« セーフティーは5点ぞな? | トップページ | 写真はない »

2009年5月17日 (日)

ホーム4連勝とホーム初完封とドーム4連勝

仕事で観に行け無かったのは痛恨の極みです

2009 J LEAGUE DIVISION 2 第15節 vs. FC岐阜

日時:2009年5月16日(土)13:04キックオフ 会場:札幌ドーム

コンサドーレ札幌  ― 0 FC岐阜

試合は録画したものを観ました。
ほぼコンサペースで進んだ試合ということで、相手の松永監督が言うように力の差が出たのかなと言う印象です。
確かに前線の片桐選手や前節ハットを決めている西川選手などは怖い印象があったのですが、今の岐阜はそこが潰れると展開力に欠けてしまうのが響いていたのでしょうか。

前半の立ち上がりこそ岐阜の勢いが勝っていたのですが、やや時間が過ぎた頃にはコンサの高い位置からのプレッシャーにシドロモドロという感じで、岐阜の中盤がミスを多発するような状態。
逆にコンサはそこを上手く衝いていた感じです。
特に左サイドの岡本選手のキレが良かった。
中盤にクライトン選手が存在する為、岐阜の守備はそこを中心とした配置のようになっていました。
その為サイドは比較的薄くなっており、藤田選手や岡本選手が自由なプレーを出来、そしてSBの西嶋選手や西選手のオーバーラップを頻繁に見ることが出来ました。
2点目はこの状況が無ければ取れていなかったかも知れません。
またダニルソン選手はここ数戦の好調を維持しており、相変わらずのボールダッシュ能力に加えパス捌きも早くなり、押し上げや飛び出しも絶好調です。
この15試合で一番成長した(馴染んだ)選手ではないでしょうか。

残念ながらキリノ選手はマークが厳しい事もあり結果を出せませんでしたが、チームプレーとして見れば相手を引き付ける役目をしっかりこなしていましたし、ポストも良くなってきました。
クライトン選手、ダニルソン選手と共に、確実に軸になっています。
守備をしっかりしてくれるのもありがたい。

しかし石崎監督が言っているように、点を獲れそうな時間帯で流れの中から先制点を上手く獲れず、セットプレーから獲ったと言うのは少し考えなくてはなりません。
あの時間帯にセットプレーから獲れたのは良かった事と考えてもいいのですが(それだけ押し込んでいたと言う事なので)、逆もまたありえたわけです。
つまり獲れる所で決めて置かないと逆に一瞬の隙から失点を喫してしまうと言う事で、この辺りをしっかり出来るようになればもっと楽なゲーム運びが出来るようになるかなと。
そうなれば無理に攻める必要も無くなって守備も余裕を持てる(安心すると言う意味ではありません)ため、懸案である失点の多さも改善するのではないかと。
そして最近はまってきたクライトン選手から展開するカウンターも、この展開に持ち込めればもっと効率が上がりますし点も獲れる様になるので、勝ちに繋がるようになるのではないでしょうか。

まあ今節はいい試合だったということで、次の水戸戦でどのようにこの流れを持ち込んでいくか。
徐々に内容が良くなっていますので、今後の試合が楽しみになってきました。
やはり勝たないとチームは伸びないのですね。

|

« セーフティーは5点ぞな? | トップページ | 写真はない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/45042403

この記事へのトラックバック一覧です: ホーム4連勝とホーム初完封とドーム4連勝:

« セーフティーは5点ぞな? | トップページ | 写真はない »