« Legend | トップページ | 荒谷選手甲府入りおめでとう! »

2009年12月20日 (日)

オフッ!?の話題

最終節の手抜き更新から時間が経ちました。
この間にコンサ周辺でも色々動きがあって、まだ発表されない選手の動向とか気になるわけですが。

まずは藤山選手、内村選手、ようこそコンサドーレ札幌へ!!
藤山選手は36歳、2009年の出場数が片手で足りる数とは言え、FC東京サポが言うには90分フルでも大丈夫だと言う事です。
常に準備を怠らないで、いつ試合に出ても大丈夫な状態に体調をキープするのが得意……と言うか非常にプロフェッショナルな選手なので、若手の多いコンサには良い影響があるのではないでしょうか。勿論戦力として計算できます。
基本的に藤山選手はSB、CBのどこでも出来ますが、身長の事を考えるとSBの補強として獲得したのでしょう。
実は藤山選手の守備センスに脱帽している方がサポ仲間にいまして、その人と、また東京サポの方も言っていたのですが、兎に角DFとしての読みが鋭いと言う事でした。
東京ではCBをやっていたこともあるのですが、高さで勝てない分、放り込みなどに対しては相手より前で『腰』を使って競り合うそうです。
またパスカットなども上手く、カウンターなどの基点として期待できます。
来期はベテランにしか出来ない渋くてクレバーなプレーを見せて貰いたいですね。
内村選手は今期の活躍を見て判るように、スピードとアグレッシブさと決定力を持った、小兵ながら素晴しい選手です。
またウイング的なプレーや2列目も出来るため前目のどこでも使えると言う、選手数を少なくしなければならないコンサにとっては有難い人材でしょう。
ただ注意しなければならないのは、今期の愛媛の戦術が内村選手重視型だったことです。
コンサだと丁度キリノ選手と同じ様な扱いですね。だから愛媛のなかで頭が抜けていたわけです。
それでも点を獲っているのは事実ですので、上手い具合に嵌ってくれれば得点量産が可能かも知れません。

続いて石川選手残留。
今期の守備の要と言う事で間違いないでしょう。
期限付きで次はどうなるかわからないとはいえ、ユース時代から在籍していた柏に戻らず残ってくれた事には感謝したいです。
石川選手が抜ければ当然守備陣は再構築に近くなりますから、2008年の轍を踏む訳には行かないコンサにとって最重要ポイントの一つでした。
これで守備に関してはある程度目処が立ったと思いたいですね。

次は石井選手。
今期限りで契約満了となってしまいましたが、ここ2~3年は戦術の兼ね合いもあり石井選手にとって我慢の年だったと思います。
FWの相方が2008年に在籍していたアンデルソン選手や中山元気選手だったら石井選手のプレーが生きていたでしょう。
愛媛の環境は間違い無くコンサより厳しいはずです。
札幌ユース出身の選手としてやはり愛着がありますので、その厳しい環境でより成長してくれる事を願います。

中山元気選手。
FWとしては得点が中々獲れないという選手でしたが、実は嗅覚は鋭い選手でした。
どうしても献身的な守備に目が行きがちですが、ゴール前のポジション取りはとても上手ですし、ゴールに迫るときの泥臭さは他のFWに無いものです。
また年々プレー内容が上向いており、怪我やインフルエンザで出られない時期が無ければもっと活躍してたかと。
スピードこそ無いものの、印象と違って足元の技術が高く、ボールのキープ力はキリノ選手よりも高かったのではないでしょうか。
そう考えると、献身的な守備や長身であるなどと言う長所の所為で他の長所が霞んでしまったのかなと思うわけで。
まだ次のプレー先が発信されていませんが、まだまだJでやれる選手ですし、早く次のチームが見つかる事を祈っています。
(レノファ山口が有力らしいですけど…)

柴田選手。
J1昇格直後のDFが居ない!!と言う緊急事態で頑張ってくれました。
またセットプレーでは素晴しい得点感覚を発揮してくれ、チームを救った事もありました。
ただDFとしてやってはいけないミスなども多く、大卒選手としてはその辺りで厳しい結果になってしまったのかなと。
これが高卒やユース上がりなら今回のように契約満了にはならなかったのではないでしょうか。
ただまだまだ若い選手なので、今後の頑張りに期待したいです。

荒谷選手。
その風貌から強面に思われがちですが、実は気さくな方で、他の若手選手達にも慕われていたようです。
今期前半はベテランらしいプレーでチームを引っ張ってくれましたが、同じ様な(いや、もっと悲惨かも)境遇の髙原選手が開花してくれて、後半はサブメンバーとしてチームを支えてくれました。
今後現役を続行するのか指導者の道を進むのか発表されていないのですが、GKは年齢がほぼ関係ない唯一のポジションなので現役を続けて欲しいと勝手に思っています。
まだまだ選手として他のJリーガーに伝えられる事はあると思いますので。

そしてビックリしたのが西選手の新潟期限付き移籍。
恐らく相当な葛藤はあったと思います。
サポなら彼が相当の努力家である事を知っていますし、チームへの想いが非常に強い選手であることを知っています。
それ故に複雑な感情を持つ方も多いでしょう。
でも向上心も高い選手ですので、レベルの高い場所に行くのは本人の中では規定路線なのだったかも知れません。
また昨年までとは違い、本来のポジションでプレーできなかったというのも原因としてあるかも知れません。
ほぼ全てのポジションをこなせる、Jでは特筆すべきマルチプレイヤーですから、現状のコンサでは便利屋的に使われてしまうのも仕方が無いことでした。
私はトップこそが彼の生きるポジションだと思っています。
本人はボランチを志向しているようでした。
ただ恐らく新潟の考えているのはSBとしての西選手。
このあたりをどう折り合いつけていくのか。
再来年、大きく成長して帰ってきてくれることを切に願います。

そして今OFF最大の話題が中山雅史選手へのオファー。
選手本人について今更語る必要は無いですね。
Jリーグの功労者であり、J1最年長選手です。
過去の人と言う言い方もありますが、話題性では未だにJトップクラスの注目度でしょう。
特に地方クラブでは『ゴン』が来るとなれば、初動の集客力にかばり影響があるはずです。
選手としては、今期の状況を見る限り相当厳しいのは間違いありません。
ただ飽くまでも現役を続けるために我を通すメンタル面の強さ、最後まで諦めない姿勢などは若手の多いコンサにとってプラスになりそうな気配はあります。
12月20日現在は熊本か札幌に絞ったと報道されており、恐らく環境面で札幌有利ではないかと。ただ待遇(給与)面は各チーム以下だったらしいですね。
サポ内では賛否両論喧々諤々と言った感じでしたが、個人的に反対する理由は有りません。寧ろ獲って貰いたい。


次の更新は発表が出揃った後になりそうです

|

« Legend | トップページ | 荒谷選手甲府入りおめでとう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/47069319

この記事へのトラックバック一覧です: オフッ!?の話題:

« Legend | トップページ | 荒谷選手甲府入りおめでとう! »