« タンブラー導入してください | トップページ | 戦えと戦えと誰かが叫ぶ »

2010年4月 7日 (水)

岐阜戦の見所

見事に連携が無い攻撃陣ですかね。
それともパスの繋がらない中盤ですかね。
いやいやリフレクションに詰められない事ですかね。

なんかもう、振り返るのも億劫な、そんな試合でした。
見所はそれなりにありましたが、中盤のあらゆる意味でのミス合戦(当社比2倍)で潰した試合だったと思います。

基本的には前節、前々節と同じ布陣。
となれば問題はそれほど多くないと思われましたが、今節は中盤が受身になってしまったことが多くのピンチを招きました。
(失点はセットプレーで2つでしたが…3失点目はあの状況ではもう仕方が無い)
まず岐阜の狙いどころは簡単。
こちらのスペースにボールを配球する事。そして前線の2人がそこに入り込むこと。
中盤からシンプルにボールを出して、中盤を一気に飛ばすプレーを選択する事が多かったように思います。
かと言って放り込んでるわけではなく、意図的にスペースを作り出す動きをしていたのが印象的でした。
逆にこちらはパスを繋いで攻め込むスタイルをとっていましたが、ちょっとしたミスの一つ一つが割と致命的に…
監督の指示で両サイドを使う事、サイドチェンジをする事と言われていた筈ですが、基本は右から攻めて囲まれてボールの出し所が無くなって奪われる。
右から攻めて巧くパスで抜け出そうとすると連携ミスでボールを失う。
大きなサイドチェンジはアーリー気味のものを含めて殆どありませんでした。
それとパスに到るまでの前線の選手が行うオフザボールの動き、所謂アイゴアナルランダイアナゴルランが殆ど無かった様にみえました。
唯一目立っていたのが岩沼選手、西嶋選手や芳賀選手のオーバーラップ、飛び出しでしたが、芳賀選手は兎も角、西嶋選手は守備面で簡単にファールをしてしまったり、あっさりと抜かれたりで攻撃面での良い所が帳消しになる始末。
こうなってくると、岩沼選手が確実に伸びてきているのが唯一の希望かもしれません。
また試合後のインタビューで言っていましたが、宮澤選手はもう少し攻撃に比重を置いても良いのではないかと。
ただ本来、上記のプレーをさせるためにDFが我慢してラインを押し上げないとならないのですが、どうしても前の選手がミスでボールを奪われてカウンターを喰らうシーンが多く、否が応にもラインを下げざるを得ない。
ラインが下がるから中盤も引いてしまいセカンドボールへの反応や相手への対応が後手後手になる。
そして前線は孤立し、囲まれやすくなってミスを多発する。

悪循環です。

試合当初から受身になっていたので仕方が無いのですが。
相手も似たようなミスをしていましたが、それが結果に影響を与えなかったのは積極的なミスだったからなのではないか、と思うのです。
今のコンサのミスは、殆どが消極的なミスです。
中には積極的に行ってのミスもありますが、積極的なことと冒険をすることは似て異なるものではないかと。

そう考えると、恐らく最大のウィークポイントが中盤のバランス、そして積極性かと思われます。
自分達でゲームを動かす気にならないと相手は勢いづきます。
そういった点で宮澤選手にはもう少し前で仕事をしてもらいたいなと。
下がってしまうと、相手に対して恐怖心を与える事ができません。
これは守備を疎かにしても良いと言う事ではなく、自分で打開しようとする積極性がもう少し見えれば良いかなと思うわけです。
そう言う部分は内村選手を見習ってみると良いのではないでしょうか。
基本的に自分で積極的に仕掛ける選手は相手DFにとって非常に怖い存在です。
勿論、ただ突っかかって行けば良いという事ではありませんが、少なくともボールを只はたくだけ選手というのはそれほど怖い存在にはなりえません。
今節は2回ほど相手ゴール前まで詰めて来る動きがありました。
その時間帯はこちらの攻撃が割と上手くいっていたあたりです。
この時は全体的に動きが連動しており、途中までは人もボールもいい感じで動いていました。
(まあその後、簡単なミスでボールを奪われてカウンター気味になってしまったわけですが)
そういった時間帯を増やせればいいと思うのです。
今の戦力でできない事ではありません。恐らく技術的には問題ないはずです。
問題があるとすれば、所謂ハートの問題ではないかと。
精神論が好きなわけではありませんが、技術が互角以上の時、どこで差をつけなければならないか考えると、やはり心の部分が重要になってくるのではないでしょうか。
これはサッカーに限らず、どんなことにも言える不変の法則のようなものですから。

ちょっとエキサイトしてしまった為、またもや支離滅裂な内容になってしまいました。

次は柏戦です。
色々としがらみのあるチームですし、戦力的にも抜けているチームですので厳しい闘いになりますが、何とか勝って勢いを付けたいものです。

|

« タンブラー導入してください | トップページ | 戦えと戦えと誰かが叫ぶ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/48026164

この記事へのトラックバック一覧です: 岐阜戦の見所:

« タンブラー導入してください | トップページ | 戦えと戦えと誰かが叫ぶ »