« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月26日 (日)

雨が続く昨今の天候ですが如何お過ごしでしょうか

富山でナイターって何の罰ゲーム?

さて、水曜日の富山戦。
新加入の石川選手が怪我の趙選手に代わってCBに入りました。
声出しが出来てラインもしっかり統率していたように思えます。
吉弘選手も良い影響を受けたのか、いつも以上に頑張っていました。
守備面ではそのお陰か無失点。
ただ、攻撃面では相変わらず。
良い崩しで攻め込んでも、勿体無いミスやちょっと消極的なプレーが目立って結果が出ず。
多少のミスなら目を瞑れますが、消極的になっているような感じで出てくるミスは許容できません。
今のコンサに必要なのは、枠が見えたらとりあえずシュートを撃って行く様な強引さかなと思う試合でした。

そして日曜の岡山戦。
現在16位の岡山相手に無様な試合は出来ません。
ここ2試合、ゴール裏の方々からお説教(罵声)を浴びせられてプライドを甚く刺激されたのか、序盤は猛攻を仕掛けていきました。
しかし10分を過ぎると雨で濡れたピッチの所為で転倒する選手が続出。
その影響もあってか岡山が怒涛の反撃に出てくる始末。
ピッチコンディションが悪いとは言え、なぜかコケルのはコンサの選手ばかりという状況。
この辺り成長が見られないなぁと思うことしきり。

得点シーンは必ずしも指向していた内容では無かったと思いますが、敵味方総てが綺麗なゴールでした。
特に岡山の保坂選手のゴールは、コンサのDFが離れてしまったためフリーで見事なボレーシュートを決めています。
こちらの得点ですが、1点目は早めのアーリークロスを西選手がワンタッチでDFとキーパーの間に落とし、走りこんできたキリノ選手が決めたもの。
形を見れば素晴しいゴールなんですが、恐らくクロスボールの狙いどころはDFとキーパーの間だったのでは?と思いました。意図的に西選手に渡したものではないんじゃないかと。
勿論あそこで旨く捌いた西選手は褒められるべきですし、キリノ選手のゴールを貶すわけではありません。
ただこれまでの試合から考えれば、クロスが少し短くなったのが西選手の前に入ってきたような印象が強いのです。
しかしながら、あの時はゴール前(PA内)に3人入っていました。流れの中であそこまで人数を掛けられるのは良い傾向かと思います。
この様なプレーを続けていけば得点の機会は自ずと増えていくと思われます。
まあ監督の言葉にあるように、今回の4得点は望んだ形ではなかったので更なる努力は必要でしょうけど。

さて、今節は西選手による西選手のための試合のようになってしまいました。
2ゴール1アシストは、如何に16位のチーム相手とはいえ、正に大活躍と言っていいのではないでしょうか。
一番大きいのは前線にボールを納められるようになったこと。
キリノ選手が1トップでやっていたときにはできなかった事です。
どこのポジションでもこなせる器用さが買われてDFやMFでの出場が多かったここ2シーズンですが、元々ユース時代から『変態プレー』と言われる鬼キープで慣らして来た選手でした。
パスセンスなどはさて置き、トラップやキープ力を含めたボールを収められる能力は高いので、今節はそれが上手く活きた試合だったということかと。
また思い切りの良さも出ていました。
上手く行けば、今後のFWの軸として使われるようになるかもしれません。

心配なのはやはりDF陣でしょうか。
特に西嶋選手や趙選手の守備の軽さやポジショニングの悪さが目立ってきています。
趙選手は腰の状態も思わしくないようなので、少し休ませた方がいいかも知れません。
できる事なら石川選手をCBで起用して、左に上里選手を持っていったほうが攻守両面で安定するような気がします。

と言う事で久し振りのホーム勝利。
課題は多かったものの、勝てたということはやっぱり良い事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

不在届け

クライトン選手が居なくなって初めての試合。
溜めが多くない分スピード感が出るか…と思いきや意外とタメを作る選手が居たり、相変わらず押し上げが遅かったりと、そんなに変わらない印象。
ただ2トップにした為か、キリノ選手が少し持ち味を出せそうな予感。

内容的には前半のセットプレーの失点が痛かった。
1点目は研究(スカウト)不足。
正直反射的にやっちゃったんだろうと思いますが、都倉選手がプレースするなら殆ど曲げてこないので壁が跳ばなければ入らなかった点。
記念写真してたんでどうかなと思ってたら、案の定下を狙ってきました。
何でサポの私が判っていたのに選手は知らなかったんでしょうか。
試合前に相手の選手についてのレクチャーがあるはずなんですが……
2点目はいつものヤツです。後ろから出てくる選手に対し誰もケアしていない病。
なんで毎回やられるんでしょうか。

ダニルソン選手の得点は文句のつけようが無いものでした。
ただ、やはりチャンスを作ることが出来ても、最後のところでミスや思い切りが足りないとかで点が入らない。
キリノ選手の1対1のシーンは、多分ダヴィ選手ならタイミングずらした爪先シュートで狙っていたと思われます。
あそこで持ち替えなければクリアされる事もなかったと思いますし、最近得点を取れていないので慎重になったのかなぁと考えてしまいます。
慌てていただけかもしれませんけど。

まあやっぱり思うのは、「中盤のイージーなトラップミスやパスミスが多すぎる」と言う事。
それも後ろに味方が居ない状況、奪われたら大ピンチと言う所でのミスが多い。
正直草津の選手はうちほどミスはありませんでした。
攻めていても、こういったプレーが頻発するようでは勝てっこありません。
セットプレーの守備以上に、ここの所は改善しなければ。

と明日の準備をしながら思った土曜日の午後。

キャンプだけど雨なんだよなぁ……
勝ってたらなんて事ないのに、負け試合の後だと辛いなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

計画通り?

さて、昨日一昨日と我がコンサドーレに激震が走りました。
と言っても、スモウレスラーがドームの横で転んだとか、某やきう選手の打順で観客がアホみたいに跳ねたとか、B自由の連中がアホみたいに飛び跳ねたとか、そう言うものではありませんでした。

まずクライトン選手の契約解除。
一応、お父さんの事もあってある程度は予測されていたとはいえ、この次期の離脱は痛すぎるような。
ただアキレス腱痛という事でここ数試合も無理を重ねての出場だったようですので、本人のためにも、チームのためにも、ここで契約解除したのは良い判断だったと言われるようになれば良いなと。
攻撃の核が居なくなることで他の選手が頼ってボールを預けてしまうと言うのもこれからは減って行くのが間違いないわけで、この辺りの問題点は溜めと散らしをどうやって作るかと言う部分に集約できます。
そこは上里選手や宮澤選手が頑張ってくれないといかん訳で、もっと言えば、その部分を引き出すための両ワイドの中央への飛び込み、2~3列目の積極的攻撃参加などは確実にこなさないとなりません。
その進化の芽をどれだけ育てられるかが、今期の後半戦の課題になるでしょうか。
そう言うことでクライトン選手が居なくなったのは残念でなりませんが、ただ対戦相手はマークするべき相手を絞りきれなくなるはずですし、一概に居なくなったのが悪いとばかりは言えないと思われるのです。

そして今日。
柏レイソルから石川選手のレンタル加入、そして元ヴィトーリア(現在無所属)のハファエル選手の加入が発表されました。
それ以外にも何点か未確認の獲得情報があるようですが、正式に報道されていないようなので今回は無視します。

石川選手は、柏ユース時代に柴田選手の同期生だったそうです。
両親が生粋のレイソルファンで、親孝行で柏に入団したとか何とか(真偽は定かではない)。
昨年の柏戦。3-2の逆転勝ちしたときに得点を決めていた(決められた)選手が石川選手です。
ポジションは基本CBで、今期は左サイドバックもやっていたらしい。
ただ縦横の早い動きには弱いらしく(柴田選手もそうだった気が)、サイドをやっていたときは裏を取られまくりだったとか…
ただ西嶋選手みたいに身長の割には空中戦が強いそうなので、恐らくその辺りを見込んでのレンタル加入だったのかと。

そしてなんだかタイミング良くそれらしい名前の使途……じゃない、伯剌西爾人選手が加入となりました。
ハファエル選手は、今年FC東京の練習に参加していたらしく、そのときの評価はあまり良いものではなかったようです。
実際に古巣でもそれ程結果を残しては居ない感じですが、プレースタイル的には個人技重視、球離れは遅いがどこからでもパスやシュートを狙う、守備をしない、などの情報が入っていました。
こう考えるとクライトン選手とタイプが近いのですが、パスセンス次第では意外と嵌るかもしれません。
過去の外国人でやれユース代表だ、A代表だ、ロシアリーグ得点王だという選手は大概失敗するのがコンサの補強だったわけで、それを加味すると「ちょっとイマイチっぽくね?」位の選手のほうがフィットしそうな気がします。
実際にダヴィ選手なんかはそんな感じでしたし、去年いたアンデルソン選手もチーム状態がアレで戦術がアレだっただけで、与えられたタスクを短時間で結構こなしていた辺り良い選手でした。
ハファエル選手がそうと決まったわけではないのであまり期待するのはやめておきますが、ポルトガルに行ってプレーできるくらいの選手なのですから最悪と言う事はないと信じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

アンテナください

何かしょっぱい試合だったらしい。
試合観戦は仕事の為あきらめ、スカパー録画をしようと思っていたらアンテナが壊れて(これで2度目)、結局内容はわかりません。
オフィシャルのスタッツだけなら圧倒的にコンサの勝ちですが、数少ないピンチで失点するという
「ああ、変わってないな」
と半ば諦めにも似た感情が湧き上がってくるのを抑えられません。
しかし、相手に退場者が出ると攻め手を失うのは何故だろう?

では出費を抑えるのに中古アンテナを探してきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

グダグダなのは変わらないがなぁ

本当に、今節は途中まで勝てる気がまったく起きませんdeathた。
前節以上に酷い内容。
選手達が何をしたいかまったくわからない。
本当にバラバラで、どこをどうやったら修正できるのかも見当がつきません。
ここ2試合を観ての感想です。

そんな中、解説でもありましたがサイドからの攻撃で2得点。
多分これが今後の試合の鍵になるのではないかと。
と言いますのも、今期の得点で最も印象深いのがサイドからのクロスに合わせた得点だったというだけなのですが。

まあ実際に石崎監督が今までやっていたサッカーの基本はサイド攻撃。
サイドからガーっと駆け上がっていき、中央や逆サイドをガーっと駆け上がってきた選手にクロスなりを入れて、ガーっ(くどい)と決める。
またはDFラインの裏へアーリークロスを入れて、スペースに飛び込んだ選手がズドン。
調子の良い時はサイドチェンジと共にこういった攻撃を多用していたんですが、どうもここ数試合はサイドを抉ってクロスするのが藤田選手くらいで、それも真ん中で張っている選手に合わせるようなものが多くて簡単に弾かれていました。
アフターゲームショウで野々村氏も言っていましたが、戻りながらのディフェンスは非常に難しく、逆に前に勢いを持ったまま攻めるのは中々止められません。
最近の試合でこの様なシーンはごく稀にあるくらいでして、大概どこかでスローダウンして裏を使う攻撃が出来ないとか、サイドからのボールに飛び込んでくる3人目の動きをする選手が居ない。
特にクライトン選手がボールを持った時ですが、裏に出て行く選手へのパスが遅くてコースを消されてしまい、絶好機を何度も逃しています。
いや、これは選手の特長なんで責めている訳ではありませんが、その辺りを言い聞かせてやらないとやはり得点は遠いのかなと。

あと、どうも『負け癖のようなもの』がついているように見えます。
特に中央のDF、吉弘選手と趙選手ですが。
相手の飛び出しを気にする余り、ラインを下げすぎる傾向が見られますね。
まあこれはダニルソン選手が潰しに行ったまま帰ってこない事が結構あるため中盤のプレスが弱くなってしまう事から仕方が無いのですが、勇気を持ってコンパクトにしてもらえればなと思う次第。
そうすれば前線とのスペースを消せるので、プレスも掛けやすくなっていい結果に繋がると思うのですが。
いや、滅多矢鱈と上げれば良いと言う訳じゃないのはわかっています。
ただここ数節は中盤が機能不全を起こしているので、幾らかでも補えればなと思った次第でして。
どうも前と後ろで考えている事が違うように見えてしまうんですよね。

と言う事で次節は厚別浴衣DAYですね。
仕事で行く事ができないのですが、対戦相手の熊本は前回0-4で負けた相手であります。
あの試合も酷かったのですが、同じ轍は踏まないと信じています。
何とか頭を抑えて押し込めればなと。

次の更新では良い事が書けます様に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »