« メシマズ状態 | トップページ | 旭川ラーメンはやっぱりしょうゆ »

2008年12月 8日 (月)

再びの出発へ

今季最終戦、鹿島アントラーズ戦もコンサドーレの負けで終了しました。
ただ今節の戦い方は、来期へのヒントを多く含む内容ではなかったかと思います。

確かに今期は『戦術ダヴィ』と揶揄されるほどダヴィ選手には頼っていたわけですが、クライトン選手の不在が功を奏した形で中盤の選手に若干の変化が見られました。
やはり一番の収穫は上里選手と西選手のコンビでしょう。
また藤田選手が積極的にボールに絡むようになり、砂川選手の運動量もあって今までより格段に連動性が生まれていました。
岡本選手も以前の調子に戻ってきたようで、結構良い動きをしていました。
本来やっておくべき柳下時代のサッカーと三浦監督の戦術の融合を一部ながらも表現できた事は、来期への糧になるのではないでしょうか。

正直、西選手は去年の今頃まで攻撃的な選手とばかり思っていましたが、今期は中盤ならどこでもこなせるマルチプレイヤー振りを発揮して、今節のように中盤の底で仕事をする機会が多くなっていました。
まあそれ自体は嬉しい反面、本来その位置で仕事をする本職の選手が思った以上にパフォーマンスが低かったという残念な面でもあった訳ですが。
ただ試合の流れの中でポジションを3~4回入替えた上で、それなりに計算できるだけの能力を得られたのは大収穫といえるでしょう。
そして上里選手の復調。
元から素質があった選手でしたしサポーターの期待感も高かった訳ですが、ラスト3戦でのパフォーマンスはフィジカルの強化もあった為かチームに入った当時よりも力強く感じました。
今期はチーム戦術の関係とクライトン選手の加入もあって出番が少なかったのですが、若手(と言ってもそろそろ中堅選手になるのか…)の中ではボールキープが上手く視野も広いので、西選手と共に間違い無く来期の中心選手になるのではないでしょうか。

思えば今シーズンはキャンプから災難続き。
アルセウ選手が7日間で退団してしまい、高木選手、曽田選手は手術明け、西嶋選手は怪我明け、池内選手も西澤選手も本調子には程遠く、開幕戦は今期新加入選手2人(しかも本来はサイドバックの選手)をセンターに置いて本来中盤の選手であるヨンデ選手をサイドバックに入れるという布陣。
更には期待されていたノナト選手はコンディション不良で開幕戦に間に合わず、ぶっつけ本番でギリギリ加入のクライトン選手を投入せざるを得ないと言う苦しい立ち上がりでした。
結局開幕戦はボロ負け。

ホーム開幕戦の横浜Fマリノス戦はクライトン選手をFW起用(この時点では仕方がないと思います)してDFラインは若干代えましたが、それでも平岡選手をセンターで使わざるを得ない苦しい状況。
また守備的な中盤であるマーカス選手の守備が軽く(と言っても当たりは強いのですが…)、思ったような守備組織が出来ない。
そして先制しつつも勝利目前、終了5分前から2失点して逆転負け。

今期は厳しい戦いが続くと思っていましたが、この時はまだ楽観視していました。
しかし、この第2節が今期を象徴するものになるとは…

・・・

結局今期は4勝しか出来ず、17位には倍以上の勝ち点差をつけられダントツの最下位。
得点数を見れば降格ライン以上の得点を取っているにもかかわらず、失点が絶望的に多い。
やはり問題は守備組織の構築と守備方法にあったのかなと。

散々言われていますが、三浦監督の使用する3ラインを綺麗に並べたゾーンディフェンス戦術が、J1チーム相手には殆ど効果が無かった事が原因ではないかと。
もっと突き詰めると、その戦術理論は確かに正しいのですが、実行する選手能力が追従しきれていなかったのが失点数激増の原因だと思われます。
局面での判断をシンプルにしていた昨年中盤までは相手の能力もあってか上手く機能していましたが、確か第3クールの水戸戦で早めのアーリークロスに2列目の選手が飛び出してくるという戦法を使われて負けて以来ギャップを利用する方法が確立されてしまって、ご存知の通り後半戦は苦戦を余儀なくされました。
元々ゾーンディフェンスは2列目3列目の選手の飛び出しに弱く、そのあたりのケアは本来であればそれを織り込み済みの戦術を使用するべきなのですが、最後までその点は修正しきれず選手個人の頑張りに頼っていた状態に見えました。
J1昇格を果たした今期はその点を加味した1ランク上の組織守備を目指していたのか、恐らく判断材料が多くなってしまったため選手側に混乱があったのだと思います。
それが中盤での中途半端なゾーン守備(本来アタックするべき所でアタックに行けずズルズル下がったりゾーンが間延びしたり)に繋がり、格段に能力の高い選手が揃っているJ1チームに面白いように崩されてしまった。
中盤がその状態なので、ギリギリで粘るしかないDFラインのちょっとしたミスが致命傷になり失点を重ねる。
恐らく今期の状態で2007年のJ2を戦っていたら昇格は出来ていなかったでしょう。
相手がJ1チームになったとは言え、昨年より明らかに守備は弱体化していました。

その改善の兆しが見えたのは箕輪選手が加入して、ゾーンブレイクを早めにとるようにしてからです。
ゾーンに固執しすぎてアタックのタイミングが遅れるよりは、積極的に仕掛けてボールホルダーを潰しに行ったほうが効果的な場合があると言う事ですね。
以前のエントリーで書いていますが、完全に受動的なゾーン守備でJ1を戦い切るのは難しいのでしょう。
ゾーンを上手く動かしながら能動的に相手をゾーンに嵌めこめるのが理想だと思うのですが、実は大半のチームはそれをやっています。
ただゾーンディフェンスという言葉を使用していないだけです。
そういった視点で見ると、コンサは「ゾーン」と言う単語に縛られていた様に見受けられました。

来季に向けて、本日箕輪選手の完全移籍での加入が発表されました。
チームが箕輪選手に求めているものは、恐らくキャプテンシーの様な皆を引っ張っていけるベテランとしての働きだと思います。
もちろん選手としての能力も期待していますし、私個人としても、今期の最大の問題点であるディフェンスの崩壊を食い止める為の楔になってもらいたいと思っています。
そして今回降格してしまった原因を追究し、今期が無駄にならないよう、チーム全体で取り組んでもらえればと思います。

他に書きたいことがあるのですが、今回はこの辺で。

|

« メシマズ状態 | トップページ | 旭川ラーメンはやっぱりしょうゆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/43353405

この記事へのトラックバック一覧です: 再びの出発へ:

« メシマズ状態 | トップページ | 旭川ラーメンはやっぱりしょうゆ »