« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月26日 (木)

あともう一人

2009 J LEAGUE DIVISION 2 第3節 vs. ヴァンフォーレ甲府
日時:2009年3月25日(水)19:03キックオフ 会場:札幌ドーム

コンサドーレ札幌  ― 1 湘南ベルマーレ

負けましたね

目の前でDFラインの裏に抜けられたときは目を疑いました。
序盤で2人の交代枠を使う事になったのも痛かったんですが(と言うか2人のためにも勝ってほしかった)、点を獲れそうな時間帯で獲れないとこういう事になるのは皆さんも良くご存知の通り。
幾つかののチャンスシーンは

「あと一人ファーに入っていれば…あと一人飛び込んでいれば…」

というものが多く、これは選手の動きもそうですが、トップ下にクライトン選手がいるので仕方がない面もあるかなと思うわけでして。
とりあえず崩すところまでは出来ています。
問題はフィニッシャーが居ないということでして、昨日のメンバーにそれを求めると何故かMFの砂川選手になってしまうという…

まあ、昨日の試合で1トップではキリノ選手より宮澤選手の方がボールが収まるのを確認できたんで、今後は(怪我の回復具合にもよりますが)宮澤選手の1トップ、又は2トップで行った方が良いのかなと言う感想を持ちました。
シュートを打たないので一部では酷評されていますが、私としては現時点の宮澤選手にそこまでは求められないかと思っています。
元々ガンガン点を獲るタイプの選手ではなく前線でのチャンスメイクに長けたFWですので、今のコンサが指向しているサッカーの1トップに一番向いているのかなと。
寧ろその近くでプレーする選手がクライトン選手というのが、現状で1枚足りないと思う原因かなと感じます。
4バックをやっている限り、中盤とサイドに厚みを持たせてしまうと前線は1人にせざるを得ません。
今のコンサでは両サイドハーフがFW(又はウイング)的な動きを期待されているのですが、実は一番FWの近くでプレーする選手がシャドーストライカー的な動きをしないとゴール前が薄くなるので、その点で今のクライトン選手では若干スタイルにあっていない気がします。
一長一短、帯びに短し襷に長しと言いますが、展開力を考えるとトップ下のクライトン選手は外せません。が、ゴール前の脅威となるにはタイプが違うと思うのです。
恐らくその役目は砂川選手か西選手、岡本選手が務めた方がいいのかなと。
でも、そうなるとクライトン選手の持ち味が生きないんだよなあ。

なんだか上里選手、キリノ選手の負傷もあって考えさせられる1戦でした。

2人の怪我が、とりあえずプレーできなくなるような大きな怪我でなくて安心しております。
ちょっと傷物になっちゃいましたけどね…
この責任(?)を取るためにも次は勝利を!!

守備についてはなんともかんとも…
そろそろ趙選手に頼りすぎる所を修正しないと…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

試合直後に思ったことをグダグダ

2009 J LEAGUE DIVISION 2 第3節 vs. ヴァンフォーレ甲府
日時:2009年3月22日(日)14:03キックオフ 会場:小瀬

コンサドーレ札幌  ― 2 ヴァンフォーレ甲府

まずはキリノ選手の1トップは厳しい。
3試合やってみてボールがまったく収まらないのでは、この起用方法はスパッとやめた方がいいのかも。
逆に宮澤選手と2トップを組んだときの方が、プレッシャーが分散するのと宮澤選手がポストをこなせるので生きてきたように思えます。
またクライトン選手は完全にマークされているので、そこに相手が引き付けられているという事を利用できないとボールを展開するのは厳しい。
また若手選手の出来は、恐らく精神的な部分で成長しないとポテンシャルが発揮できないかと。
特に一番厳しい目で見られるであろう西選手はまだまだ守備面で軽いところがあります。
ダニルソン選手ですが、トラップが悪すぎました。
サイドでボールをキープ、又は縦への突破を期待されていると思うので、ここを何とかしないとサイドでの基点にはなれません。
やはり真ん中で使ってなんぼなのかなと。
DFラインについては可もなく不可もなく。
安定しているといえば安定していましたが、中盤との連携や受け渡しの練習をもっとやらないと2失点目のような事態になることも多くなると思いました。
つか、あれはウチがやりたいことでしたね。見事にやられました。

1失点目は佐藤選手の読み負け、大西選手の読み勝ちというところでしょうか。
普通、あの場面で直接狙ってくることは殆ど考えられませんのでその点は仕方がないのですが、長いボールが流れてきた時にマウスに戻る動作が遅くなったのは猛省するべきかと。
前回の直接Fkの時もそうですが不用意な動き出しも多いので、そのあたりの改善をしないとこの先厳しいといわざるを得ません。
至近距離の反応は悪くないんですけどね。

全般的にボールホルダーに対してのプレッシャーが甘くて、逆に甲府のプレッシャーに負けているような感じでした。
またサイドにボールを振った後の中への飛込みが遅く、早い段階でゴール前にボールを出せないというのは改善しなければなりません。
リスタートも遅いですね。相手が戻ってからボールを出しても現状で崩すのは難しいので、守備の間も常に攻撃の準備をしなければ。
まだまだ連携も動き出しも悪いので、チームとしてもっと積極性を出せるようにして欲しいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

そう言えば

とうとうDDH-181『ひゅうが』が就役しましたね。
全通甲板を持つ『ヘリ搭載護衛艦』です。
入れ替わりに『はるな』が退役してしまって、一時代を築いたDDHがまた居なくなり寂しいのですが仕方がないですね。

『ひゅうが』ですが見た目は全通甲板の為航空母艦と混同されそうです。
知識がある方は問題ないのですが、見た目から拒否反応を起こす方々(軍靴の音が…の方々)もいらっしゃるでしょう。
でも全長200m以下の艦艇で固定翼機を運用するとなると、甲板強度などの問題をクリアしたとして現状で搭載可能なものはハリヤー系列か開発中のF-35系しかありませんし、仮に搭載するとしてもこの大きさの艦艇では目いっぱい(甲板に露天繋留しても)積んで精々10数機。
まあある程度の機数ではあるんですが、侵攻作戦が封じられている自衛隊でハリアーが生きる場所など無いでしょうし(基本的にハリアーの機体の性格から攻撃機として考えた方が間違いないでしょう。それを船に載せる意味は今の自衛隊にはありません)、F-35はくぁwせdrftgyふじこlp;@:「」だし……
それに加えて失われた航空機運用のノウハウも蓄積しなければなりませんし、そのための人員も増やさねばならないし、当然航空機も購入して予備部品も購入して艦艇の改修工事も必要で……と、お金が掛かる事この上なし。
只でさえ金が無くて人員・機材をギリギリで運用している海上自衛隊にそんな余裕はありませんし、そもそも構造上空母として運用するように設計されてないと思います。
(固定翼機をあのサイズで運用するならエレベーターは舷側配置にする必要がありますしね)
あの形になったのは単純に複数のヘリを同時運用するのに都合がいいから(と認識しています)で、そこを追求するとヘリ空母のような形状にならざるを得ないと。
基本的に海上自衛隊の護衛艦群は対潜部隊ですので、スムースなヘリ運用は大きなアドバンテージです。

あと、F-15Jの後継機種選定ですが、なんだか(趣味的な意味で)凄いのが発表されています。
『サイレント・イーグル』って……



かっこいいじゃないか。。。

以上、週間オブイェクトの記事を読んで思ったことでした。
ここ↓
http://obiekt.seesaa.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

半年振り

の公式戦勝利です!

2009 J LEAGUE DIVISION 2 第2節 vs. サガン鳥栖
日時:2009年3月15日(日)13:04キックオフ 会場:ベストアメニティスタジアム

コンサドーレ札幌  ― 1 サガン鳥栖

遂にリーグ戦・カップ戦を含め、遠ざかっていた勝利がやってきました。
石崎監督が言っていた「1点取られても2点取る」試合で、見事な逆転勝利です。

実はまだしっかり試合を観ていないんですが、キリノ選手に待望の初ゴールが生まれてよかった。ダニルソン選手はちょっと心配ですが(プレー的な意味で)。

次節もAWAYですので、この勢いを持続したまま連勝でホームに戻ってきてもらいたいですな。

という事で今日は短縮版にて失礼します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

嬉しい事

サポ仲間との絆を創ってくれたお店が、昨日復活しました。

もちろん殆どの方は知らないかもしれません。
でも、私にとっては掛け替えのない場所でした。
時には暴走しがちな店主と、それを生暖かく見守る客、という普通と逆のパターンになることもしばしばでした。

新しい店は以前と比べれば交通の便が遥かに良く、椅子が壊れる心配もテーブルが傾く心配もなさそうです。

お店の名前は 「 幌  鳥   ん  う」

場所は狸小路5丁目のHUGイート内です。
映画館の東宝が入っているビルの1階ですね。

ここのお勧めは、独断ですが つ く ね ですw

もちろん、焼鳥はすべて美味いです。
正直、私がいままで食べた中では一番旨いと思ってます。
(贔屓ではなく、実際に旨いです)
ビールはクラシック、今はエーデルピルスも飲めて、両方とも1杯500円!
特にエーデルピルス500円というのは間違い無くビックリ価格です。
店主はお酒に関する造詣が深いので、稀にビックリするくらい旨い酒があったりします。
お品書きにない酒が隠されている事もあるので、気になる方は店主に聞いてみましょう。

あと、モツ味噌煮込みも美味しいですよ。
味噌が拘りの味噌(知っているけど一応企業秘密なので書けません。道産品です)で、味の染み方が絶妙です。

お昼(ランチ)は白糠産エゾ鹿肉のジンギスカン定食(800円)がおすすめ。
鳥そば定食は600円だそうです。

営業時間は午前11時から午後11時まで。
年中無窮無休(!!)です。
(ばんぶうさん、倒れないでくださいね……)

という事で、宣伝乙。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

今年も始まりました

2009 J LEAGUE DIVISION 2 第1節 vs. ベガルタ仙台
日時:2009年3月8日(日)14:03キックオフ 会場:札幌ドーム

コンサドーレ札幌  ― 1 ベガルタ仙台


う~ん
今年も開幕戦勝てませんでしたね。

でも試合は石崎監督の言う「アグレッシブ」な内容で、構築段階のチームとしては上出来の部類じゃないでしょうか。
いや、初戦から勝てるチームもありますけど、コンサは昔からこんな感じですしキャンプ地とかの関係でハンデはありますからね……言い訳には出来ませんけど。

開幕戦は予想通りというか、キリノ選手の1トップでスタートしました。
去年まで居たダヴィ選手ほど怖くは無いものの(いや、加入直後のダヴィ選手はアレでしたが)、スピードはありますので、クライトン選手や上里選手と息が合ってくればいい所まで行けるのではないでしょうか。
ただやっぱり、現時点で1トップのポストプレーさせるのは若干厳しいのかなぁ。
まだ若いのでこれからの伸びしろに期待しましょう。
あとダニルソン選手は流石に身体能力が高いですね。ボール奪取能力も高いですし、あとは戦術に馴染んで連携を深めていけば、相方筆頭の上里選手とのコンビが炸裂するでしょう。
中盤の底の2人が揃って強力なミドルシュート使いなんで、そのあたりをもう少し生かせればサイド攻撃がもっとよくなるのでは?と考えておりますが。
チョウソンファン選手は大当たりですね。
ここ数年、あのレベルのプレーが出来るDFが揃わなかったので……と言いますか、確実に代表レベルです。
DFラインからのビルドアップが期待できるだけでも凄い。
確かに、キャンプ時に石崎監督が「チョウソンファン選手以外DFラインは固まっていない」的な発言をした意味が理解できました。
なんで他のチームはオファーしなかったんでしょうか?

新鮮だった(+心配だった)石井選手のSH起用と西選手のSB起用ですが、西選手が若干守備的になってしまった分迫力という意味では欠けていた感じです。
もう少しオーバーラップするとか攻撃的になれば、前の石井選手ももっと持ち味を発揮できたんじゃないでしょうか。
まあ緒戦でもありますし、バランスをとってしまったのは仕方が無いのかな。
私はもう少し前の方でプレーする西選手を見たいんですけどね。
あと石井選手のSHですが、どちらかというとウイング的な要素が強いんで、そう言う意味では意外と嵌りポジションなのかなぁと感じました。結構ミスも多かったけど、自分で中に切れ込んでいける分、去年の藤田選手のようなSHとは性格が違うんで面白かったですね。
砂川選手ほどピッチを広く使えない分、ゴール前への飛び込みは鋭い印象を受けました。
守備はまあこれからということで……
ただ後半の自陣で相手選手をフェイントで交わしたところなんかは、流石石井ちゃんだな~と。

岡本選手はちょっとボールが廻ってこない事が多くて残念でしたが、F鞠の山瀬選手に似ているというプレースタイルの通り結構良い所に飛び込んできたり、ボールの来そうなところに居たのが印象に残っています。
自分でボールを運べる選手なんで、もう少しボールを回して欲しかった。

クライトン選手はやっぱりクライトン選手でした。
J2では反則クラスなのは間違いありません。3人に囲まれてボールキープできるのは凄すぎる。
ただもう少しボール離れが良ければ……周りが頑張らないといけませんね。

吉弘選手、西嶋選手は安定してましたね。
去年のことがあるので吉弘選手は少し心配だったんですが、流石に安定感のあるチョウ選手が相方なだけあって集中してプレーできていた様に見えました。
西嶋選手はCBじゃなくてSBの方がやっぱりいいですね。

で、一番驚いたのが上里選手。
去年・一昨年とあまり出番が無かったんですけど、いつの間にか身体が強くなり守備も上手くなり視野も広くなり、と格段の進歩を遂げていました。特にボールキープはクライトン選手並とは行かないまでも、仙台の選手相手に負けるシーンが非常に少なかったように憶えています。
声出しも多くて、心なしか顔も引き締まってましたね。
今期はキャプテンでもありますし、やはり期する所があるのだと思います。
確かにサポが選ぶ一番期待する選手の1位ですね。

さて次節からAWAYの連戦です。
チームは一旦熊本に戻ってミニキャンプを行い、そのまま次節の鳥栖に乗り込むそうです。
なんにしてもスタートを切った2009年のJ2。
今までに無いくらい雰囲気の良いチームですので、これから尻上がりに調子が上がってくれると信じて応援していきましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

さて開幕だが・・・

箕輪選手もblog始めて(しかも物凄い更新頻度)、佐藤優也選手の立場が怪しくなってきました。

さて、いよいよ明日から2009年のJリーグがスタートするわけです。

一番の心配は熊本から帰ってきて中1日で試合に挑む我等が「コンサドーーーーーレさぽぉーるぉー」(グッチーさん又はタックさん風)のコンディション。
と思っていたら、今日は大雨、暴風で気温は結構高く、それ程気温差もなさそうかなと思ったりして。
疲労だけが心配ですが、まあ、何とかなるのではないかと。

問題は今期の昇格筆頭候補の仙台とどれくらい渡り合えるか。
在り来たりに言えば両サイドの押し込み具合で決まるのではないかと。
中盤はあまり心配していないので、と言うかまずクライトン選手とダニルソン選手へのマークはキツイと思われるので出場濃厚といわれる上里選手がどの程度配球できるか、チョウ選手を中心に守備陣がどれだけ守れるかが見ものかなと。

あと一部媒体で右サイドバックに西選手が入りそうだと言われていますが、
西選手どれだけポリバレントなのよ!?
と。
ただ考えてみたら西嶋選手もポリバレントな選手ですし、一時期の秋葉選手のような「どこでも出来ます」的な選手が増えるのはベンチ入り数が5人のJ2では大きな武器かなと。

しかし石崎監督なんで、意外と奇襲を仕掛けてくることも考えられますね。
そういった意味で開幕スタメンは予想できません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »