« 3試合更新無しとはいい度胸だ | トップページ | え~と… »

2009年5月 3日 (日)

駆け足で4試合行ってしまうのか

いや~
今節は酷かった。
何が酷かったかって、相手の柄の悪さが。
特にカントク。
ファミリーJoinDAYですよ……

ウチも褒められた内容ではないけど(ファールはJ2最多だし)、やっぱり福岡は……あ、福岡って言っちゃったね(笑)

と言う事はさておき、まずはAWAY横浜戦。
序盤で西嶋選手が2枚目のイエローを貰って退場という苦しい展開。
普通ならここで守りを固めてカウンター狙いになるところを、なんと西選手をリベロに据える3バックにして前のほうは岡本選手に代えて砂川選手を投入。
攻撃の姿勢を緩めることなく前半を0-0で終えました。
その采配は的中。
後半の頭で、この日キレまくっていたクライトン選手が、スローインのボールを受けて強引なドリブルと個人技で切れ込み、コースを狙ったシュートを決めて先制。
あれは圧巻でした。
その後は芳賀選手を投入し4バックに戻して守備を固め、横浜FCの稚拙な攻撃も助けになって無失点で勝利。
連勝を3に伸ばします。

しかしこれで西選手はGK以外の全てのポジションを経験した事になります。
器用貧乏にはなって欲しくないですが、監督的にはどのポジションに入れてもそこそこやれる西選手は使いでのある選手になっていると思いますね。

そしてホーム愛媛戦。
前節で累積4枚目になった上里選手に代わり、なんと宮澤選手がボランチに!
しかし、周囲の心配も杞憂に終わりました。
前向きにボールをもらえることもあり、視野は広い選手ですから意外と良いプレーも出ていました。
それにポジションを下げられた事も影響していたのか、前線に顔を出す機会も増え、シュートの意識も高かったように見えます。
実際何本かシュートを放っていますので、FWではなく下がり気味にポジションを置いた方が生きるのではなかろうか?と、考えたりしてます。
試合はその宮澤選手のヘディングで先制点を奪い、後半キリノ選手のパスから上手く抜け出した岡本選手がキーパーの股下を抜くシュートで追加点。
そしてクライトン選手からの少々流れ気味のパスに反応したダニルソン選手が、振りの早いシュートでキーパーのニアを抜いて3点目。
で、その時点で何となく弛緩した雰囲気がドームに漂い始めます。
相手に退場者も出て、ゴール裏の方も何となく楽勝ムードが漂っていたといっていました。
選手も同様なのでしょうか。
大木選手に代わって入ったジョジマール選手がどうも掴まえられない。
結局彼が基点となって2点を返されるという事に。
「うわ……これはやばいのか!?」
と誰もが不安に思った(あの甲府戦はトラウマです)のですが、何とかそのまま試合は終了。
何とか勝ち点3はとったものの、後半のあの2失点は恐らくメンタル的な部分から出た油断でしょう。
まあ勝ち試合で課題を残しただけ良かったと言う事ですが、後味の悪い試合となってしまいました。

そして今節。
AWAYでの福岡戦です。
試合内容は、互いに決定機を外しまくる(前半の趙選手のは決めて欲しかった)なんともJ2的な展開となりました。
どちらかというと福岡ペースでしたね。
コンサは決定的なシーンで点を取れず、ペースを乱していった感じでした。
そしてそういった試合での落とし穴。

私はこれまで彼を若干擁護していたんですが、今節のアレは(自分の応援しているチームが嵌められたのもあり)許せませんでした。
確かにコンサの方もファールは多かったのですが、それは故意に狙って行ったものではなかったはずです。
実際あのシーンの直前のファールは西選手にイエローが出てもおかしくないものでした。
しかしながら過去の行いから、彼がファールを貰いうためにあの倒れ方(競り合っている相手の腕を巻き込んで転倒)をする事が非常に多く、尚且つ過去にはこの方法で数人に怪我をさせているという事も忘れてはいけません。
また、その時の彼の態度には反吐が出る思いです。
もともと何でもないプレーでコロコロ転がって演技をする選手ですからあの程度はサラッとやってのけますが、寧ろ痛いのは西選手の顔面の方だろと。明らかに狙って足を落としてますよね。っていうか、過去の行いからそう邪推してしまいます。
そう思われること自体プロ選手としては恥ずかしい事ですし、結局そういった選手は三流以下にしかなれない。
ホント、そう思います。
そうそう。あれはマリーシアとは言いませんよ。
ただただサッカーを侮辱する行為です。

という事で、そういったプレーをする選手は今後鼻で笑うことにします。
いちいち沸騰するのも馬鹿らしいですから。

あとダニルソン選手のカードについて。
確かにダニルソン選手はカードが多い。
でもダニルソン選手の場合、日本人選手がフィジカルコンタクトで負けてしまったり、彼の身体能力が高すぎて予想外のところから足が出てくるためファールになってしまったりすることが多く(確かに、これはいかん!というファールもありますが)、基本的にはプレー中に激昂するような選手ではありません。
今回のカードに関しては手を出してしまったダニルソン選手にも非があり仕方がないとは思うのですが(身体で止めていればプレー中の事ではないのであそこまでの判定は無かったと思われます)、流れを見る限り実際には故意に行った暴力行為ではありません。
もちろんこれまでの試合を観ていればわかりますが、演技をする選手でもない。
きわめて真面目な選手です。
某鹿のチームとかウィーアー赤なチームの選手はよくやりますが、ああいった審判を欺くプレーにはもう少し厳しい判定をするべきですし、近くで見ていた副審や第4審は主審に対しキチンと報告すべきでしょう。
そして主審も直接視認していないなら、周囲にしっかり確認した上で判定をするべきです。
主役を演じた選手にも(プロサッカー選手の資質的に)大いに問題はありますが、このようなプレーに対しての判定はもっと厳しくした方がJリーグの為には良いことではないでしょうか。

とグダグダ文句を書きましたが、あの前半の決定的なシーンを決めていれば流れは大きく変わったでしょう。それこそ横浜戦と同じような展開に持ち込めたはずです。

ただ、今節はダニルソン選手退場後に守備的に行くという方法をとりました。
それは福岡にペースを握られていた事(+クライトン選手が封じられていた事)もあって、石崎監督が開幕前に言っていた「つまらない試合」と言う采配だったのかな?と思うところです。
まあそのお陰で数的不利な中勝ち点1は取れたのですから、最低限の仕事はしたのかなと。
この借りは次の対戦(HOME)で晴らしましょう。

さて次は5月5日、HOMEで栃木FCを迎え撃ちます。
厳しい日程ですが、最下位争いをしている(と言っても数試合前まではコンサもその辺りにいたんですが)チームに負けるわけには行きません。
栃木には悪いですが、今節の鬱憤をぶつけて連戦の最後は勝利で飾って欲しいものです。

|

« 3試合更新無しとはいい度胸だ | トップページ | え~と… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/44877309

この記事へのトラックバック一覧です: 駆け足で4試合行ってしまうのか:

« 3試合更新無しとはいい度胸だ | トップページ | え~と… »