« デルリス | トップページ | 岐阜戦の見所 »

2010年3月31日 (水)

タンブラー導入してください

湘南が導入しているタンブラーでビールを札幌も導入してもらいたい。
どうも。RaoUです。

とりあえず第4節は無事2-0で勝利しました。
連勝です。

まあ近藤選手様々なんですが、あれは岡山のDFでは止められないかなと思うくらい凄かった。
私が特に注目したのは、ボールを受けた時の近藤選手の動きでした。
ゴールに自ら運ぼうとする動きです。
DFを背負っていても、持ち前の身体能力を駆使して身体を入替えて前を向く。
上手く入れ替わったら重戦車並みの爆走状態に持っていきます。
多少の競り合いでは倒れない強靭な肉体。
「君は本当に日本人かね?」と聞きたくなる位凄い。
多分今まで在籍した日本人FWの中にはいなかったタイプかと。
近藤選手のおかげで外国人選手枠が(使われていないにしろ)一つ空きつつ、ある意味外国人選手並みの能力を持った選手が存在すると言う特異な状況になったのではなかろうか。
それと物凄く走る。
後半も後半、あのバテバテの状況で決めた2点目は本当に凄かった。
それまで散々走り回って足が動かなくなっていたはずなのに…
もしかしたら中山元気選手よりも走れるんじゃないかと。
まだ荒削りな部分もありますが、少なくとも下手に外国人よりコストパフォーマンスの高い近藤選手は、もしかしたら今期のキーマンになるのかも知れません。

あと、インタビューでも言っていましたが、近藤選手の1点目は恐らく中山選手が在籍していなければ咄嗟に取らなかった行動ではないかと。
今のところ後半の短時間で出場しているだけの中山選手ですが、選手として充分以上に貢献していますし、近藤選手の言葉のようにメンタル面やプレーの手本となる人材として充分活躍していることを伺わせます。
攻撃面では他に内村選手が相当効いている事も先日の試合で判りました。あれだけ得点を獲る事に貪欲な選手は見ていて気持ちが高ぶりますね。
藤田選手も左サイドをやっているお陰かプレーの幅が少し広がったように見えます。
勿論古田選手も同様で、切り込んでのシュートや、中に絞ってペナルティエリア付近までポジションを動かしてボールに絡む動きは中々見ごたえがありました。初得点はそれほど遠くないような気がします。

ただやはり気になるのが守備の問題。
前節から芳賀選手がセンターに入って藤山選手がCBで起用された為若干安定しましたが、ヒヤリとする場面が多々ありました。
今節は相手選手がシュートミスをしてくれたお陰で助かりましたが、簡単に縦を割られたり、サイドからの低めのアーリークロスへの対処など、課題はかなり山積みです。
前節に比べて宮澤選手が少し良くなっていたのが救いですが。
宮澤選手ですが、週コンで平川さんがコメントしていたようにボールの受け方がやはり悪いのでしょう。
今節は割と前向きにボールを捌けたので目立たなかった部分がありますが、もしもCHで勝負するのなら芳賀選手を少しお手本にした方が良いかも知れません。
芳賀選手は今でこそ守備的な選手になっていますが、元々は攻撃的な選手です。
時折見せる鋭い飛び出しなどを観ていただけると判ると思います。
スペースを埋めたり危機察知能力が高かったりと気の効く選手と言う事があり、現在は守備的に起用されている訳です。
芳賀選手を見ていると、ボールの貰い方が平川さんの言うCHの貰い方なのが判ります。
視界を確保しながら受けるので素早く捌け、あまりボールをこねくり回す事が無いということですね。

あと、藤山選手は巧いなぁ……
高さは無いですが、まともに競り合うのを避ける身体の当て方なんかは本当に巧い。
下手な選手なら相手を倒してファールにしそうな動きなのですが、自分の身体を巧く使っているなぁと。
今のコンサは平均身長がかなり下がっているので、あの守備方法は他の選手も学んで欲しいと思いました。

と言う事で次節は長良川に乗り込んでの岐阜戦。
その次はHOMEで昇格候補No1の柏を迎えます。
柏戦は相当厳しい闘いになることが予想できますので、岐阜を何とか下して勢いに乗って行きたいものです。




|

« デルリス | トップページ | 岐阜戦の見所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/47962747

この記事へのトラックバック一覧です: タンブラー導入してください:

« デルリス | トップページ | 岐阜戦の見所 »