« 雨が続く昨今の天候ですが如何お過ごしでしょうか | トップページ | おおおぉぉぉぉ… »

2009年8月22日 (土)

腐敗してました

前回の更新から暫く放置していたわけで


さて、今日の鳥栖戦は守備陣が持ちこたえられなかったと言う印象がまったくないです。
攻める時間が長かったのも大きいかと思いますが、鳥栖の攻め手の中心がハーフナー選手へのハイクロス中心だった事もあるのでしょうか。

試合を観ていればわかりますが、1失点目はハーフナー選手の頭を警戒しすぎて低いクロスに対応できなかった事。
これはある意味仕方が無いこと(言わば見せ球にやられたようなもの)ですがので、それ程責められないかなと思います。
まあ身体を寄せていれば防げたかも知れませんが、正直競って勝てるような選手ではないのでどこまで防げたか…
それよりもあのクロスを選んだ鳥栖の選手を褒めるべきでしょうか。
2失点目はディレイさせられなかった砂川選手のところとソンファン選手の不用意な守備。
ここは最初の失点とは違いミスの積み重ねが招いたPKだったと言う事で、擁護しようが無い。
まず砂川選手が簡単に相手を離してしまった事。CKからのカウンター対応としては最低レベルの守備でした。
下がりながらなので難しいのかもしれませんが、最低限サイドに追いやるなどボールを蹴れない状況に追い込む必要がありました。ベテラン選手ならばその辺りは考えないとならないはずです。
そしてボールが出てからのソンファン選手の守備。
完全に抜けられかけての追いかけての守備になったのも砂川選手のところのプレスが甘かったからなのですが、簡単に手を掛けすぎました。
もう少し粘って欲しかった。
この辺りは吉弘選手の方が危機察知能力が高いと思えます。
まあ、あそこにボールが出た段階で失点はある程度覚悟しなければならないのも確かですが…
3失点目は相手のFKを褒めるしかないです。
その原因のファールはもう仕方が無い。DFとしては反射的に足が出てしまう状況でした。
それにアタックしに行かなければ完全に相手が前を向いてボールを持つ状況になり、DFラインを抜かれる確率が高かったので、どちらにしても1点物だったかと。

攻撃面では相当上達しているように思えます。
特にここ2試合は立ち上がりの相手が落ち着いていない状況で先制点を獲っています。
中盤のダニルソン選手がようやく慣れて来て、今期序盤のように慌てる場面が少なくなったのが大きいかなと。
あそこでボールを奪取できるのでカウンターを簡単に仕掛けられますし、ダニルソン選手も前を向いてボールを持ち、上がるタイミングを計ることが出来る。
4-1-4-1と言う形にしているようなんですが、実際は西選手と宮澤選手が上がり目の逆三角形でキリノ選手も比較的近くでプレーするので、4-3-3に近い印象です。
まあ私としてはフォーメーションに拘っていないので、ある意味頻繁にポジションを変えるオシムさんのサッカーに近いかなと思うわけです。
ポジションチェンジの利点は相手の守備に混乱を与える事でフリーの選手を作り出せること。
弊害は味方が慣れていないと自分達も混乱してしまう事ですが、最近は簡単なパスミスを除くとその辺で混乱は無いのかなと。

それにしてもダニルソン選手の身体能力は半端無いですね。
柳下監督時代の14番マン(※)過労死システムを思い出しました。
実際にはそれよりはるかに高いレベルかと思いますが。

という事で勝ち点3が取れなかったのは残念ですが、攻撃が結構形になってきたので後は守備の問題かなと。
あ、やっぱりイージーなパスミスや簡単に意図が読めるパスはちょっと考え物ですね。
特に最近は西嶋選手が自陣からビルドアップする際のパスの精度が低すぎます。
以前はもっといいパスやクロスを出していた気がするんですがどうしたんでしょうかね?

さあ、泣いても笑っても叫んでも怒ってもあと16試合。
1戦1戦が大事になってきました。
正直昇格は相当厳しいですが、過去に大宮という実例があるので諦めるわけには参りません。
上位陣も足踏みしていますので確実に潰えるまでは勝ち続けるしかない。
チーム、サポーター一丸となる時です。


※14番マン
 ┏━━┓ 
 ┫━┏┣ <┃━━━┏━━┃━┏┃!!
 ┃━━┫ 
 ┗┳┳┛ 
田畑選手(2003~2005在籍)の事ですね。

|

« 雨が続く昨今の天候ですが如何お過ごしでしょうか | トップページ | おおおぉぉぉぉ… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/46001160

この記事へのトラックバック一覧です: 腐敗してました:

« 雨が続く昨今の天候ですが如何お過ごしでしょうか | トップページ | おおおぉぉぉぉ… »