« 札幌育ちと札幌巣立ち | トップページ | 紙一重は実は紙1枚じゃない »

2009年9月17日 (木)

甲府戦とVT正義

今回は色々考える事が多い上、プライベートでも問題が山積で支離滅裂かもしれません。

さて甲府戦。
ここ数戦負けはありませんでしたが、前節は薄氷の思いの逆転劇。
今節の甲府は高い位置からのプレスと高く保つDFラインで中盤を制圧するチーム。今のコンサと同じ様な戦い方をするためガチンコ勝負になりました。
観た感じでは札幌の方がボール支配率が高かったように思えましたが、パスの受け手があまりよい動きを見せず甲府守備陣を揺さぶれないまま足元へのパスばかりで簡単にカットされ、結局前半は何も出来ないまま甲府に良い様にやられて後半へ。
後半は藤田選手のゴール後に暫く良い時間帯があったのですが、ここも動きの悪さがあった為追加点が奪えませんでした。
ダニルソン選手の負傷交代や中山選手の欠場と言う不測の事態を考慮しても、これは完全にチーム力の差だったのかなと言う感じです。
選手個々の力では遜色ないと思いますが、チームとしての成熟度や試合中のプレー精度、ゲーム運びに差があったのかなと。
今期上位陣に良い成績が残せないのはこういった面での力不足が原因かなと思います。
今節の敗戦で昇格は数字上可能性があるものの、上位陣の自爆が無い限りは3位に滑り込むのも難しくなりました。
だからと言って応援はやめませんが、ここまできたら、腹を括って今までやってきたことを貫き通して欲しいと思っています。
開幕から比べると確実にチーム力は上がっています。
若い選手も経験を積んでチームの中心になってきています。
今期昇格できれば万々歳ですが、それは限りなく低い確率です。
ですが、諦めたら可能性はそこでゼロになる。
幸運とは諦めないものの元に転がり込んでくるものです。
だから常に上を目指していて欲しい。



さて、東京Vと大分Tとジャスティスですが…

まずもってVはJ開幕時からやり方を間違っていたのかなと思います。
バックに大企業がついていて潤沢な資金があるうちはいい方向にいけるでしょうが、そもそもFootBallは地域を味方に付けてなんぼの世界。
川崎から移転した際に大半のサポーター・サッカーファンが呆れて、今までサポートしていた人たちが離れてしまったのが運の尽きだったのかなと。
止めは昨今の不況で広告料など収入が一気に減ったバックボーンの経営状況。
ほぼ1社が支えていたチームだけに、そうなれば終焉はすぐやってきます。
まあ、むしろ今まで良く耐えて来たなと思いますが…少なくともあの観客数では興行的にはJFL以下だったと思います。
何とか回せたのは親会社がプロ野球方式で資金を注入していたからで、それが無ければコンサ以上に拙い経営状況だったかと。
親会社としては不採算事業から撤退(尻尾きり)するだけの問題ですが、残された選手やサポーターのことを考えると何とも言えない気分になります。
サポーターに熱意があればフリューゲルス→横浜FC(まあ今回は経営する会社が変わるということでエスパルスに近いのかもしれませんが)のように再スタートが切れ我々も認知しやすいのですが、事情が事情だけに今回は反発する勢力もあるでしょう。
私も移転の際に見切ってしまった派なので、大人気ないと言われるかもしれませんが、選手やVサポには同情するものの今回はフリューゲルスやエスパルスの時と違って積極的に応援しようという気がおきません。
ただ、日本サッカー界では草分け的なクラブですから、何とか消滅だけは避けてもらいたいとは思いますが。

T(の社長のM氏)は必死なのだと思います。
昨年は相当持て囃されましたが、あのクラブが相当危ない橋を渡っていたのは紛れも無い事実でした。
前回はJ規約で禁止されている企業をスポンサーに付けて凌ぎ、今回はマルチの会社が胸スポンサーになるとの事。
そして淫行(つか暴行)で逮捕歴のある選手(しかも選手本人は充分な社会的貢献などを行わず海外に逃げようとした)すら獲得し、石に噛り付いても残留を果たしたいと思っているようです。
ただ今回のやり方はあまりにも酷すぎかと。
前回のスポンサー企業は涙を飲んで且つ100億歩譲って広義のアミューズメントだから許容できましたが、今回はグレーとは言え社会的には完全にブラックな企業です(まあカニトップも同じ穴の何とやらでしたが…)。
正直言いますと、そこまでやる覚悟があるならJ2降格して経営規模縮小でもやっていけたかと思います。
実際に水戸や岐阜のようなチームもあるわけで、無理な事ではなかったかと。
サッカーファン、Jリーグのチームを応援するサポーターとして、このスポンサー決定と選手獲得には納得しがたいものがあります。
その為Tのサポが荒れる気持ちもわかりますが、前回の段幕の件はやりすぎだったかと。
ただ、ゴール裏のコアサポがそこまで荒れる気持ちをクラブ側はしっかり受け止める必要があると思います。
問題のある行動だったにせよ、それは熱意の表れですし、裏返せばコアサポすら納得させられないようではクラブの将来は無いと思うのです。

そして物議をかもし出した試合中断の話。
結局後半29分からの試合再開ということで、最低限納得のできる内容だったのではないでしょうか。
過密日程の川崎はかわいそうですが。
ただ実際問題、今回の件は完全にレギュレーションの不備から来る問題でしたので、これを機に特例と言う枠を使わずに解決できるよう、しっかりとした約束事を構築するべきかと。
あと個人的には、この試合の主審はもう起用すべきではないと思っています。
過去の実績からしても色々問題の多い審判でしたし、今回も両チームとも納得させずに中止の判断をしたのは拙い対応でした。
観客に事情説明したのはクラブの社長だったそうですし。
少なくとも両チームのキャプテンを呼んでピッチ上でコンディション確認をし、納得させてからやればこれほど問題は大きくならなかったのではないでしょうか。
(それと審判が観客に直接説明をする仕組みを構築する必要もあるような気がします)
まあ、両チームとも続行を希望していたらしい(恐らくプレー不可能な状況であれば選手かチーム側から中断の意思は伝えられるはずですよね?)ので丸く収まったかは別の問題ですけど。


眠くなってきたので今回はこの辺で。。。

|

« 札幌育ちと札幌巣立ち | トップページ | 紙一重は実は紙1枚じゃない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/46232222

この記事へのトラックバック一覧です: 甲府戦とVT正義:

» 鬼武チェアマン、活性化のために厳しく接してみては? [ガンバボーイ2号のGuerrilla Radio]
いつも見ている週末のサッカー番組で、 ヴェルディ経営譲渡問題、大分トリニータのスポンサー問題を扱わなかったのは何故? 最近の東京ヴェルディ経営譲渡、大分トリニータのスポンサー問題、 横浜国際競技場のネーミングライツ更新問題、スカパー!の全試合生中継権からの... [続きを読む]

受信: 2009年9月21日 (月) 12時53分

« 札幌育ちと札幌巣立ち | トップページ | 紙一重は実は紙1枚じゃない »