« 75分 | トップページ | アンテナください »

2009年7月 9日 (木)

グダグダなのは変わらないがなぁ

本当に、今節は途中まで勝てる気がまったく起きませんdeathた。
前節以上に酷い内容。
選手達が何をしたいかまったくわからない。
本当にバラバラで、どこをどうやったら修正できるのかも見当がつきません。
ここ2試合を観ての感想です。

そんな中、解説でもありましたがサイドからの攻撃で2得点。
多分これが今後の試合の鍵になるのではないかと。
と言いますのも、今期の得点で最も印象深いのがサイドからのクロスに合わせた得点だったというだけなのですが。

まあ実際に石崎監督が今までやっていたサッカーの基本はサイド攻撃。
サイドからガーっと駆け上がっていき、中央や逆サイドをガーっと駆け上がってきた選手にクロスなりを入れて、ガーっ(くどい)と決める。
またはDFラインの裏へアーリークロスを入れて、スペースに飛び込んだ選手がズドン。
調子の良い時はサイドチェンジと共にこういった攻撃を多用していたんですが、どうもここ数試合はサイドを抉ってクロスするのが藤田選手くらいで、それも真ん中で張っている選手に合わせるようなものが多くて簡単に弾かれていました。
アフターゲームショウで野々村氏も言っていましたが、戻りながらのディフェンスは非常に難しく、逆に前に勢いを持ったまま攻めるのは中々止められません。
最近の試合でこの様なシーンはごく稀にあるくらいでして、大概どこかでスローダウンして裏を使う攻撃が出来ないとか、サイドからのボールに飛び込んでくる3人目の動きをする選手が居ない。
特にクライトン選手がボールを持った時ですが、裏に出て行く選手へのパスが遅くてコースを消されてしまい、絶好機を何度も逃しています。
いや、これは選手の特長なんで責めている訳ではありませんが、その辺りを言い聞かせてやらないとやはり得点は遠いのかなと。

あと、どうも『負け癖のようなもの』がついているように見えます。
特に中央のDF、吉弘選手と趙選手ですが。
相手の飛び出しを気にする余り、ラインを下げすぎる傾向が見られますね。
まあこれはダニルソン選手が潰しに行ったまま帰ってこない事が結構あるため中盤のプレスが弱くなってしまう事から仕方が無いのですが、勇気を持ってコンパクトにしてもらえればなと思う次第。
そうすれば前線とのスペースを消せるので、プレスも掛けやすくなっていい結果に繋がると思うのですが。
いや、滅多矢鱈と上げれば良いと言う訳じゃないのはわかっています。
ただここ数節は中盤が機能不全を起こしているので、幾らかでも補えればなと思った次第でして。
どうも前と後ろで考えている事が違うように見えてしまうんですよね。

と言う事で次節は厚別浴衣DAYですね。
仕事で行く事ができないのですが、対戦相手の熊本は前回0-4で負けた相手であります。
あの試合も酷かったのですが、同じ轍は踏まないと信じています。
何とか頭を抑えて押し込めればなと。

次の更新では良い事が書けます様に。

|

« 75分 | トップページ | アンテナください »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/45579083

この記事へのトラックバック一覧です: グダグダなのは変わらないがなぁ:

« 75分 | トップページ | アンテナください »