« 痛いのかどうかはこれから判る | トップページ | 3試合更新無しとはいい度胸だ »

2009年4月 6日 (月)

No idea...になる前に

ちょっと得点などを書き込みたい気分ではありません。
恐らく私が観た試合の中でワースト5に入る試合でした。
何をどうすれば良いのか解らない位チームが混乱しています。
外部からはその様に見えます。

次節はクライトン・ダニルソン両選手が出場停止です。
正直キツイと思います。展開力やキープ力という意味ではクライトン選手は言わずもがなでしょうし、段々日本のサッカーに慣れつつあるダニルソン選手が一旦離脱するのも厳しい。
ただし、相手がプレッシング対象を絞り込めなくなると言うメリットはあります。
考え様によっては、今までクライトン選手が居た為に設けていたトップ下というポジションに拘らなくても良くなって、バランスの良い4-4-2にすることも出来ます。
これまでの6試合で解った事は、今のコンサでは1トップ戦術が厳しい事。
去年までのように一人で状況を打開できるFWがいる訳ではないので、必ず誰かがサポートできる位置に入らないといけない。
何度かこのブログで書いてるんですが、今年はその役目を両SHとトップ下のクライトン選手が担うわけです。しかしそれが出来ない。
今日の宮澤選手はあのゴール前の判断を抜きに考えても褒められたパフォーマンスではありませんでした。
ただ現状でボールを収めてはたける1トップをやろうと思えば、彼しか選択肢が無いわけです。
それが2トップであれば選択肢は増えます。
個人技に優れていなくても2人が動く事によって相手のマークをぼやかす事ができますし、相手の中盤の人数を守備に割かせる事も出来ますから、両サイドから崩す戦術も(中盤の底の2人がバイタルエリアに顔を出す事によって)生きてくると思うのです。

あと守備については、プレッシングの意識が強すぎてボールサイドに人を固めすぎです。
今日まで崩されての失点は全てこれが原因といっても過言ではありません。
固めるならそこでボールを奪わなければなりませんし、奪えないなら相手選手、特に2~3列目の飛び出しと逆サイドの選手へのケアをきちんとしなければ。
このあたりはボランチの仕事になるんですが、残念ながら現状では為されていないようです。

今日は前半から10人になり、しかも3失点と非常に苦しい試合展開でした。
しかしこれは熊本の前線からのプレス(木島選手は非常に良いプレスをしていました)が効いていて上手い具合に展開できなかったのもありますが、第3者的な視点で見ればコンサの自爆ゲームです。
ただ今日のようなパーフェクトな完敗を今の時期に経験したのは、ある意味良かったと捉えるしかありません。
今までのような内容がある程度よくて負けていた試合より、ハッキリとダメなところ(だらけですが…)が出たと。
選手もスタッフも(もちろんサポーターも)、もう一度足元を見て地盤を固める切っ掛けになれば良いと思っています。

|

« 痛いのかどうかはこれから判る | トップページ | 3試合更新無しとはいい度胸だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/44580162

この記事へのトラックバック一覧です: No idea...になる前に:

« 痛いのかどうかはこれから判る | トップページ | 3試合更新無しとはいい度胸だ »