« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月30日 (水)

120分+αではダメなんだね

昨晩のW杯、日本対パラグアイ戦。
まさに惜敗と言う言葉が似合う試合となりました。

恐らく本日更新されているブログ類の大半がこの話題だと思うので、細かな感想は書かないことにします。

やはり90分で決着を付けられなければ、若しくは延長戦で決着が付けられなければ、もやっとした感じで試合が終わってしまう。
PK戦と言うのはそれまでのプレー内容がまったく反映されない残酷なルール。言ってみればジャンケンで勝敗を決めるようなものですし、ただただ勝ち抜くチームを決める為だけに行う行為です。
純粋なフットボールともまた違う別の競技なのではないかと正直感じます。
(それを含めてフットボールだと言ってしまえばそれまでですが…)
また、PK戦と言うのはチームプレーではなく完全に個の戦いです。
グループリーグをチームプレー・団結力・戦術などの総合力で勝ち上がった日本にとって、メンタル面を含み個の力に全てがかかるPK戦になった時点で敗退は決まっていたのかもしれません。

今回は大会前の予想を覆す戦いぶりで評価が180度変わった日本代表ですが、それを認めさせた選手達、監督を含めたスタッフ達の努力は我々に想像できる類のものではないと思います。それ故に、最後まで得点を獲って試合を決められなかった選手達は更なる高みを目指して切磋琢磨して欲しい。
そして我々サポーターは彼らを支える為にスタジアムへ脚を運び、厳しく、優しく、彼らの戦いを後押しし、4年後の大会ではもっと興奮を味わえるような環境を創って行きたい。
今は日本各地にプロアマ問わず、数多のサッカークラブ・チームが存在します。
週末に脚を運んだ地元のアマチュアチームの試合で見た、フェンスひとつ向こうでボールを蹴っている選手が、もしかしたら4年後蒼いユニフォームを着てブラジルの地に立っているかも知れません。

そう思うと楽しくなりませんか?

自分達が応援していた身近な選手達がW杯の大舞台で戦う姿を見たくありませんか?

少なくとも私は楽しいですし、想像するだけでワクワクしてきます。
だから出来る限りJリーグの試合を観に行きます。
そこには4年に1度だけじゃなく、毎年悲喜交々のドラマが待っています。

今回のW杯で興味を持った方は是非、近くのサッカーチームの試合を観に行ってください。
4年後8年後の代表の為に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

誤審と言うものについて

昨日の試合。
勿論タイトルが示すとおり、イングランド×ドイツ、アルゼンチン×メキシコの判定についてです。
と言っても個々の判定をどうのこうの言うつもりはありません。

某ポータルサイトのニュース記事にコメントを付けられるものがあります。
まあ、そのコメント欄は非常にレベルの低い煽り等もあって某掲示板以上に酷いところもあるのですが、見ていると多かったのが、
「ランパードのゴールが決まっていたらゲームは判らなかった」
「誤審多すぎないか?」
「ビデオ判定導入しろ」
と言う意見。
他にもあるのですが、私が個人的に気になったのは上記3つの意見でした。

最初の決まったら云々の話。
正直タラレバは不毛です。気持ちはわかりますけどね。
あの時間帯は確かにイングランドが猛攻を仕掛けていました。
でも試合全体を俯瞰すると、ドイツのほうがしっかりとゲームを進めていたので、同点になったとしても後半に突き放された可能性が高いのではないでしょうか。
後半の試合展開を見る限りそう思えて仕方がないのです。

次の誤審多すぎないか?と言う件。
皆さん覚えていますか?
2006年のW杯。日本対オーストラリアの主審が誤審を認めた事を。
あれも決定的な場面でした。
因みにオフサイドの誤審に関しては興味深いレポートがあったりします。
2002年の日韓大会のとき、オフサイドの誤審がどの時間帯に集中していたかを検証したものです。
informaWorld(英語サイト)
上位リンク先のpdfファイル(英文)をダウンロードして読んでみると面白いかも。
(右クリでDL。稀にダウンロードしたファイルの拡張子がhtmlになっているのでpdfに変更してください)
かんたんにまとめているのは下記ブログです。リンクは貼れませんのでコピペしてくださいcoldsweats01
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/uncolpodivento/article/12
対象が2002年なので参考記録にしかなりませんが、オフサイドだけを見てもそれほど今大会の誤審が多いとは思えないのですよ。
特にワールドカップは普段サッカーを見ない人も注目しますので、メディアが判り易く取上げたものに話題が集中してしまいます。
また、海外のサッカーはレベルが高い=審判のレベルも高い、と思い込んでいる人も多いわけで、そう言う中での誤審は目立って仕方が無い。
実際には海外の4大リーグでも日本のアレな審判より酷いジャッジをする審判はごまんと居ますから、今のところ誤審が多すぎる!と言う指摘は当て嵌まらないのではないかと思います。単に誤審が起きた場面が悪すぎただけで。

お隣の国では世紀の大誤審とか誤審のワールドカップとか騒いでましたが、誤審は誰にでも均等に降りかかるものではないかと思うわけです。
寧ろお隣の国は2002年のとき誤審で上に昇って行ったと言われるほど対戦相手が不幸に教われましたので、今更誤審騒ぎを起こすのはどうなのよ?と思わざるを得ないわけですが…

3番目のビデオ判定の是非について。
コメントではゴール部分だけでも導入して欲しいと書かれていましたが、個人的には導入反対です。
フットボール(敢えてサッカーではなくフットボールと書きます)は連続性が重要なスポーツです。攻守の切り替わりが連続的におきるところが面白いわけで、その一瞬たりとも目を離せないスピーディーな展開が醍醐味なわけです。
(他のビデオ判定を導入している競技と同列視は出来ないのではないかなと思います)
そこにビデオ判定を導入したら…?
例えば冒頭のランパード選手のシュートの様に瞬間の判断が際どいシーンで、シュートされたボールを何とか掻き出したGKが味方選手にパスを出して、上手くカウンターを 仕掛けて点を取るチャンスがあった状況だとしましょう。
ラインを割ったかどうか一瞬で判断できなかった場合、一旦ゲームを止めて審判が映像を確認します。
そのためにまずGKのフィードは審判によって止められます。
その後審判が映像を見ながらゴールインかどうか判断。
ゴールインなら通常通り決められたチームがボールを持ってリスタートしますが、仮にゴールに入っていなかったら…?
そう。折角カウンターのチャンスがあったのに止められてしまうのです。
ほんの一例なのですが、そう思うと私はビデオ判定をフットボールに導入するのは難しいのではないかと思う一人なわけです。

上記の問題を解決するには完璧な審判が登場するのを待つしかないですね。
まあそれは奇跡とか言うものの部類になりますが、基本的に誤審は減らして欲しいと言う意見は当然持っています。
確かに機械に判断を託すのは正確な判断と言う面では正しい選択なのかもしれません。
でもそれではコンシューマーゲーム機のサッカーゲームと同じになってしまう。
人間がジャッジするからこそ、誤審も起これば計算が出来ない色々なドラマも生まれるわけです。

つらつらと書きましたが永遠に決着のつかない話題なだけに、今後も物議を醸すのでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

さて205分の16になったわけだが

恐らく日本人の大半が想定していなかった日本代表のグループリーグ突破、16強入り。
本戦前の状況を考えれば当然と言えば当然ですが、著名な解説者や評論家が挙って全敗するだの突破は無理だの、ネガティブな情報をメディアに乗せて発信していたのも本戦前の評価の原因でしょう。
私自身も想定していませんでしたから他山の石とも行かないのがちょっと…
今はそれほど思い入れが無いとは言え、自国の代表を信じられないのは遺憾と思いました。
本当に申し訳ありませんでした。
それから…プロの評論家や、テレビで岡田監督を(人格攻撃を含め)散々叩き続けた著名人は深く反省してください。

上記の事は我々の応援するクラブチームにも言える事ですので、軽々しく叩くなどと言う行動は執っちゃいかんのかなと思うグループリーグでした。

で、次はパラグアイとの試合です。
日本は南米系には相性が悪いので不安な面はありますが、基本的に戦い方は同じになると思われます。
パラグアイは技とスピードに組織力を持った素晴しいチームですから、恐らくオランダ戦に近い形になるのかなと。
そのように考えれば勝ちを獲る事も可能性としては結構高く感じます。
勝利を信じて自分達の力を出し切ってくれることを願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

W杯進行です

いつもより更新頻度をageています。

壮絶な試合となったポルトガルvs北朝鮮ですが、その影で(?)ひっそりとチリがスイスを下してグループ首位に!
密かにチリには期待しているのですよ。
その後をスペインとスイスが追従していますが、次の試合でスイスが負けないとスペインは危ないのかな?

そしてこれから問題噴出中のフランスと、開催国初のグループリーグ敗退となるのか?南アフリカ、と言う試合となります。
何だかフランスはあやしいですね。

では試合を観ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

ダッチオーブンが欲しいですな

キャンプのとき、あれがあると便利だよね。

さて、ワールドカップもグループリーグ2順目が終わろうとしていますが、日本代表はグループリーグ最大の敵オランダとの一戦を終えました。
正直な感想は、

「あれ?意外といけるんじゃね?」

です。
私は『ブロックを形成して守備を固めつつカウンター又は相手DFの背後にボールを出して攻める』と言う形になるのかなと思ってたんですが、意外とまともに勝負を仕掛けいた印象です。まあ総合的な実力には相当な差があり、攻められっぱなしで前半終了時点でのポゼッション率が㌧でもない事になっていましたが、終わってみればオランダ61:日本39と言う、まあまあ納得できる範囲で収まっています。
これだけポゼッションされていても被シュートが9本と言う事から『相手にボールを回させつつも危険なエリアへの侵入は防いでいた』というゲームプランは実行できていたのでしょう。
綿密なスカウティングと守備の連動性、運動量で実力差を埋めていた感じです。
返す返すも残念なのは、失点した時間帯の選手達の動きです。
後半立ち上がりからオランダが仕掛けてくるのは予想できたことです。オランダがそれまで行っていなかった最前線からの激しいプレッシングに押されるような形でDFが下がってしまい、トップとDFラインの間のスペースをかんたんに使われてしまいました。
またオランダのハイスピードなボール回しに対し後手を踏み続けており、前半のような『回させている』ではなく『回されている』になってしまったのがスナイデル選手のシュートにつながっています。前半であれば、スナイデル選手のシュートコースを切るポジションに必ず誰かが入っていた筈です。

ただそこからの試合内容は驚きでした。
オランダが引き気味になったのもありますが、選手がポジションチェンジを繰り返しながら豊富な運動量で攻め込みオランダゴールに迫ります。
それは、嘗てやろうとしていたオシム代表監督時代の内容に近いものだったと思います。
そしてそれは通用していました。
もしも、次のデンマーク戦で同じ事が出来るなら、グループリーグ突破が見えるのではないでしょうか。

心配なのはやはり体力面ですね。
あれだけ走っていますから、しっかりと体調を整えて次の試合に臨んでもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

いつも通りの無敵艦隊

つくづくワールドカップのスペインは、どれほど予選で結果を出していても本番で残念な事になりますなぁ…まあ、グループリーグは突破するでしょうが…
個人的にサッカーに深く嵌ったのは10数年前に購入していたワールドサッカーダイジェスト紙(当時はTV中継などは期待できませんでしたので)に載っていたリーガエスパニョーラからだったので、大きな大会ではいつも応援する国・チームでした。
お気に入り選手はシャビ・アロンソとプジョールです。

スイスはスペインに主導権を握られつつもそれは想定済みで、相変わらずのボール回しでスイスを翻弄していたスペインはゴール前まで侵入出来る回数は僅か。
シュートも枠に飛ばない物ばかりでした。
試合中はスペインが試合を支配しているように見えましたが、終わってみれば完璧なまでにスイスが試合をオーガナイズしていたのかなと思えます。
まあ失点シーンは台所で皿を洗っていたので観てないのですけど、あれは最初のセカンドボールの処理をミスしたのが致命的でした。
あのボールがスイスに収まった時点でバイタルで2対1の有利な状況です。
カシージャスが頑張っても、あれが限界でしょう。

1本のミス(ズレ)が致命的になるのは、全ての動きが連動しているパス回しとポゼッション中心のチームの弱点ではありますね。
ただ私はこのスタイルは貫いて欲しいと思っています。
観ていて楽しいですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

函館では何故か勝てないげそ

Ikamusume_2

イカ娘は関係ないです。

怪我人が守備陣に集中してSBが置けなくなり、急遽3バックでの試合となった今節。
踵を怪我している近藤選手とサイドの髪をバッサリ切った(剃った)キリの選手を2トップに、トップ下に内村選手、左に古田選手、右に芳賀選手、中盤の底は宮澤選手と怪我から復帰した上里選手が務めました。
私がスタメンをオフィシャルのメールで確認した際、どうも納得いかなかったのが芳賀選手の右サイド配置。
普通に内村選手を右に、トップ下置くのなら宮澤選手でいいのでは?と。
芳賀選手がセンターに居ないと中盤のバランスが悪くなるのでは?と。
あとどうせ右サイドに芳賀選手を持っていくなら、昨年やっていたように芳賀選手を右サイドバックに置けばよかったのではないでしょうか。
何かこう、何をしたいのかがまったく見えてこないのが心配です。

試合内容についてはお互い因縁のある選手が得点した、傍から見たら興味深い試合だったかと。ドロー相当の試合だったのではないでしょうか。
ただ今日まで観て来て思うのは、自分達のボールになった瞬間の動き出しの少なさ。
解説でも言われていましたが、受け手と出し手の1対しか動きが無い。
所謂オフザボールの動き、ダイアナゴルランといったものの少なさ。

丁度ワールドカップ期間なので他の国の代表チームと比較できて面白いのですが、コンサの目指す方向として考えていくと恐らくアルゼンチンになるのかなと。アルゼンチン対ナイジェリアを観てて思いました。
ただ現状ではその試合の相手だったナイジェリア、又はその前の試合で韓国と対戦したギリシャです。
(当然レベルはまったく違いますけど)

とりあえず1ヶ月ほど中断期間がありますので、もう一度自分達が何をしたいのか、しっかり考え直し(思い出し)て後半戦を迎えてもらいたいと思います。

でも内村選手は普通にFWとして使った方が良いんじゃないだろうか…
現状で一番得点が期待できる選手だけに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4試合終えて

ワールドカップも4試合終わりました。

開幕の南アvsメヒコは順当だったかなぁ?
メキシコの方は相変わらずメキシコでした。
ウルグアイvsフランスは寝ていたのと仕事があったのでまだ観ていませんが、カードの枚数的に結構荒れていたようですね。
1日目はどちらのカードも引き分け。このグループはちょっと読めません。
南アがどれだけ頑張れるかが鍵になるのでしょうか。

本日の韓国vsギリシャは、韓国が良かったのかギリシャがダメだったのか判断しづらい試合でした。
全体的に韓国が優勢だったのは間違いないのですが、ギリシャのオタオタ振りが目立ってしまったので韓国が良かったと断言しづらいです。
結果的に2-0で韓国が勝ちましたが、ギリシャが焦ったようにゴール前へボールを入れ続けたので何とかなっていた感じがしないでもないです。
先程終わったアルヘンvsナイジェリアは割と良い勝負でしたが、アルヘンの試合巧者振りが出た試合だったかと。
結局セットプレーの1点しか動きが無かったのですが、ある意味
『アルヘンの個人技+組織力』vs『ナイジェリアの身体能力+GK』
と言う感じの試合だったのかなと感じました。
スカパー!解説の2人も言っていましたが、ナイジェリアの方はゾーンで守っているにもかかわらず余りにも受身過ぎであり、ボールの無い場所では確実に守備が甘くてフリーの選手を作りまくってました。
それで失点が1で済んだのはGKが奮闘したお陰でしょうか。
少なくともメッシ選手の枠内シュートを4本は防いでましたし。
そう考えると、このグループの行方を握るのは実はギリシャなのかな?

これからイングランドvsアメリカという興味深い試合があるのですが、それ以上に興味のあるコンサドーレvs愛媛FC戦が明日の日中にあるので寝ようと思います。

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

ブォーン

とうとうワールドカップが始まりました。
初戦は南アvメヒコというカード。
当然観ていたわけですが、スカパーは現地のオシム氏&スタジオのトルシエ氏と言う豪華解説付きでした。
兎に角オシム氏に話を振ると止まらないので、MCの野々村さんが少々困っていた様子。
そりゃ隣にトルシエ氏がいるし気も使いますわな。頭の方が進行しなければいのですが。

時間的なもので開幕試合しか観られませんでしたが、ウルグアイvsフランスは西村主審が笛を吹いて7枚のカレー券を進呈したそうで…
後で試合を観て妥当なものだったか確認したいと思います。

これから1ヶ月は、4年に一度サッカーファンが寝不足になるお祭りが続きます。
皆さん隊長体調には充分気をつけて。

明日は函館でコンサの試合ありますよ!!

私は主に経済的な理由で行けませんが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

まず落ち着け

ここの所まともに記事を考えてる余裕がありません。
物書きとしては失格ですね。本業じゃないにしても。

え~…
現在最下位の草津相手にドロー劇。
正直、後半の絶望加減は半端なかった…
書く事を纏めていないので今日は触りでやめて起きます。
明日(今日)からW杯も始まりますし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

ここは酷い腐海ですね

駆け足で5月の試合を振り返るこのブログ……あれ?
そんなわけ無いですね。
公私で色々と心労が祟って放置状態でした。

さてまずは大分戦in室蘭。
行こうかどうか迷っていましたが、直前に精神的なショックを受けており、ちょっと試合の方に意識を向けられず断念。
あと経済的に札幌市内近郊以外は無理目なので、函館もパスになりそうです。
それは置いておいて。

試合内容はまあ順当かと。
ここの所調子を落としている大分で、過去に室蘭で戦った事のある相手だっただけに勝っておきたかったのですが、やはりと言うか、セットプレーのこぼれ球への反応が遅いと言う癖が露呈して追い着かれての引き分け。
勝っていれば確か一桁順位に浮上できただけに勿体無い試合でした。

続く徳島戦。
ここ数試合得点の無い徳島でしたが、付き合うようにこちらも無得点。
朴選手がデビューでしたが、守備の面で頑張っていたものの攻撃面では効果的とはいえない感じでした。
後半に怪我持ちの宮澤選手を投入しなければならなかったのが象徴的です。
この試合の前に上里選手が怪我で離脱してしまったのが結構痛かったところ。
結局中盤から前の機能不全でシュートまで持っていけなかったのがなんとも。上里選手がいたらミドルシュートと言う武器があっただけに少々展開が変わったかもしれませんね。
ただ、北九州戦辺りからキリノ選手の持ち味が出るパスが多くなってきて、キリノ選手も調子を上げてきたのが良かったところかなと。
まあ、お互いシュートが少なくて得点機会も余り多くなかっただけに、不完全燃焼なゲームだったのかな。

そして厚別開幕戦となるカターレ富山戦。
SODAキッチンや古田(兄)の応援、元ホペイロ純平君の出店、新得の物産展などイベント盛りだくさんだったわけですが、残念ながら出遅れた私はSODAさんのカレーを一緒に観ていた仲間からひと口ふた口分けてもらっただけでした。
でも美味しかった。流石は曽田さんです。
今節の目玉は、2種登録のユース選手、三上選手がチーム最年少初出場で初先発となったことでしょうか。
正直驚きの連続でした。
昨年の古田選手も同じことを感じましたが、札幌ユース伝統の変態プレーヤーの系譜は間違い無く継いでいます。
まずボール捌きは上手いです。そして視野が広い。
何度も良い場所にパスを供給したり、すわ!(何時代の言葉だよ)と思わせるシュートを打ったり。
古田選手は独特のドリブルやシュートパスが魅力の選手でしたが、三上選手はドリブルよりも足元の技術と視野の広さ、それと高威力で精度の高いシュートが武器なのかなと。
初めてのJとは思えないほど落ち着いており、自分の持ち味は結構出せていたのではないでしょうか。
あと忘れてはいけないのが、兄の応援のおかげか古田選手が30試合目にしてJ初ゴール!
ゴールが決まった後のあのガッツポーズが象徴するように、古田選手だけではなく、皆が待ち望んでいたゴールでした。
ゴール裏の話では、シュートを撃つ瞬間、まるでモーゼの十戒のようにシュートコースが開いたとの事。
そして蹴った球は所謂ブレ球で、キーパーの前でゴール左隅の方に急激に弾道が変化したらしい。
また忘れてはいけないのが西嶋選手の同点弾。
あの瞬間、左サイドに三上選手が開いて上がっていったのを無視して切り込んでいくのを観て
「ばか、そこは三上だろ!!」
と大声を張り上げた事は謝ります。ごめんなさい。
あの思い切りの良いシュートが無ければグダグダで終わった可能性が高いので、今節の勝利の立役者は西嶋選手ではないかと思います。
あと宮澤選手のゴールは現地で観た感じでは
「オフサイドだよね?」
と言うくらいのタイミングだったのですが、後から見たら富山のDFが1人上がり遅れていてオンサイドだったのですね。
まあどちらかと言うと狙ってあの位置にいたというよりは、相手DFが邪魔で戻れなかったところに良い具合にボールが来たという雰囲気だったので、非常にラッキーな部分はあったと思います。
それでもゴールを決められた事は素晴しい。今までの試合ならば多分決まっていなかったでしょう。

全体的に観ると、立ち上がりこそ数度のチャンスを作れたものの、前半10分頃から富山の速い攻めにバランスを崩してしまった部分があり、その中で「そこしか狙えないだろう」と言うファインゴールを決められてしまう苦しい展開でした。
ただ前記の西嶋選手のゴールに見られるように、選手全員のゴールへの意識は今までのどの試合よりも高く、それが前半の残り15分頃か徐々に効果を現して今季初の逆転勝利に繋がったのかなと。
根本的な課題であるパス精度などはまだまだ改善の余地がありましたが、今節は三上選手が思った以上に対応でき、藤田選手のSBも何となく様になってきて、中盤は宮澤選手と芳賀選手のバランスが上手く取れるようになり、何よりも藤山選手がここに来て存在感を増してきたのが大きいのではないかと。
今節も数度、藤山選手の鋭い読み、そして「とても上手い身体の使い方」が冴えまくっていました。
あれが無ければ、富山にもっと決定的なシーンが増やされていたのかなと。
相手が現在J2最多失点の富山ですので他の上位チームと単純比較できないのですが、少なくとも現状で下位に低迷しているチーム相手ならば互角以上に戦えると言うのは一つの目安になります。
今回の試合でいい方向にチームが変わってくれれば…

   
さて、次節はこのブログの右上ににあるように第16節6月5日(土)、正田スタジアムでザスパ草津戦です。
今節は「柏に今季初黒星をつけちゃうのかい?」と言う感じの戦いを見せたチームですので、相当自信を持って試合に臨んで来るはず。
こちらも今節の勢いを殺さないよう、全力で勝ちに言って貰いたい。

勝てない相手ではない筈ですので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »