« 戦えと戦えと誰かが叫ぶ | トップページ | こんなじかんになにやってるかと言うと »

2010年4月25日 (日)

スカイツリーをください

先程終わった試合。
恐らく、前半のセットプレーでの失点が無ければ2-1ではなく1-0で終わっていたかなと言う感想です。
現状で「高さ」と言うサッカーに於いては重要なファクターが足りない札幌だと、CKや自陣でのFKを相手に与えるのは非常に危険な行為と言う事がよく判りました。
まあ、失点の両方ともが一旦防いだ後のこぼれ球を押し込まれているのですが、そもそも最初に遠くまでクリアしていればまだ立て直すことはできる筈…
その意味で単純にハイボール対応できるDFがいない現状だと、如何にゴールラインを割らせないか、自陣でのファールを如何に減らすかが重要になるかと思います。
あとはGKの髙原選手が飛び出しを得意とするタイプではないと言う事。
もし飛び出しが得意なGKであれば、失点したCKはパンチングでクリアできるような軌道のボールでした。
その辺りを考えれば、現状最も効果的なのはCBにソンファン選手が復帰する事なのかも知れません。
(それはそれで問題が出るわけですが…)

あと上里選手の同点ゴールは素晴しいものでした。
ただ返す返すも残念なのが、同点に追い着いた時間帯で選手が動かなくなった事。
あの辺りはまだ水戸のDFも点を取るために前に出ていたので、もう少し前からボールを追っても良かったのではないでしょうか。
それこそそこでキリノ選手を投入したら面白かったのではないかと。
まあ攻撃面では久し振りにスタメンになった岡本選手が結構キレていて、逆サイドの藤田選手もよく絞り込んだりして良かったのですが、藤田選手に関しては外に開いてドリブル突破するスペースが無かったのが残念でした。
また初出場の堀田選手は無難な出来でしたが、藤田選手との連携で相手サイドを抉る動きなどが出来るようになればもっと良い感じになると思われます。

交代ですが、私的には藤田選手と古田選手ではなく、岡本選手と古田選手でいいのではないかと思いました。
確かに左サイドだと古田選手の得意な左足を生かせないのですが、左でも切り込む事はできますし、右でプレーするよりもダイレクトでクロスと言う選択肢が増える分相手は嫌だったのではないかと。
堀田選手があまり高い位置まで抉らない分、右には藤田選手を残しておいた方が選択肢は広がったような気がします。
ただ、背の高い水戸のDF相手に簡単なクロスは難しいので工夫は必要ですが。
あと近藤選手は背の割には足元の方が得意な選手ですし、宮澤選手も同じですので、後半早めに中山選手を投入するのもありだったかもしれません。
実際には足元でボールを動かしたり切れ込んでシュートという状況を優先して作りたかったのでしょうが…

その後の2-1という状況では水戸がガッチリと引いてくるのは判り易いほど判ると思います。
そうなればキリノ選手の武器であるスピードはスペースが無くて生かせません。
最後の交代は中山選手にして、ワンチャンスをモノにするくらいの意気込みにしたほうが良かったのではないかと。
現状で引いた相手に自分でスペースを作り出せる選手は中山選手くらいしかいません。
折角息の合っている砂川選手が入っていたのですから、それを使わない手は無かったのではないでしょうか。
そう言う状況のときの中山選手ではないだろうかと。

これから連戦が続く中で、一番重要な初戦をHOMEで落としてしまいました。
これは相当痛いです。
次節は昇格候補の甲府が相手。
最近調子が上がってきていますので、AWAYと言う事も考えると今の状態ではかなり分が悪いです。
またその次は昨年まったく良い所が出せ無かったAWAY熊本戦です。
今年は昨年以上に手ごわくなっています。
その後はHOMEで東京Vが相手。
その次は初対戦となるギラヴァンツ北九州です。
最低でもこの中から3勝を上げないと上位陣には食い下がれません。
勿論負けは許されないので、最低でも3勝1分が目標となります。
今のコンサにその力があるかどうか。
日程が詰まっている為トレーニングだけで体勢を立て直すようなことが出来ませんので、あとは選手の気持ち次第と言う事になります。
意地でも勝ち点をもぎ取って来るような気概を試合で見せてもらいたいものです。

|

« 戦えと戦えと誰かが叫ぶ | トップページ | こんなじかんになにやってるかと言うと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/48178631

この記事へのトラックバック一覧です: スカイツリーをください:

« 戦えと戦えと誰かが叫ぶ | トップページ | こんなじかんになにやってるかと言うと »