませんでした。
冷静な審判ならばあの空気の中でも選手とコミュニケーションをとりながら収められたでしょう。でも今節の審判はできませんでした。
(まあ元々下手な問題の多い審判だと言われていましたので仕方が無いと思うのですが)

PKの件はしっかり見れる審判であれば、10人中おそらく8~9人はファールを採らない(採れない)プレーだったのではないでしょうか。人によってはFWのファールをとるかもしれません。少なくともリプレイを見た感じでは流しても問題ない範囲で、得点機会阻止ではなかったのではないかと。
あんなプレーはその辺に五万と転がっていますし、それでPK採られたら選手はたまったものじゃありません。
しかし、ただ一つ考えて置かなければいけないのは、あそこにボールを入れられる前に何ともできなかった札幌の守備にも問題はあるという事。
一人足りなくなってからも思ったのですがプレスの位置が低過ぎました。立ち上がりなので慎重に入ったのでしょうが、結果的にそれが致命傷になってしまいました。

あと後半の上里選手がイエローカードを提示されたときの主審の判断。選手を呼んでカードを出している最中に横浜がクイックリスタートをしたシーンです。
カードを提示するために選手を拘束した場合、通常はプレーを止めてクイックさせないのではないでしょうか。守備側の選手が一人審判に拘束されるわけですから。
あの時、カードを出す前にボールを置いた主審の動きがすでに冷静さを失っていましたので、ちょっとこれは駄目だなぁ…と考えてしまいました。

他にも開始から終了まで常に判定基準が安定せず、選手もプレーし辛そうでしたね。
倒れただけで採る時があれば、大した事のない接触でファウルを採ったり。
HFCは今回の判定については映像つきの意見書を提出するそうですから、多少なりとも今後の日本サッカーの発展に寄与できればと思います。

###

ちょっと区切ります。
さて開始早々の不可解な判定で1点ビハインド+1人少ないと言う劣勢に立たされた札幌でしたが、最初に行ったのは守備ブロックの安定化でした。
ただ後知恵的な発想をすると、ここでの交代が結果的に尾を引いたのではないかと思います。
もちろんその場ではキリノ選手を残して内村選手が下がると言う判断は仕方が無い物だと感じていました。前節での内村選手の消耗速度も考えれば当然の判断だと。
しかし残ったキリノ選手のパフォーマンスは褒められた物ではありませんでした。
勿論1人少ないのですからキリノ選手が1トップで孤立するのは判りきっています。ただそれをフォローする選手が居ないのが致命的でした。
前半の初めの頃は横浜が一気呵成に攻め込んでおり、確かにその状態で余裕を持つのは難しいでしょう。特にこちらの左サイド、交代で入った高木選手とおそらく上里選手のサイドが狙われていました。
そうです。非常に間が悪いことに、いつもセンターで戦っている上里選手が左サイドに入ったため中によることが多く、若干アウトサイドにスペースがあったのですね。
ただ横浜の攻め自体はスピードが余り無くて何とかボールを奪ったりできたのですが、何しろそこからの展開ができない。
確かに守備の安定化はできましたが、前に出るべき選手が下がりすぎていて、奪ったボールの収め所がキリノ選手しかいない。その為に相手DFの的が絞りやすくコースも読まれやすいのでパスが奪われる。又は前に出やすいので高い位置でボールを奪われる。
これが前半の序盤です。
そして横浜が攻め急がなくなってきた前半の中頃から徐々にチャンスを作り始めましたが、中々呼吸が合わずに得点を奪えず、そんな事をしている内に自陣内のクリアミスから2失点目。
あれはもう少しプレーをはっきりして置くべきでした。攻めようとする気持ちが焦りを呼んだのか、単に前の方に蹴って前線の選手に何とかして貰おうと思ったのか。
結果的にこの2点目を獲った事で横浜が攻めの手を緩めることになり、札幌はカウンターで仕掛けるという選択が取り辛くなってしまいました。
そしてボールをゆっくりまわす横浜に対し札幌はブロックを作って待ち構える状況が続きます。
もうこの時点で私は訳が判らなくなってきました。
2点ビハインドでまだ守るのか?と。
もう、先ほどより状況は悪化しているのだから何とかしてボールを奪い、攻撃に繋げなければいけない筈です。でも中盤の選手は誰もアタックに行かない。勿論キリノ選手も。
確かにプレスに行けばその選手の居た場所にスペースができるのでリスクはありますが、そんな事を言っていられる状況じゃなかったはず。
しかしその状態は後半が始まるまで修正されることはありませんでした。

###

流石にハーフタイムで指示があったのか後半は少し前から奪いに行っていました。
古田選手に変えて近藤選手が入り、3バックにして前線の枚数を増やしたのも効果があったのかもしれません。
ここでひとつ疑問が。
後半の横浜の守備が穴だらけに見えたことです。
まず2点差と言うことで余裕を持ちすぎたのかパスに若干乱れが見られました。
またこちらが1人少ない点も関係するのか、バイタルエリアがポッカリ開いていました。
そこを使えれば結構チャンスが生まれそうだったのですが、札幌の選手は暫くそこを使えず、いや使っていたのですが、馬鹿正直に突っ込んで捕獲されてしまうと言う状況でした。
真ん中囮にして左右に開けば結構チャンスがあったのに、中央に切り込んだ選手はゴールしか見えていなかったのかもしれません。右の藤田選手や左の高木選手が頑張って上がっていたのに。
結局後半中頃からここを使ったりサイドを使ったりと揺さぶりをかけられる状況ができ、またカウンターを仕掛ける回数も多くなりチャンスが徐々に増えてきました。
そんな中、宮澤選手の素晴らしいアーリークロスに飛び込んだ藤田選手が難しいヘディングシュートを決めて1点差に詰め寄りますが、試合通してのシュート数が3本と言うスタッツが示すとおりラストパスが中々決まらない。
本当に10cm程度の差なのですが、そこを通せないとやはりJ2とは言え点には繋がらないのですね。

さて、今節はレジェンドマッチという事で動員をかけBSは生中継を組んだのですが、残念ながら試合展開がそれを許しませんでした。
中山選手の方は出ましたが、横浜側は勝ちを取るのに必死で(と言うかどうも岸野監督は相手チームのイベントや企画をリスペクトしない監督のような気がしてならない)空気を読むことができなかったのでしょう。
まあ、あの殺伐とした空気の中で空気を読めないと言うのはある意味凄いと思います。
札幌としては得点が期待できて空気を換える事もできる、そういう意味での中山選手投入でしたので意味はあったのですけど、横浜における三浦選手の立場はそう言った物ではないのでしょうかね。

さて次節は7月30日(金)の岡山戦です。
他チームより休養期間と立て直す期間が短い上に、今節謎のイエローカードを貰った西嶋選手が累積警告で出場できません。
藤山選手が復帰するのでCBは吉弘選手と藤山選手になり、SBは藤田選手と高木選手になるのでしょう。
ここに来て3人の怪我人を抱えるDF陣に赤ランプが点灯し始めました。
それでも何とかできるのは高木選手を補強できたからだと思いますので、その意味で一先ず補強は成功だったのでしょうか。
まあ多分次節は攻撃的な両サイドの裏が徹底的に狙われると思いますが。
それでも何とか勝利を目指さないといけません。
幸い攻撃陣は揃っていますので、ここは前線が奮起して守備陣を助けていく方向でお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金)

イントロドン!でぬか喜び

う~ん…タイトルのネタがわかる人は確実に(ゲフンゲフン)ですね

一瞬だけ9位になったのに翌日の他チーム試合結果で10位になってしまいました。
まあそれは置いておいて。

中断明けの大事な大事な試合。
相手は3位のジェフ千葉。
確実に厳しい試合が待っている…と思っていた時がありました。
フクアリ無敗伝説はまだ続いていますね。

試合は最初パブリックヴューイングで見るつもりだったんですが、知り合いが誰も来ない中くそ高いメニューを頼むのが嫌でただ何も飲まず食わずで漠然とビアガーデンに居る訳にも行かず、小雨が降り汗をダラダラ流すような湿気の中を狸小路5丁目まで退避してしまいました。
店内は涼しく快適でしたが当然試合をリアルタイムで見ることはできず、テキスト実況とJ'sゴールの速報が頼り。
店主、A.T.くん(仮)、そして私の3人でPCと携帯を駆使しつつ勝利の瞬間をテキスト実況で確認し、勝利の余韻に浸ろうとしたのも束の間、店主の負傷により強制退去となってしまいました。

そんな話はどうでもいいのですが、とにかくこの1勝は相当価値のある1勝です。
まず3位のジェフに勝ったという事で、勝ち点の上積みを許さずににじり寄る事ができました。
そして無失点で抑えることができた。
さらに3点取ることができた。
特に得点はセットプレーの流れから取れています。これが良い。
それも前半5分で取れたことが大きい。

当然選手もW杯を見ていますから、色々触発されることもあったと思います。
W杯では先制したチームが嵩に掛かって攻め込むパターンはそれほど多くありませんでした。実際にはドイツ対イングランドの様に、ビハインドのチームが攻めて来るのを往なしてカウンターで攻める。という戦い方が必要です。
まあコンサとジェフでは当然チーム力に差があるので攻めるに攻められないと言った事が大きいのかもしれませんが、2点目の古田選手の得点は正にカウンターと言って良いと思います。
一発で古田選手にボールが渡り、そのまま得意のパターンでシュートしてゴール!!でした。
先制したチームの戦い方をうまく実践できたのではないでしょうか。
今までできなかったことです。

細かい所では色々突っ込みたいのですが、今回はこのまま勢い付けてもらいたいと言う願いを込めて黙ってみます。

さて次節は…もう明後日ですね(汗
札幌ドームで横浜FC戦です。
カズvsゴンのレジェンド対決の為、なんとJ2なのにBSで生中継です(゜∀゜;ノノ
この場合、BS劇場はどのような効果を発揮するのでしょうか…

とにかく勝って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

まだ観れてません

スペイン優勝の瞬間は爆睡してました。
これから観たいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

予言卿

3位決定戦を当てましたね。
今大会は全勝と言う事でしょうか。

勿論パウル卿の件ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

パウルは動くタコ

あのタコの的中率って凄いですね。圧勝の時は躊躇無く選んで、接戦の時は悩んで時間を掛けるそうですので。
ドイツ国民は敗退をパウルの所為にしちゃだめですよ。

ワールドカップもとうとう決勝戦と3位決定戦を残すのみとなりました。
トーナメントに入ってから圧倒的な強さを見せ付けてきたドイツでしたが、これも圧倒的なボールポゼッション(のみ)を誇るスペインに負けました。
しかし入った得点がプジョル選手のCKからの得点だけと言うのが、スペインの窮状を物語っております。
それにしてもプジョル選手。
あれだけ長年バルサに居るのに、殆ど点を取ったことが無い選手なんですよ。
11年で8ゴールですから年間で1点以下なんですね。
だから言い方が悪いと今回のゴールは「まぐれ」なんですが、私はそうは思いません。
今回のスペインは戦い方がバルサっぽいので、そのバルサの中心選手(象徴的な選手)であるプジョル選手が点を獲るのは必然だったのかなと。
まあ、感傷的な話なのでまったく論理的ではありませんが。

決勝はオランダ対スペイン。
どちらが勝っても初優勝です。
個人的にはウルグアイvsスペインという決勝カードだったら楽しかったのですが、まあそこはそれ。
互いに攻撃的と称される(私が思うにスペインはある意味守備的ですけど)チーム同士。
面白い試合になることを期待します。
と言うか、個人的にスペインの優勝を望んでいます。


そして私の好きなプジョル選手が今回点を決めたので、次はもう1人の好きな選手シャビ・アロンソ選手辺りが爆発してもらえればと…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

がっかりさ…

アルゼンチンの敗退は、ある意味古きよき時代のサッカーが終焉した事を意味すると思います。
どれだけ驚異的な『個』を揃えても、それを纏めて運用できなければ張子の虎。
逆に突出して驚異的な個がいなくても、しっかりと運用する事により『個』を各個撃破できる。
まさにそんな試合だったドイツ対アルゼンチン戦でした。

本当はアルゼンチンに勝ってもらいたかったのですが、ここ数年で最も強いチームに仕上がったであろうドイツには適いませんでした。
このまま行くと、スペインもドイツに破れてしまうかもしれません。
そうなったら私の2010年ワールドカップも終焉を迎えます。

どうしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノルディーア北海道初観戦の感想

本日試合を観に東雁来まで行ってきました。

結果は1-4(前半0-1)で負けです。

まず思ったのは運動量の少なさ。
そして出足の遅さです。
出足と言うのは攻守の切り替えも含みます。
現在の最下位と言う結果は、相手に走り負けているのが主因てはないかと…

アマチュアとは言え、余りにも戻りが遅いわ押し上げが遅いわで、絶好のカウンターチャンスを潰したり、相手の押し上げが早いのもありDFが足りないと言った状況が多すぎました。
勿論選手個々は頑張っているのですが、チームとして約束事が決まっていないのではないか?と思える程連携が無く見えました。
多分そんな事は無いはずですけど。

多かったのが両サイドを簡単に突破される、またはサイドから簡単にクロスを上げられると言う状況。
本来であれば両ワイドの選手がフォローすべきエリアで相手選手がフリーになり、そこに配球されてピンチを招くこと数知れず。上の運動量などの問題だと思いますが、相手ボールになった時の切り替えの遅さは致命的でした。
勿論相手の両ワイド(SBかな?)が良かったと言うのもありますが、こちらのマッチアップする選手の動きの質もかなり『問題があった』ように思います。

また折角マイボールになっても中盤でイージーなミスや持ちすぎで奪われるシーンも多く、常に守備をしているような時間帯が多くなるのも問題ではないでしょうか。
チームとしてボールを奪ったら前に当てるとかサイドが上がって行ってボールを受けるとか、そう言った連動性・約束事が見受けられませんでした。その為かマイボールになっても判断が遅くなって中途半端なプレーをしてしまい、ボールを奪われたり、誰もいないところへパスを出したりと、落ち着いて次のプレーが出来ない様な状態に見えます。

思うに、今のノルディーアに必要なのはシンプル且つ即効性のある戦術ではないかと。
そこで思いつくのはアレですね。3ラインでゾーンディフェンス。
普通のプレッシングサッカーでは要求タスクが多すぎるので、ある程度役割、持ち場を決めて守備をする。そして攻撃は基本的にカウンター主体。
ボールを奪ったら兎に角相手DFの裏に蹴りだして一気に押し上げる。
これの繰り返しでいいのではないでしょうか。
まずは勝ちが欲しいですから、勝ちに拘る為に特化して見るのもひとつの方法かと。

飽くまでも私見ですので異論は認めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »