« 勝利を喜べ | トップページ | オフィシャルブログが落ちてるんですって、奥さん »

2009年6月 8日 (月)

だから何なんだよお前は

マイク君はでかすぎ

さて、とうとう負けてしまいました。
まあここの所苦しい試合運びが続いていたので「そろそろ来るかな」とも思っていましたが、まさか鳥栖戦でやっちまうとは……
観客も9899人と言う「ドームでこれかよ…」と思ってしまうほどのガラガラさ加減。
開始1時間前から客数は殆ど変わってなかったって事ですかね。
その時見回して「今日は11000人くらいかな」と思っていたのですが……

しかし101人って、犬じゃないんだから…

今節ですが、やはり決定機を幾度と無く不意にしてしまったのが負けた遠因かと。
(直接の原因はまた別かと…思った事は後述します)
あと藤田選手・上里選手の運動量の著しい低下。

他サポの話だと、正直石崎監督は選手交代の上手い監督ではないそうです。
確かにそう思う事もありますが、良い交代をする事もあるわけで、その辺りは中々難しいところです。
ただ、今節に関しては完全に入替選手の人選を誤ったと感じました。
まず最初の交代枠をいつもの様に岡本選手から砂川選手に交代。
ここです。
観ていて思ったのが、今節はクライトン選手が居なかった為トップ下の位置が空いており、そこを岡本選手が使う事で攻撃のリズムを作ってたという事。
逆サイドの藤田選手も今節は中に切れ込む動きを多く見せており、宮澤選手が下がってきてスペースを空けたこともありそれ程悪い動きではなかったはずですが、試合を観ている限りではどうも岡本選手の方がボールに絡んでいて、上手く前線と後ろを繋いでいました。
砂川選手と交代だったのですが、残念ながら今節の砂川選手はゲームに入り込めていなかった感じです。
前線が2トップと言う事もあり、いつものようにシャドー的な飛び出しなども出来ていませんでした。
(これはその時間帯から押し込まれてしまった事も関係しますが)
それまで宮澤選手と岡本選手がそれなりに溜めを作れていたので、砂川選手が入ってここのところのリズムが崩れてしまいどうにもボールが収まらない。
今節に限って言えば、岡本選手ではなく藤田選手と交代したほうがゲーム運びに影響が出難かったのかなと。
縦への動きは砂川選手の得意とするところですし、藤田選手には無い単独で切り込む力がある分、右サイドからシュートは難しいかもしれませんが砂川選手の力は出しやすくなったのではなかろうか?と交代して暫くの間考えておりました。
そして次の交代枠、宮澤選手と上原選手の交代。
今節の失点は何れも中盤の球の出所を押さえ切れなかった事が原因です。
(2失点目の原因になったCKも、元をただせば中盤のプレッシングが甘くなったのが原因)
それは中盤の底の上里選手と右サイドの藤田選手の運動量低下によるものだと思われます。
今節の上里選手は、どうにも調子が上がらない感じでした。寧ろ宮澤選手をボランチ起用した方が上手くゲームを作れたような気がしてなりません。
そして交代の時点で上里選手はほとんど走れていませんでした。
ですので私的には宮澤選手ではなく、上里選手と上原選手の交代を行うか、運動量を確保する為に芳賀選手を入れて中盤を活性化するほうがプレッシングを左程弱めることなく済み、より攻撃的になったんじゃなかろうかと思った次第です。
それと最後の吉弘選手と横野選手を変えた事。
あの状況で勝ちに行くなら、少人数でも安定する守備は必須です。
正直吉弘選手が下がった時「なんで~!?」と絶叫しておりました。
なぜ本職のDFを下げて西選手をアンカーにしたのか。最終的に2バックになっていましたが、それならば西嶋選手はサイドに残して西選手と横野選手の交代をして本職の2人を置いておいた方が良かったのでは?
サイドに置かないにしても、西嶋選手を前線に上げてパワープレーと言う選択肢もあったはず。
(西嶋選手はヘディングが強い)

とまあ、素人ながらどうにも納得しがたい試合ではありました。
選手個々は頑張っていたと思います。
ただ今節に関して言えば、やはり交代枠の使い方、そして以前から言われている後半30分辺りから極端に運動量の落ちる試合運びに大きな原因があるのかなと。
確かに決められるときに決めなければ、と言うのは大きいのですが、勝っている状況でしたのでそこは逆に慎重に行かなければならない部分ですし、そう言う方向に選手達を誘導するのも監督の腕の見せ所だと思うのです。
まだまだ選手達の力量が目指すサッカーに追いついていない為の現象とも思っていますが、1年でのJ1昇格をただの題目にしないためにも、もう少し突っ込んだ采配、そして選手の成長が望まれます。

さて次節は徳島戦。
今節辛うじて勝利を収めた徳島ですが、前回対戦は3-1から追いつかれての引き分けと言う、ケチの付き始めの試合でした。
ここはスッキリ勝ちたいところですが、今節イエローカードを貰ったダニルソン選手が2試合の出場停止。クライトン選手も不在。
そういった厳しいところで迎えなくてはなりません。
中盤で驚異的な身体能力を駆使してボールを剥ぎ取っていたダニルソン選手が居ない分、中盤の選手達には一層の運動量が求められます。
まずは先制点を取り、前掛かりになった相手にハーフカウンターを喰らわすイメージでやれば結構良い感じになると思います。
次節は1チャンスが非常に大事になる。
そこで上手く決められるかどうかで、今シーズンの行方が決まるのではないでしょうか。

|

« 勝利を喜べ | トップページ | オフィシャルブログが落ちてるんですって、奥さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/45279121

この記事へのトラックバック一覧です: だから何なんだよお前は:

« 勝利を喜べ | トップページ | オフィシャルブログが落ちてるんですって、奥さん »