« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月31日 (水)

タンブラー導入してください

湘南が導入しているタンブラーでビールを札幌も導入してもらいたい。
どうも。RaoUです。

とりあえず第4節は無事2-0で勝利しました。
連勝です。

まあ近藤選手様々なんですが、あれは岡山のDFでは止められないかなと思うくらい凄かった。
私が特に注目したのは、ボールを受けた時の近藤選手の動きでした。
ゴールに自ら運ぼうとする動きです。
DFを背負っていても、持ち前の身体能力を駆使して身体を入替えて前を向く。
上手く入れ替わったら重戦車並みの爆走状態に持っていきます。
多少の競り合いでは倒れない強靭な肉体。
「君は本当に日本人かね?」と聞きたくなる位凄い。
多分今まで在籍した日本人FWの中にはいなかったタイプかと。
近藤選手のおかげで外国人選手枠が(使われていないにしろ)一つ空きつつ、ある意味外国人選手並みの能力を持った選手が存在すると言う特異な状況になったのではなかろうか。
それと物凄く走る。
後半も後半、あのバテバテの状況で決めた2点目は本当に凄かった。
それまで散々走り回って足が動かなくなっていたはずなのに…
もしかしたら中山元気選手よりも走れるんじゃないかと。
まだ荒削りな部分もありますが、少なくとも下手に外国人よりコストパフォーマンスの高い近藤選手は、もしかしたら今期のキーマンになるのかも知れません。

あと、インタビューでも言っていましたが、近藤選手の1点目は恐らく中山選手が在籍していなければ咄嗟に取らなかった行動ではないかと。
今のところ後半の短時間で出場しているだけの中山選手ですが、選手として充分以上に貢献していますし、近藤選手の言葉のようにメンタル面やプレーの手本となる人材として充分活躍していることを伺わせます。
攻撃面では他に内村選手が相当効いている事も先日の試合で判りました。あれだけ得点を獲る事に貪欲な選手は見ていて気持ちが高ぶりますね。
藤田選手も左サイドをやっているお陰かプレーの幅が少し広がったように見えます。
勿論古田選手も同様で、切り込んでのシュートや、中に絞ってペナルティエリア付近までポジションを動かしてボールに絡む動きは中々見ごたえがありました。初得点はそれほど遠くないような気がします。

ただやはり気になるのが守備の問題。
前節から芳賀選手がセンターに入って藤山選手がCBで起用された為若干安定しましたが、ヒヤリとする場面が多々ありました。
今節は相手選手がシュートミスをしてくれたお陰で助かりましたが、簡単に縦を割られたり、サイドからの低めのアーリークロスへの対処など、課題はかなり山積みです。
前節に比べて宮澤選手が少し良くなっていたのが救いですが。
宮澤選手ですが、週コンで平川さんがコメントしていたようにボールの受け方がやはり悪いのでしょう。
今節は割と前向きにボールを捌けたので目立たなかった部分がありますが、もしもCHで勝負するのなら芳賀選手を少しお手本にした方が良いかも知れません。
芳賀選手は今でこそ守備的な選手になっていますが、元々は攻撃的な選手です。
時折見せる鋭い飛び出しなどを観ていただけると判ると思います。
スペースを埋めたり危機察知能力が高かったりと気の効く選手と言う事があり、現在は守備的に起用されている訳です。
芳賀選手を見ていると、ボールの貰い方が平川さんの言うCHの貰い方なのが判ります。
視界を確保しながら受けるので素早く捌け、あまりボールをこねくり回す事が無いということですね。

あと、藤山選手は巧いなぁ……
高さは無いですが、まともに競り合うのを避ける身体の当て方なんかは本当に巧い。
下手な選手なら相手を倒してファールにしそうな動きなのですが、自分の身体を巧く使っているなぁと。
今のコンサは平均身長がかなり下がっているので、あの守備方法は他の選手も学んで欲しいと思いました。

と言う事で次節は長良川に乗り込んでの岐阜戦。
その次はHOMEで昇格候補No1の柏を迎えます。
柏戦は相当厳しい闘いになることが予想できますので、岐阜を何とか下して勢いに乗って行きたいものです。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月29日 (月)

デルリス

追悼AAを作っていたらこんな時間になりました。
本当は先日の試合の感想を書きたかったけど、また今度にします。

デルリス選手はいい選手だったけど、当時の戦術に合わなくて申し訳ないことをした気になってしまいます。
2007年か2008年だったら上手く嵌ったかもしれませんね。

まだ26歳…

あまりにも早すぎる…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

もう3節目なわけだが

先日の続きを書こうとして送信ボタンを押したらエラーになり全て消えてしまってやる気をなくしたRaoUです。

今節でどの程度修正されているのか、どの位入れ替えがあるのか。
兎に角ここで何とかしないとズルズル引き摺ってしまいますので、立て直して欲しいところ。
あと芳賀選手は真ん中(CH的な意味)で使って欲しい。
心臓部がであるボランチが動かなければチームは瀕死の狸です。
ヤマト的な意味で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

ぱるぷんて

皆様お疲れ様です。RaoUです。

昨日の試合は振り返るのも苦痛なのですが、サポとしては目を逸らす訳にはいきませんので感想を書きます。

まず本当に立ち上がりの立ち上がり。
良い形でフィニッシュまで持っていけたので、この流れならいけるか?と思わせてくれまして。
あれは流れるようなボール回しで、あっさりとシュートまで持っていけてましたな。
しかし、その後がいけなかった。
まだ録画したものを観ていないので確信が持てないのですが、1失点目の原因はこちらの右サイドを簡単に突破されてしまった守備、そしてクリアボールを自陣バイタルで後ろに下げてしまった上里選手の判断が致命的だったのかなと。
まだ開始5分程度の時間帯ですから、あそこはセーフティに前へ蹴りだしてラインを押し上げるのが先決じゃなかったかと、試合を観ながら思っていたら失点してしまいました。
それはもう、あっさりと。
後ろに下げるのが悪い訳ではないと思うのですが、あそこはもっと考えて欲しかった。
2失点目はもう内容を忘れました(ぉぃ
余りにも情けなくて、記憶にとどめるのも難しいのでしょう。
兎にも角にも、1失点目で完全にペースが乱れてしまい、福岡に勢いつかせてしまったのは間違いないかと思います。

昨日の試合で一番出来が悪かったのは2枚のCHではないでしょうか。
最初にあげた上里選手の判断ミスは、その後試合中に数度観られました。
また宮澤選手も守備でそこそこ貢献はしていましたが、ここの2枚が上手く攻守の切りかえをできずに自滅した試合かなと思うわけで。
特に上里選手は誕生日だったせいもあるのか、かなり入れ込んでいる雰囲気が伝わってきました。それはもう危ういくらいに。
その所為なのか、判断ミスはかなり致命的なものが多かったように思えます。
例えば自陣でボールを受けた際簡単に横の選手にボールを預けたりして、そのワンプレーで両サイドでフリーになっていた古田選手や藤田選手に相手選手がケアする時間を与えてしまったり、若しくはボールを受けた後出しどころを探している間に2人3人に囲われてボールを獲られたり……
良い時の上里選手ならば両サイドへのサイドチェンジを簡単に選択していましたが、どうも一発で狙うような配球を狙っていたのかなと。
あと2枚ともポジションが低すぎでしたね。そのせいでいい様に中盤を使われてしまいました。
その辺は鳥栖戦と何も変わらなかったのでガッカリしました。
どちらか一方でも前に出てFWのフォロー若しくは追い越しを出来れば、福岡守備陣へのプレッシャーになってあそこまで酷い試合展開にはならなかったかなと。
センターが2列目3列目の飛び出しの動きをしていれば自然とサイドのプレッシャーが分散して基点を作れますし、DFもラインを上げやすくなりコンパクトな試合運びが出来たのかなと思うわけです。

結局前節を踏襲するような試合運びになってしまったのは残念な事ですが、とりあえずもっと気が利く選手をCHに入れれば少しは改善すると思うので、次節は芳賀選手辺りを入れて右サイドは藤山選手を試してもらいたいと。

書きたいことは山ほどあるのですが、とりあえず今日はこの辺で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月13日 (土)

電文

敵Avispa福岡見ゆとの警報に接し、Consadole札幌はただちに出動これを撃滅せんとす。本日天気晴朗なれども風強し。

札幌の興廃この一戦にあり。各員一層奮励努力せよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

今更開幕戦の感想

いやぁ
後半は完全に押し込まれてしまいましたね。
立ち上がりもそうでしたが、鳥栖の左サイドに入っていたキム選手が非常に効いていました。
マッチアップする芳賀選手もかなり頑張っていましたが、なにぶん左右に振り回されて西嶋選手がカバーに入るケースが多く、その西嶋選手があっさりと抜かれてしまって結構ピンチになっていました。
それでもCHの2枚が下がって守備をしていたので本当に最後の部分で粘っていたんですけど、あの一瞬のクイックリスタートで誰もセットされたボールに寄っていなかったのが致命的でした。
あれ以外は萬代選手も豊田選手も碌に仕事をさせていなかっただけに残念です。

後半攻められっぱなしだったのは、セカンドボールを鳥栖に殆ど拾われてしまったのが原因と思います。
上に書いたようにCHの2枚が下がって守備をしていたものですから、どうしても中盤が薄くなってボールを拾えず、奪ったりカットしても前線へのロングボールしか攻め手がなくなっていました。
そしてターゲットの近藤選手はフォローが無いため、孤立したままボールを奪われ再度攻撃を受けてしまう、と言った流れでどうしたらいいのか判らなくなってしまったのかなと。
週コンで平川さんも言っていましたが、CHのうちどちらかが頑張ってボールを運んで上がっていかないと、攻守の切りかえが出来無かったのではないかと思います。
これは攻撃が殆どカウンター気味でしか効かなかった事にも連動するかと。
CHが頑張らないとSBやSHの押し上げも出来ませんし、孤立した前線は相当人間離れした選手でなければボールを収めるなどと言った事は難しいでしょう。
ましてや近藤選手はポストプレーが素晴しく上手い選手ではありませんし。
(寧ろ内村選手の方が上手いような気がします)
選手の距離が離れているものですから、SHの2人も孤立してしまうケースも多々あったように記憶しています。
結局、チームの要であるCHが機能しない時はこうなってしまうよ、と言う典型的な例が後半のコンサでした。

攻撃面では、キリノ選手が出られない現状で前線の駒不足を感じさせないのは良かった点でしょうか。
しかし、近藤選手は完全にマークされていたので(恐らく鳥栖側のスカウティング成果かと)持ち味は半分程度しか出せていませんでした。
内村選手も縦へのスピードを活かす場面が少なく、恐らく不完全燃焼ではなかったかと。
しかしながら藤田選手に中へ切れ込んだり、シュートする意識が芽生えてきたのはいいことではないかと。
元々快速が売りでシュートも結構上手い選手ですから、上手く機能すればFC東京の石川選手張りの爆発が見られるかも知れません。
それと忘れてはいけないのが中山選手の動き。
砂川選手は良く中山選手の動きを見ていたなぁ、と感心したのですが、中継では判らなかった中山選手の動きがありました。
現地の方の話では、一旦DFの側から外に動いてフリーになりつつ裏に抜け、PA内を横断するように突っ込んで言ったとの事。
衰えたとは言え、その一瞬の動き、そしてパスを引き出す動きと言うものは、流石レジェンドと言った所でしょうか。それに反応した砂川選手も、やはりベテランの落ち着きがあったのかもしれないですね。
あのシーンはドンピシャのタイミングだったのですが、残念ながらキーパーが反応してボールはポストの左に逸れてしまいました。
(判定はゴールキックでしたが……)
決まっていれば道内マスコミも大騒ぎだったでしょうし、ホーム開幕戦もかなり盛り上がってくれたのかなと妄想したり……
あ、全国ネットの方でも話題になっていたかもしれませんね。キー局のアナウンサーが何人か来ていたようですから。

さて、次節は開幕戦で昇格候補甲府を3-1で破った福岡が相手です。
甲府の調子が今一だったと言う情報もあり、また3点のうち2点はかなり運の良いゴールだったとも言われていますが、少なくとも甲府を破ったのは事実ですのでかなり手ごわいのかなと思うわけです。
でも、昨年から監督が変わっていないということもあって絶対に負けたくない相手でもあります。
(未だにあの試合のガイキチじみた暴言の数々は忘れていません)
そして3月13日は昨年福岡相手に相性の良かった上里選手の誕生日です。
ここは何とか頑張って、サッカー成分が不足してしまった北海道のサポーターに、勝利と言うサッカー成分を補給してもらわないといけませんね。
そして上里選手の誕生日を勝利で祝いましょう。

さらに、狸小路5丁目のばんぶうも開店1周年と言う事で、これも盛大に祝う必要があります。
(フラグ立てまくりですな……)

ぜひ勝利を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

今更PSMの感想

さて、既にコンサの2010年開幕まで3日になったわけですが、今更ながら先日の大分とのプレシーズンマッチについてのエントリーです。

素直な印象は

「勝てねぇなぁ…」

と言うところ。

守備面でDFラインに故障者が3人も出れば苦しいのは当たり前なんですが、個人的には芳賀選手の調子が悪いと言うところが致命的かなと思うわけで。
最初の失点は石川選手が自ら認めているように判断ミスが直接の原因なのでしょうが、CHのどちらか、若しくはSBが気を利かせていればボールの出所にプレッシャーを掛けるなりすることは出来たのかなと。
昨年……と言うよりも、ずっと以前からコンサが悪い時に出来ない事ってのが、このボールの出所を潰す、と言う作業ではなかろうか。
大体は運動量が落ちてきた時にやられるということが多いのですけど、今のやり方だとその辺り(運動量)の修正は難しいわけで。
でもそこを抑えなければ一気にピンチを迎えるのですから、できれば気の効く選手を1人、現状では芳賀選手か藤山選手辺りを中盤に重石として使って欲しいと思うところ。

攻撃に関しては昨年の「キリノ選手お願いします」ではなく「近藤選手お願いします」になってるのかなと思うわけで。
いや、悪い意味ではないです。
昨年と一番違うのは、近藤選手+キリノ選手+内村選手と言うパワー×スピードの組み合わせができると言う事。
そしてその3人は全員得点を期待できると言う事。
近藤選手はポストプレーこそ上手くできませんが、ボールを失わない非常に日本人離れしたフィジカルの持ち主と言う事がわかりました。
そして兎に角前へ向いてシュートを打つと言う意識が強い。
ディフェンスを背負った状態から強引に反転してゴールへ向かう事の出来る選手は中々居ません。
更にシュートが上手い。
近藤選手がシーズン通して試合に出続けられるかが、今シーズンの成績に直結するのでは無いでしょうか。
キリノ選手の調子が上がっていませんが、仮に試合に出られるコンディションでなくても内村選手が居るので、確かにFWの層は厚くなった感じがします。
中山選手はやはり身体が自分のイメージと合っていないのじゃないかと。
ただし、動き出しやリターンパスを引き出す動きは流石でした。
大きく動く事は難しいかもしれませんが、ゴール前で戦う分にはまだまだ相手には怖い存在でしょう。
あとは周りの選手がどれだけ良い配球を出来るかが鍵になりそうです。
そう言った意味で、両サイドバックで起用されている岩沼選手と李選手の精度の高いクロスは中山選手を活かせるのかと思うわけです。
プレシーズンでは得点こそそれほどあげていないのですが、攻撃面での不安はそれほど感じませんでした。

でも、まあ、やはり守備がなぁ……
もう少し中盤の構成を練り直す方向か、宮澤選手と上里選手にもう少し気の効いたプレーと厳しいディフェンスを期待するしかないのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »