« 岐阜戦の見所 | トップページ | スカイツリーをください »

2010年4月18日 (日)

戦えと戦えと誰かが叫ぶ

今更ですが柏戦の感想。

キリノ選手が外れた事により近藤選手と宮澤選手が縦の関係になる、所謂4411という形になっていたようですが、それほど悪くなかったかなと思います。
何よりもトップに近い位置で動く事により、宮澤選手の攻撃面での良さが出しやすかったのかなと。
あとは上里選手のFKが凄かった。
その前まではやや精彩を欠いた動きでしたが、点を取ってからはかなりのっている感じでした。
ただ最後の失点のところはもう少し落ち着いて飛び込まなければ防げたかもしれませんが、相手のフェイントが巧かったので、まあ仕方がないのかなぁ。

全体的に戦っていた試合だったと思います。
確かにリードしていた試合を追い着かれての引き分けですが、正直柏との実力差は歴然としていました。
ただ、失点してからの柏の猛攻も身体を張って止めていましたし、常に気持ちは負けていなかったと思います。
こういった試合を毎節やれるのなら、チームは成長するのではないでしょうか。

|

« 岐阜戦の見所 | トップページ | スカイツリーをください »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/48118651

この記事へのトラックバック一覧です: 戦えと戦えと誰かが叫ぶ:

« 岐阜戦の見所 | トップページ | スカイツリーをください »