« 絆とは何か | トップページ | ハットしてグー »

2009年1月29日 (木)

某所で見ていて

うちの愛犬の1頭もあそこの出身で、処分前に連れ出すことが出来たんだよなぁ。

参考記事
http://raoutoraou.txt-nifty.com/raou/2006/10/post_2aa9.html

見ていて忍びないけど、どうしても一人が出来る事は限られているのでどうする事もできない。
自分がトンでもない富豪だったら全部引き取るのに。

動物を飼うほうの気構えとして、死ぬまで面倒を見る、という事を徹底できていない。
そう言う人は動物を飼うべきじゃない。

うちは最盛期で10頭の犬を飼っていました。
流石に家計を圧迫する頭数ですが、命が宿っている以上は何とか一緒に暮らそうと努力していました。
(1頭だけ逃げられたことはある。しばらく探したけど、連絡をお願いしていた動物愛護センターには保護されておらず、遺体回収もされていなかったので誰かに拾われたらしい)
寿命や病気で居なくなり今は7頭になりましたが、とてもじゃないけど捨てるなんて事は考えられません。

ペットは家族であって所有物ではない。
事情があって飼えなくなったのなら、里親を探せば良い。
行政も結構協力してくれるから、悩んでるなら相談するべき。
動物には酷な話かもしれないけど、わけの分からないまま死んでしまうよりははるかにマシだ。

|

« 絆とは何か | トップページ | ハットしてグー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/43895812

この記事へのトラックバック一覧です: 某所で見ていて:

« 絆とは何か | トップページ | ハットしてグー »