« いつも通りの無敵艦隊 | トップページ | W杯進行です »

2010年6月20日 (日)

ダッチオーブンが欲しいですな

キャンプのとき、あれがあると便利だよね。

さて、ワールドカップもグループリーグ2順目が終わろうとしていますが、日本代表はグループリーグ最大の敵オランダとの一戦を終えました。
正直な感想は、

「あれ?意外といけるんじゃね?」

です。
私は『ブロックを形成して守備を固めつつカウンター又は相手DFの背後にボールを出して攻める』と言う形になるのかなと思ってたんですが、意外とまともに勝負を仕掛けいた印象です。まあ総合的な実力には相当な差があり、攻められっぱなしで前半終了時点でのポゼッション率が㌧でもない事になっていましたが、終わってみればオランダ61:日本39と言う、まあまあ納得できる範囲で収まっています。
これだけポゼッションされていても被シュートが9本と言う事から『相手にボールを回させつつも危険なエリアへの侵入は防いでいた』というゲームプランは実行できていたのでしょう。
綿密なスカウティングと守備の連動性、運動量で実力差を埋めていた感じです。
返す返すも残念なのは、失点した時間帯の選手達の動きです。
後半立ち上がりからオランダが仕掛けてくるのは予想できたことです。オランダがそれまで行っていなかった最前線からの激しいプレッシングに押されるような形でDFが下がってしまい、トップとDFラインの間のスペースをかんたんに使われてしまいました。
またオランダのハイスピードなボール回しに対し後手を踏み続けており、前半のような『回させている』ではなく『回されている』になってしまったのがスナイデル選手のシュートにつながっています。前半であれば、スナイデル選手のシュートコースを切るポジションに必ず誰かが入っていた筈です。

ただそこからの試合内容は驚きでした。
オランダが引き気味になったのもありますが、選手がポジションチェンジを繰り返しながら豊富な運動量で攻め込みオランダゴールに迫ります。
それは、嘗てやろうとしていたオシム代表監督時代の内容に近いものだったと思います。
そしてそれは通用していました。
もしも、次のデンマーク戦で同じ事が出来るなら、グループリーグ突破が見えるのではないでしょうか。

心配なのはやはり体力面ですね。
あれだけ走っていますから、しっかりと体調を整えて次の試合に臨んでもらいたいものです。

|

« いつも通りの無敵艦隊 | トップページ | W杯進行です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/48676602

この記事へのトラックバック一覧です: ダッチオーブンが欲しいですな:

« いつも通りの無敵艦隊 | トップページ | W杯進行です »